フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (六) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (八) »

2015/11/14

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (七)

           七

 

 文部大臣をへて、陛下は明治二十三年十月三十日の日附の勅語を帝國のあらゆる學校に賜はつた。そこで各種の學校の學生教師集つて教育勅語の捧讀をきくのである。

 八時に中學校の私共は、講堂に集つて知事の來校をまつて居る、知事は各種の學校でこ れから勅語を讀むのである。まつ事只暫らくにして、知事は縣廳の凡ての官吏と松江市民の重なる者を率ゐて來る。一同起立して知事に挨拶する、つぎに國歌は合唱される。

 それから知事は壇に上つて勅語を取り出す、絹表裝の卷物になつた漢字交りの書き物である。知事は徐ろに織物の包裝からこれを引き出して恭しく額に捧げ、これをほどいて再び又額に捧げ、しばらく嚴肅に一息ついて後、彼の朗らかな深い聲で流暢なる辭句を、古風な讀み方で讀み始める、その讀み方は一種歌のやうである――

[やぶちゃん字注:以下の「教育勅語」(後注参照)は底本では全体が二字下げである。]

 

『朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン

 斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ』

 

 それから知事と校長は短い話をする、勅語の深い意味について注意し、かつ一同にこれを記憶し且つ固く守るべき事をすすめる。そのあと生徒はその日休みとなる、すでに聞いたところを一層よく反省するためである。

 

[やぶちゃん注:「明治二十三年十月三十日の日附の勅語」「教育ニ關スル勅語」一般的に「教育勅語」と呼ぶ。ウィキ教育ニ関スル勅語によれば、『明治天皇が山縣有朋内閣総理大臣と芳川顕正文部大臣に対し、教育に関して与えた勅語。以後の大日本帝国において、政府の教育方針を示す文書とな』ったが、『第二次世界大戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)は、教育勅語が神聖化されている点を特に問題視し』、文部省は昭和二一(一九四六)年に『奉読(朗読)と神聖的な取り扱いを行わないことを通達』、昭和二三(一九四八)年六月十九日に『国会の各議院による決議により廃止された』とある。原文は最後に、『明治二十三年十月三十日』の日附と『御名御璽』と署名捺印がある。

「宏遠」「くわうゑん(こうえん)」広遠に同じい。大きくて奥深いこと。

「樹ツル」「たつる」建つる。

「克ク」「よく」。

「億兆」元は、限りなく大きい数の意であるが、転じて「万民」を指す。

「厥ノ」「その」。指示語。

「濟セルハ」「なせるは」と読む。成してきたのは。

「國體」本来は「国の体面」というフラットな謂いであるが、これが天皇を倫理的精神的政治的中核とする国家思想を意味するものとなった。

「精華」物事の真の価値であるところの最も優れているところ。真髄。

「兄弟」「けいてい」と読む。

「友に」「ゆうに」。仲良く親しみ。

「恭儉」「きようけん(きょうけん)」。人に対しては恭(うやうや)しくし、自分の行いに対しては慎み深くすること。

「業」「ぎやう(ぎょう)」職務。

「德器」徳行(道徳にかなった良い行い)と器量(それぞれの地位や役目に相応した才能や人格)。

「世務ヲ開キ」「世務」は「せいむ」で世の中の務め。国家の発展に尽力し。

「國憲」日本帝国憲法。

「遵ヒ」「したがひ」。

「一旦緩急アレハ」万一、危急の折りあらば。

「天壤無窮」「てんじやうむきゆう(てんじょうむきゅう)」。天地とともに永遠に極まりなく続くさま。「壤(壌)」は「地」の意。「日本書紀」「神代紀(じんだいき)」の天照大神が孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)らに下した三大神勅の一つに由来するとされる。ウィキ神勅を参照されたい。

「扶翼」「ふよく」。助けること。

「是ノ如キハ」「かくのごときは」。

「爾」「なんぢ(なんじ)」。

「遺風」後世に残っている先人の正しい教え。

「斯ノ」「この」。

「實ニ」「じつに」。

「遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ」「じゆんしゆ((じゅんしゅ)すべきところ、これをここにつうじて」。

