フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (十四) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (十六) »

2015/11/15

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (十五)

       一五   一八九一、五月一日

 

 私の愛する學生は午後によく私を訪問する。彼等は始めに來訪を知らすために名刺を出 す。お上りと云はれて戸口に、履物をぬぎ私の小書齋に入り、平伏してお辭儀をする、そして私共は床の上に一同坐る、この床は凡て日本の家では柔かなしとねのやうになつて居る。女中が座ぶとんと菓子と茶を持つて來る。

 日本人のやうに坐るには練習が要えう、そして歐洲人のうちにはどうしてもこの習慣のでない人がある。實際この習慣に慣れるためには先づ日本服を着る事に慣れねばならない。しかし一度かく坐る習慣ができたら、これがあらゆる姿勢のうちで一番自然で又安樂な姿勢である事が分る、そして食事の時、讀書の時、喫姻の時、談話の時、どうしてもこの方法を好んで取るやうになる。歐風のペンで書く場合には或はこれがよいと勸められない、私共西洋風の書き方は手首を据ゑねばならない、しかし日本の筆で書くのにはこの姿勢が一番よい、筆を使ふのには腕は全く支へられないで、肘の運動でするからである。私は一年以上も日本の習慣になれたあとで、今椅子を用ふるのが大分面倒になつて來た事を自白せねばならない。

 互に挨拶しで座ぶとんの上に坐つたのち、暫らくつつましく皆默つて居る、それから先づ私から口を切る。學生のうちには中々よく英語を話すのがある。簡單な文句を用ひて熟 語などさけて一言一句徐ろにはつきり云へば皆によく分る。彼等の知らない言葉を用ひね ばならぬ時には英和字書を參考する、それには假名と漢字の兩方でそれぞれ國語の意味がつけてある。

 大概私の客は長座をするがその長座が退屈だと思つた事は殆んどない。彼等の話と思想はこの上もなく筒單で又率直である。彼等は學問をしに來るのではない、學校以外に先生に習ひに來る事は不公平だと云ふ事は知つて居る。彼等は私に特に興味があると思ふ事について重に話をする。どうかすると殆んど話をしない事がある、しかし一種の愉快な默想に耽つて居るやうに見える。彼等の來る眞の理由は同情、意氣投合の靜かな喜びを得んがためである。智力上の同情でなく、只全く好意を表はす同情である、友人と全く氣樂にして居られる時の樂しさである。彼等は私の書物や繪をのぞく、時々私に見せるために書物や繪(よほど面白い變つた物)、私には買へないのが甚だ殘念なやうな、祖先傅來の家寶などを持つて來る。彼等は又私の庭園を見る事を好んで私よりもはるかによくその庭にある物を賞玩する。よく花を持つて來てくれる。どんな事があつても、うるさい事、失禮な事、物珍らしくせんさく好きであつたり、おしやべりであつたりする事は決してない。この上もなく丁寧で禮儀正しい事は(フランス人でも考へられぬ程の度合で)、毛髮の色や皮膚の色と同じく、出雲の少年に固有な物と見える。禮儀正しいと同じく又親切である。私を不意に喜ばせようと工夫するのが、私の少年達の特に喜ぶ事の一つである、そこで種々の變つた物を私のうちに特って來るか、或は持つて來て貰ふやうに取計らふ。

 かうして私が見る事の特權を得た奇妙な物、綺麗な物のうちで、阿彌陀如來の或不思議な掛物程、私を喜ばせた物はない。それは大分大きな掛物で、私に見せるために或る僧侶から借りたのである。佛は片手をあげて何か説教の態度で立つてゐ給ふ。御頭の後ろに大きな月形の後光がある、その月の面を横切つて極めてうすくたな引ける線が流れ出て居る。御足の下には烟の渦卷のやうに重い黑い雲が渦卷いて居る。單に色彩と考案の作品として見てもそれは驚くべき物である。しかしその眞の不思議な點は、色彩や考案に存するのではない。詳しく檢べると凡ての影、雲は只鋭い眼で始めて認むる事ができる程小さい漢字の珍らしい經文からできて居ると云ふ驚くべき事實が分る。そしてこの經文は二つの名高い經、觀無量壽經と阿彌陀經の全文で『蚤の手足よりも大きくはない漢字』になつて居る。そして御佛のころもの縫目のやうな強い黑線と見ゆるものは眞宗の稱名、數千邊くりかへして唱へられる『南無阿彌佛』の文字でできて居る。昔、何處かのうす暗い御堂で長い忍耐、愛すべき信仰の倦まない沈默の勉強を思はせる。

 

 又つぎに私の學生の一人がその父を説いて孔子の驚くべき像を私のうちに持つて來た、 この像は明朝の末に支那でできたものと云はれて居る。人に見せるのに家から外へ持ち出されたのはこれが始めてであると聞いた。以前には誰でもこの尊像に禮拜しようとする者は、その家を訪はねばならなかつた。それは全く美はしい靑銅製である。口を開て手をあげて、何か説いて居るやうな微笑をもらせるあごひげのある老人の形である。古風な支那靴をはいて、流れるやうな着物には不思貳な神鳥【譯者註】の繪で飾つてある。肉眼では分らない微細な點まで完全にできて居るのは全く支那人の手の驚くべき巧みを表して居るやうである、一枚の齒、一本の毛髮も苟くもしないで、悉く研究の結果であるやうに見える。

 又一人の學生は私を親類の家に連れてゆき、名高い左甚五郎の刻んだと云ひ傳へられる木彫の猫を見せる、うづくまつて、じつと目を据ゑた猫である、生きた猫が『これを見て背をたてて、つばを吐きかけると云はれて居る』程眞にせまつて居る。

 

