フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(24) 昭和二十四(一九四九)年 七十五句 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十七章 家の内の宮 (三) »

2015/11/04

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(10) 真珠貝斬り

M711


711

 

 日本人は発明の才を持っていないといわれるが、而も東京をあるいている中に、私は我国の工匠たちが真似てもよいと思われるような、簡単な機械的の装置を沢山見た。今日私は真珠貝を切っている男に気がついた。切断される可き貝の一片は、図711に示す如く、上方にある横木の下で曲げられた、弾力のある竹の条片で押えられる。鋸は挽かる可き片に垂直に置かれ、この作業に使用される砂は然る可き所に置かれる。これは瞬間的に調整され得る万力の簡単な一形式で、竹の条片の強弱によって、押える力を自由に変えることが出来る。桶には水が一杯入っているから、貝殻はすぐ洗える。

[やぶちゃん注:「真珠貝」原文“pearl-shell”。斧足綱ウグイスガイ目ウグイスガイ科アコヤガイ属ベニコチョウガイ亜種アコヤガイ(阿古屋貝)Pinctada fucata martensii である。現在は真珠母貝として盛んに養殖されるが、人によってはこの貝を細かく切り刻んでどうするのかと訝しむ向きもあるかも知れぬが、本種の貝殻の内側は真珠同様、強く美しい真珠光沢を持っており、古くからアワビの貝片などとともに螺鈿の材料として各種工芸作物の装飾材として使用され、現在も高級ボタンやカフリンクス(cuff links:所謂、「カフス・ボタン」のことであるが、この「カフス・ボタン」は和製英語で、「カフス」(cuffs)は単に衣服の両袖口を指す英語でしかない)、ネクタ・ピン、ネックレスや指輪等の装身具の補助材に使用されている。なお、和名の「阿古屋」は現在の愛知県阿久比町(あぐいちょう)の古称で、昔、この附近のアコヤガイから良質の真珠が採取され、それを「阿古屋珠(あこやだま)」と呼んだことに基づく(かつては真珠のことも「阿古屋」と呼んだ。以上は主にウィキの「アコヤガイ」に拠った)。]

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(24) 昭和二十四(一九四九)年 七十五句 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十七章 家の内の宮 (三) »