「謬ラス」「あやまらず」。連用形で読点を伴い、下に続いて対句表現となる。

「中外」「ちうがい(ちゅうがい)」。本来は自己の側の内部とその外部であろうが、これは現実的に国の内外の意に転じてゆく。

「悖ラス」「もとらず」。「悖る」は、物事の筋道に合わぬ、道理に背き反するの意で、ここは、間違いのない永遠不変の道理、真理であるという謂いであろう。

「拳々服膺」「けんけんふくよう」「拳拳」は捧げ持つさま、固く握って離さないさまから、謹むさまで、「服膺」は胸につけて離さない意。心に銘記して常に忘れずにいること。「礼記」の「中庸」に由来する。

「咸」みな。皆。

「一ニセン」「いつにせん」。一致させよう。

「庶幾フ」「こひねがふ」。「希う」「冀う」或いは「乞い願う」とも書ける。強く願う、切望するの意。]

 

 

.

   Through the Minister of Public Instruction, His Imperial Majesty has sent to all the great public schools of the Empire a letter bearing date of the thirteenth day of the tenth month of the twenty-third year of Meiji. And the students and teachers of the various schools assemble to hear the reading of the Imperial Words on Education.

   At eight o'clock we of the Middle School are all waiting in our own assembly hall for the coming of the Governor, who will read the Emperor's letter in the various schools.

   We wait but a little while. Then the Governor comes with all the officers of the Kencho and the chief men of the city. We rise to salute him: then the national anthem is sung.

   Then the Governor, ascending the platform, produces the Imperial Missive,—a scroll of Chinese manuscript sheathed in silk. He withdraws it slowly from its woven envelope, lifts it reverentially to his forehead, unrolls it, lifts it again to his forehead, and after a moment's dignified pause begins in that clear deep voice of his to read the melodious syllables after the ancient way, which is like a chant:

 

   'CHO-KU-G U. Chin omommiru ni waga kōso kosō kuni wo….

   'We consider that the Founder of Our Empire and the ancestors of Our Imperial House placed the foundation of the country on a grand and permanent basis, and established their authority on the principles of profound humanity and benevolence.

   'That Our subjects have throughout ages deserved well of the State by their loyalty and piety and by their harmonious co-operation is in accordance with the essential character of Our nation; and on these very same principles Our education has been founded.

   'You, Our subjects, be therefore filial to your parents; be affectionate to your brothers; be harmonious as husbands and wives; and be faithful to your friends; conduct yourselves with propriety and carefulness; extend generosity and benevolence towards your neighbours; attend to your studies and follow your pursuits; cultivate your intellects and elevate your morals; advance public benefits and promote social interests; be always found in the good observance of the laws and constitution of the land; display your personal courage and public spirit for the sake of the country whenever required; and thus support the Imperial prerogative, which is coexistent with the Heavens and the Earth.

   'Such conduct on your part will not only strengthen the character of Our good and loyal subjects, but conduce also to the maintenance of the fame of your worthy forefathers.

   'This is the instruction bequeathed by Our ancestors and to be followed by Our subjects; for it is the truth which has guided and guides them in their own affairs and in their dealings towards aliens.

   'We hope, therefore, We and Our subjects will regard these sacred precepts with one and the same heart in order to attain the same ends.' [3]

   Then the Governor and the Head-master speak a few words,—dwelling upon the full significance of His Imperial Majesty's august commands, and exhorting all to remember and to obey them to the uttermost.

   After which the students have a holiday, to enable them the better to recollect what they have heard.

 

3 I take the above translation from a Tokyo educational journal, entitled The Museum. The original document, however, was impressive to a degree that perhaps no translation could give. The Chinese words by which the Emperor refers to himself and his will are far more impressive than our Western 'We' or 'Our;' and the words relating to duties, virtues, wisdom, and other matters are words that evoke in a Japanese mind ideas which only those who know Japanese life perfectly can appreciate, and which, though variant from our own, are neither less beautiful nor less sacred.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (六) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (八) »