フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (一) | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(28) 昭和二十八(一九五三)年 九十七句 »

2015/11/12

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (二)

       二

 

 私は中學校に於て三時間教へた處である。そして日本の生徒を教へる事は私の想像したよりは面白い事が分つてくる。各級は豫め西田氏がよく準備して置いてくれるので私の全く日本語を解しない事が教へる事に何等の困難をも來たさない。その上生徒は私が話す時には私の言葉をいつも悉くは解せないでも白墨で黑板の上に書く事は何でも分る。生徒の多數は幼時より日本の教師について、すでに英語を學んで居る。皆非常に順良で又辛抱強い。昔からの習慣に從つて教師が入り來る時には全級立つて頭を下げる。教師は禮をかヘしてのち出席簿を調べる。

 西田氏は非常に親切である。できる事は何でもして自分を助けてくれて、つねに及ばざるを恐れて居る。勿論ここにも打勝つべき艱難がいくつかある。たとへば生徒の名の分るまでには餘程の時を要するのである、それ等の名の多數は私の前に生徒名簿を置きながら發音する事もできないのである。又各組の名は各教室の入口に外國教師のために、それぞれ英語でかいてはあるが、自分に分るやうになるまでには少くとも數週間を要するのである。それまでのところ西田氏はたえず自分を案内してくれる。氏は又長い廻廊をへて師範學校に行く道を教へて、そこで自分に案内の勞をとつてくれる中山と云ふ教師に私を紹介する。

 私は師範學校では只四時間だけ教へる約束になつて居る、しかしそこでも教官室で美しい机をあてがはれ、直ちに我家へ歸つたやうな感じを與へられる。中山氏は私のこれからの生徒に紹介する前に、學校にある面白い物を悉く、私に見せる。生徒への紹介は學校に關する經驗としては、愉快に、かつ、珍らしい物である。私は廊下を通つて案内され、紺の制服をつけた靑年の滿ちた白壁の大きな明るい一室に導かれる。さきが三叉(ミツマタ)になつた一本足でさゝへてある極めて小さい机に向つて銘々坐る。室の一方に教師の分の高い机と椅子とのある教壇がある、この机のところに私が席をとると一人が英語で聲を上げる『起立』即ち一同はばね仕かけで動くかのやうに飛び上るやうな擧動で立つ。『敬禮』再びさきの聲が命令する、それは袖に組長の筋のある若い生徒の聲である、そこで一同私に敬禮する。私はこれに答へて頭を下げる、一同席に復する、それから授業が始まる。

 師範學校の教師は毎授業時間の始めにこれと同じ軍隊風の敬禮を受ける、ただ命令は日本語でされる。私にだけ英語でされるのである。

 

    譯者註。中山彌一郎(今は故人)

 

[やぶちゃん注:「生徒の多數は幼時より日本の教師について、すでに英語を學んで居る」ウィキの「英語教育」を見ると、初の内閣である第一次伊藤内閣の初代文部大臣となった森有礼は明治一九(一八八六)年に第一次「小学校令」を発令するが、そこで彼は英語教育を推進、更には国語外国語化論も唱えている(但し、『このような極端な欧化主義は右派の反感を買い、のちに森は暗殺されることになる。森の死後は急進的な英語教育は縮小され、小学校における外国語教育は高等小学校(現在の小学校高学年~中学校にあたる)のみに限定されることになったという』とある)。中流以上の当時の子女は公私ともにかなり早い時期から英語教育を受けていたことが知れる。

「中山彌一郎」西田とともに松江時代に懇意にしていた人物で、ヘルンの島根県教育会での講演(第二回「西印度雑話」明治二四(一八九一)年二月十四日開催)で彼は通訳をしており(百五十回「広島ラフカディオ・ハーンの会」ニュース〇一三発行)のデータに拠る)、ハーンと同じく中学と師範学校の英語教師で生徒監(現行の学級担任の謂いであろう)もしており、後には神戸や商館に勤めたと根本重煕氏の小泉八雲も((中日本自動車短期大学論叢第十三号一九八三年・PDF)にある。「住吉神社」公式サイト内の月刊「すみよし」の風呂鞏(ふろたかし)氏の『小泉八雲と語学教育(二)』には、彼とは『神戸時代まで交際を続けた』とある(ハーンは明治二七(一八九四)年十一月に第五高等学校英語教師の契約切れとともに著作に専念するために神戸市の「神戸クロニクル社」に就職して神戸に転居、二年後の明治二十九年八月に東京帝国大学文科大学の英文学講師に就職するまで神戸に住んだ)。]

 

 

   I have been teaching for three hours in the Middle School, and teaching Japanese boys turns out to be a much more agreeable task than I had imagined. Each class has been so well prepared for me beforehand by Nishida that my utter ignorance of Japanese makes no difficulty in regard to teaching: moreover, although the lads cannot understand my words always when I speak, they can understand whatever I write upon the blackboard with chalk. Most of them have already been studying English from childhood, with Japanese teachers. All are wonderfully docile' and patient. According to old custom, when the teacher enters, the whole class rises and bows to him. He returns the bow, and calls the roll.

   Nishida is only too kind. He helps me in every way he possibly can, and is constantly regretting that he cannot help me more. There are, of course, some difficulties to overcome. For instance, it will take me a very, very long time to learn the names of the boys,—most of which names I cannot even pronounce, with the class-roll before me. And although the names of the different classes have been painted upon the doors of their respective rooms in English letters, for the benefit of the foreign teacher, it will take me some weeks at least to become quite familiar with them. For the time being Nishida always guides me to the rooms. He also shows me the way, through long corridors, to the Normal School, and introduces me to the teacher Nakayama who is to act there as my guide.

   I have been engaged to teach only four times a week at the Normal School; but I am furnished there also with a handsome desk in the teachers' apartment, and am made to feel at home almost immediately. Nakayama shows me everything of interest in the building before introducing me to my future pupils. The introduction is pleasant and novel as a school experience. I am conducted along a corridor, and ushered into a large luminous whitewashed room full of young men in dark blue military uniform. Each sits at a very small desk, sup-ported by a single leg, with three feet. At the end of the room is a platform with a high desk and a chair for the teacher. As I take my place at the desk, a voice rings out in English: 'Stand up!' And all rise with a springy movement as if moved by machinery. 'Bow down!' the same voice again commands,—the voice of a young student wearing a captain's stripes upon his sleeve; and all salute me. I bow in return; we take our seats; and the lesson begins.

   All teachers at the Normal School are saluted in the same military fashion before each class-hour,—only the command is given in Japanese. For my sake only, it is given in English.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (一) | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(28) 昭和二十八(一九五三)年 九十七句 »