フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (九) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十一) »

2015/11/30

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十)

        一〇

 

 浦郷は大きさは多分充分美保關ほどはあり、美保關同樣、半圓を爲して居る峻しい小山の麓の狹い地面に建てられて居る妙な小さな町である。が、美保關よりももつと原始的でもつと色彩に乏しい。そしてその街路は、といふより寧ろ路次は、船の舷門の幅も無いぐらゐに、家々がなほ一層密接に絶壁と海との間に詰込まれて居る。船が錨を投ずると、自分の注意は突然不思議な光景に惹きつけられた。それは、町の屋根の上高く、墓地になつて段々高まつて居る峻しい丘の横にある墓地に、風に飜つて居る不分明な長い恰好の物が澤山白く見える眺であつた。その墓地には灰色の墓と佛像とが澤山あつて、その墓一つ一つの上に、細い竹竿に結びつけた白紙の妙な旗があつた。遠眼鏡で見るとその旗には、佛教の文言の南無妙法蓮華經、南無阿彌陀佛、南無大慈大悲觀世音菩薩、其他の聖語が書いてあるのが見えた。訊ねて見て、毎年盆前の全る一と月の間、他の種々な裝飾的或は表象的な品物と共に、さういふ旗を墓の上に樹てるのが浦郷の習慣だと知つた。

 海には裸體の水泳者が一杯居て、笑ひながら歡迎の語を叫んだ。そして、輕い迅い小舟が澤山、裸體の漁師に漕がれて、乘客と荷物とを求めに矢の如く出て來た。自分は此時初めて隱岐の島の人の體格を觀察する機會を得た。そして、男は老幼とも強壯な容貌をして居るのに感心した。成人は自分には出雲海岸の男子よりか丈が高くもつと力強い型に見え、そして鳶色の背や肩に、櫓を漕いで居る時、非道い勞働をさせに擇まれた人間のうちに在つてすらも、日本では割合に稀なものを――筋肉の素晴らしく立派な發達を――見せた馬のが少からず居つた。

 汽船は浦郷には一時間停つて居たから、上陸してそこでの一等の宿屋で食事する時間があつた。頗る淸潔な小綺麗な宿屋で、食事は境の宿屋のよりか無限に優つて居つた。でも詰求した代金はたつた七錢、そしてそこの老亭主は與へた茶代の全部を受取ることを斷り、半分以下を納めて殘部を手柔かに強ひて自分のユカタの袖の中へ返した。

 

[やぶちゃん注:「浦郷」島前地域の中心地で現在、隠岐支庁島前集合庁舎が置かれている西ノ島の浦郷地区。燒火山の西側を湾奧に突き当たった位置にある。

「全る」「まる」。丸。

「非道い勞働をさせに擇まれた人間」意味は判るが、どうも「ひどいらうどう(ろうどう)させにえらまれたにんげん」は日本語としてはおかしい。「非道くきつい労働をさせるために特に擇ばれた人間」「激しい勞働向けに擇ばれた人間」であろう。]

 

 

.

   Urago is a queer little town, perhaps quite as large as Mionoseki, and built, like Mionoseki, on a narrow ledge at the base of a steep semicircle of hills. But it is much more primitive and colourless than Mionoseki; and its houses are still more closely cramped between cliffs and water, so that its streets, or rather alleys, are no wider than gangways. As we cast anchor, my attention was suddenly riveted by a strange spectacle,— a white wilderness of long fluttering vague shapes, in a cemetery on the steep hillside, rising by terraces high above the roofs of the town. The cemetery was full of grey haka and images of divinities; and over every haka there was a curious white paper banner fastened to a thin bamboo pole. Through a glass one could see that these banners were inscribed with Buddhist texts—'Namu-myō-hō-renge-kyō'; 'Namu Amida Butsu'; 'Namu Daiji Dai-hi Kwan-ze-on Bosatu,' — and other holy words. Upon inquiry I learned that it was an Urago custom to place these banners every year above the graves during one whole month preceding the Festival of the Dead, together with various other ornamental or symbolic things.

   The water was full of naked swimmers, who shouted laughing welcomes; and a host of light, swift boats, sculled by naked fishermen, darted out to look for passengers and freight. It was my first chance to observe the physique of Oki islanders; and I was much impressed by the vigorous appearance of both men and boys. The adults seemed to me of a taller and more powerful type than the men of the Izumo coast; and not a few of those brown backs and shoulders displayed, in the motion of sculling what is comparatively rare in Japan, even among men picked for heavy labor,— a magnificent development of muscles.

   As the steamer stopped an hour at Urago, we had time to dine ashore in the chief hotel. It was a very clean and pretty hotel, and the fare infinitely superior to that of the hotel at Sakai. Yet the price charged was only seven sen; and the old landlord refused to accept the whole of the chadai-gift offered him, retaining less than half, and putting back the rest, with gentle force, into the sleeve of my yukata.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (九) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十一) »