フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 家族   室生犀星 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (五) »

2015/11/14

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (四)

       四   一八九〇、十月一日

 

 しかし私は師範學校について知るところ少いのは止むを得ない。嚴密に云へば私はそこの教官の一員ではない、私の時間の大部分はこの中學校にあるのである。中學校が私のつとめをたゞ貸して居るに過ぎない。私は師範學校の生徒は教室で見るだけである、彼等は松江に於ける先生の私宅を訪ふために外出する事は許されないからである。それで私は中學校の生徒に對するやうに、師範學校の生徒に對して親しくなる事は望まれない、中學校の生徒は私に『Sir』(あなた)と呼ばないで先生と呼んで、私を謂はば兄のやうに遇するやうに、なりかかつて居る。〔私は教師(Master)と云ふ字を用ふる事を好まない、日本では教師ぶる必要はないからである〕そして私は師範學校の大きな明るい居心のよい教官室に居るよりも、私の机が西田氏のと相ならんで居る餘り綺麗でない寒い教官室に居る方がもつと氣樂である。

 壁に日本文字の澤山ある地圖がある、進化論の見方から動物學の事實を示した二三の大きな圖もある、小さい黑塗りの小板のぎつしりつまつた大きな枠がある、それが皆一面にはまつて居るから、全體の表面が黑板の表面のやうに一樣になつて居る。これ等の黑い小板に白く教師の名、課目、組、時間割など書いてある、むしろ塗つてある、この巧みな板の配列で時間の變りなどは板さへ置き換へれば分る。何れも漢字と假名で書いてあるから、私には全體の案と目的に關する點を除いてあとは分らない。私は私の名の文字と數字のやさしいのだけしか學んでゐない。

 銘々の先生の机に藥のかかつた靑白色の瀨戸物の小さい火鉢がある、火床に少しの赤い火が入れてある。しばらくの休憩時問に各教師は眞鍮、鐡、銀の小さいきせるで煙草を吸ふて居る。この火鉢とあつい茶の一杯が戰場の疲勞を慰むるのである。

 西田氏との外に一二人の教師は英語が達者なので私共はこの休み時間に時々談笑するが大概は皆默つて居る。何れも授業時問で疲勞するから默つて煙草を吸ふ方を好む。こんな時には聞えるものは時計のひびきと火鉢のふちで吸がらを落す小さいきせるの鋭い音ばかりである。

 

[やぶちゃん注:「進化論」本邦でダーウィンの進化論(「種の起源」刊行は一八五九年で安政六年相当)を体系的に講義したのは、先立つ十三年前の明治一〇(一八七七)年、お雇い外国人として東京大学生物学教授となったアメリカ人生物学者エドワード・シルヴェスター・モース(Edward Sylvester Morse 一八三八年~一九二五年)であり(私は日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳)電子化注作業中)、これを皮切りとして明治十年代には各種の進化論紹介が行われ、それがまた社会進化論へと発展し、当時、弾圧が始まっていた自由民権運動に於ける理論的支柱ともなった。但し、日本人で一般大衆向けに分かり易くしかも本格的な学術的な生物学としての進化論の普及に功のあったのは、この十四年後の明治三七(一九〇四)年に生物学者丘浅次郎(明治元(一八六八)年~昭和一九(一九四四)年)が書いた「進化論講話」を嚆矢とすると私は信ずるものである(私は彼の「生物學講話」を電子化注作業中であり、将来はその「進化論講話」にも着手する予定である)。

「藥のかかつた靑白色の瀨戸物の小さい火鉢」原文“a small hibachi of glazed blue-and-white ware”。「藥のかかつた」は、染付されたの謂いである。]

 

 

.

October 1 1890.

   Nevertheless I am destined to see little of the Normal School. Strictly speaking, I do not belong to its staff: my services being only lent by the Middle School, to which I give most of my time. I see the Normal School students in their class-rooms only, for they are not allowed to go out to visit their teachers' homes in the town. So I can never hope to become as familiar with them as with the students of the Chūgakkō, who are beginning to call me 'Teacher' instead of 'Sir,' and to treat me as a sort of elder brother. (I objected to the word 'master,' for in Japan the teacher has no need of being masterful.) And I feel less at home in the large, bright, comfortable apartments of the Normal School teachers than in our dingy, chilly teachers' room at the Chūgakkō, where my desk is next to that of Nishida.

   On the walls there are maps, crowded with Japanese ideographs; a few large charts representing zoological facts in the light of evolutional science; and an immense frame filled with little black lacquered wooden tablets, so neatly fitted together that the entire surface is uniform as that of a blackboard. On these are written, or rather painted, in white, names of teachers, subjects, classes, and order of teaching hours; and by the ingenious tablet arrangement any change of hours can be represented by simply changing the places of the tablets. As all this is written in Chinese and Japanese characters, it remains to me a mystery, except in so far as the general plan and purpose are concerned. I have learned only to recognize the letters of my own name, and the simpler form of numerals.

   On every teacher's desk there is a small hibachi of glazed blue-and-white ware, containing a few lumps of glowing charcoal in a bed of ashes. During the brief intervals between classes each teacher smokes his tiny Japanese pipe of brass, iron, or silver. The hibachi and a cup of hot tea are our consolations for the fatigues of the class-room.

   Nishida and one or two other teachers know a good deal of English, and we chat together sometimes between classes. But more often no one speaks. All are tired after the teaching hour, and prefer to smoke in silence. At such times the only sounds within the room are the ticking of the clock, and the sharp clang of the little pipes being rapped upon the edges of the hibachi to empty out the ashes.

« 家族   室生犀星 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (五) »