    譯者註。神鳥、不死鳥(神話)、美麗

    なる鳥にしてアラビアの沙漠に五百

    年乃至六百年生活してのち自ら香料

    などを集め來り、羽翼を以て扇いで

    火をつくり自らを燒いて再びその灰

    燼中より若く美しき姿となつて再生

    する。五百年乃至六百年毎にこれを

    くりかへすと云はれる、故に不死の

    しるしとなる。

 

[やぶちゃん注:「不思貳な神鳥」孔子の着衣となればこれはもう、聖天子の出現を待ってこの世に現れるとされる瑞獣鳳凰である。但し、訳者注のそれは多分に西方の不老不死の「火の鳥」であるフェニックス(phoenix)のデーティルに影響された書き方のように私には感じられる。

「左甚五郎」江戸初期の建築・彫刻の名工。出生地は一説に播磨とされるが、紀伊・讃岐とも言われる。本姓は伊丹或は河合で、「左」は、左利きであったから或いは右腕をなくし左手で仕事をしたことによる通称とも伝えられるものの、生涯は未詳で伝説的要素が強い(以上は「ブリタニカ国際大百科事典」に拠った)。]

 

 

ⅩⅤ.

May 1, 1891.

   My favourite students often visit me of afternoons. They first send me their cards, to announce their presence. On being told to come in they leave their footgear on the doorstep, enter my little study, prostrate themselves; and we all squat down together on the floor, which is in all Japanese houses like a soft mattress. The servant brings zabuton or small cushions to kneel upon, and cakes, and tea.

   To sit as the Japanese do requires practice; and some Europeans can never acquire the habit. To acquire it, indeed, one must become accustomed to wearing Japanese costume. But once the habit of thus sitting has been formed, one finds it the most natural and easy of positions, and assumes it by preference for eating, reading, smoking, or chatting. It is not to be recommended, perhaps, for writing with a European pen,—as the motion in our Occidental style of writing is from the supported wrist; but it is the best posture for writing with the Japanese fude, in using which the whole arm is unsupported, and the motion from the elbow. After having become habituated to Japanese habits for more than a year, I must confess that I find it now somewhat irksome to use a chair.

   When we have all greeted each other, and taken our places upon the kneeling cushions, a little polite silence ensues, which I am the first to break. Some of the lads speak a good deal of English. They understand me well when I pronounce every word slowly and distinctly,—using simple phrases, and avoiding idioms. When a word with which they are not familiar must be used, we refer to a good English-Japanese dictionary, which gives each vernacular meaning both in the kana and in the Chinese characters.

   Usually my young visitors stay a long time, and their stay is rarely tiresome. Their conversation and their thoughts are of the simplest and frankest. They do not come to learn: they know that to ask their teacher to teach out of school would be unjust. They speak chiefly of things which they think have some particular interest for me. Sometimes they scarcely speak at all, but appear to sink into a sort of happy reverie. What they come really for is the quiet pleasure of sympathy. Not an intellectual sympathy, but the sympathy of pure goodwill: the simple pleasure of being quite comfortable with a friend. They peep at my books and pictures; and sometimes they bring books and pictures to show me,— delightfully queer things,—family heirlooms which I regret much that I cannot buy. They also like to look at my garden, and enjoy all that is in it even more than I. Often they bring me gifts of flowers. Never by any possible chance are they troublesome, impolite, curious, or even talkative. Courtesy in its utmost possible exquisiteness—an exquisiteness of which even the French have no conception—seems natural to the Izumo boy as the colour of his hair or the tint of his skin. Nor is he less kind than courteous. To contrive pleasurable surprises for me is one of the particular delights of my boys; and they either bring or cause to be brought to the house all sorts of strange things.

   Of all the strange or beautiful things which I am thus privileged to examine, none gives me so much pleasure as a certain wonderful kakemono of Amida Nyorai. It is rather large picture, and has been borrowed from a priest that I may see it. The Buddha stands in the attitude of exhortation, with one, hand uplifted. Behind his head a huge moon makes an aureole and across the face of that moon stream winding lines of thinnest cloud. Beneath his feet, like a rolling of smoke, curl heavier and darker clouds. Merely as a work of colour and design, the thing is a marvel. But the real wonder of it is not in colour or design at all. Minute examination reveals the astonishing fact that every shadow and clouding is formed by a fairy text of Chinese characters so minute that only a keen eye can discern them; and this text is the entire text of two famed sutras,—the Kwammuryō-ju-kyō and the Amida-kyō,—'text no larger than the limbs of fleas.' And all the strong dark lines of the figure, such as the seams of the Buddha's robe, are formed by the characters of the holy invocation of the Shin-shū sect, repeated thousands of times: 'Namu Amida Butsu!' Infinite patience, tireless silent labour of loving faith, in some dim temple, long ago.

 

   Another day one of my boys persuades his father to let him bring to my house a wonderful statue of Koshi (Confucius), made, I am told, in China, toward the close of the period of the Ming dynasty. I am also assured it is the first time the statue has ever been removed from the family residence to be shown to anyone. Previously, whoever desired to pay it reverence had to visit the house. It is truly a beautiful bronze. The figure of a smiling, bearded old man, with fingers uplifted and lips apart as if discoursing. He wears quaint Chinese shoes, and his flowing robes are adorned with the figure of the mystic phoenix. The microscopic finish of detail seems indeed to reveal the wonderful cunning of a Chinese hand: each tooth, each hair, looks as though it had been made the subject of a special study.

   Another student conducts me to the home of one of his relatives, that I may see a cat made of wood, said to have been chiselled by the famed Hidari Jingorō,—a cat crouching and watching, and so life-like that real cats 'have been known to put up their backs and spit at it.'

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (十四) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (十六) »