フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (二十四) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (二十六) »

2015/12/08

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (二十五)

       二五

 

 ホトケ(これはヌレボトケ【註】、ガキボトケとかいふやうな複合詞ではボトケとなる)に就いては言ふも不思議な事がある。

 

    註。ヌレボトケレ『濡れ佛』。雨風に曝されて居る佛像をいふ。

 

 ホトケといふ語は佛陀を意味する。

 ホトケといふ語はまた――立派な生涯を送れば死者の靈は佛陀の道に入るか、或は佛陀に成るかすると信ぜられて居るから――死者の靈をも意味する。

  ホトケといふ語は、婉曲な言ひ方から、その上また死骸をも意味するやうになつて居る。だからホトケヅクリといふ動詞は『物凄い顏をして居る』、死んで長い間經つた人のやうな顏をして居る、といふ意味を有つて居る。

 それからホトケサンといふ語は――ホトケサンは『佛樣』――眼の瞳子に映つて見える顏の映像に與へて居る名である。法華經の佛世尊では無く、我々銘々の中に住まつて居られる彼の小さな――即ち靈【註】――である。

 

    註・民間佛教に據れば、神或は龍の

    子は左右とも眼に佛が二つづつ見え

    る。日本の物語歌の或るものに見え

    る。それに詠まれて居る、勇士が眼

    に四つ佛を有つてゐたとあるのは、

    その眼が左右とも二重瞳子であつた

    ことをいふのである。

 

 ロゼッテイは『眺めて我は汝(な)が心、汝(いまし)眼(まなこ)の影に見ぬ』と歌つた。東洋思想は正しくその逆である。日本の戀人は『眺めて汝(いまし)が眼の影に、我が有つ佛を我は見ぬ』と言つたであらう。

 斯くも奇妙な信仰【譯者註】に關しての心靈學説は何うであるか。斯うでもあらうかと自分は思ふ。即ち、はそれ自(みづか)らの體内に在つてはいつも眼に見えずに居るものであるが、妖術者の鏡に映るが如くに、他人の眼にその姿を映すことはある。己が愛する女の眼を凝視して、その女の魂を見分けようとしても無益である。その眼には、透明(す)いて己が魂の影だけ見えるのである。その向(さき)はたゞ全く神祕で――無窮に達する。

 

 が、斯ういふ事は眞理では無いか。自我は、シヨオペンハウエルが驚嘆すべくも述べて居るやうに、意識の暗黑點なので、恰も視神經が眼に入る點は、物が見えぬのと同じである。我々は自己を他人でだけ見るのである。他人を通じて初めて我々は我々の如何なるものたるかを朧氣に察するのである。それで、他の者を最も深く愛して居るといふことに於て、つまり自分自身を愛して居るのでは無いか。我々の人格と稱するもの、個性と稱するのは普遍なる實在の無限無數の震動に他ならぬのでは無いか。我々は總て、不可知的な究極に於ては一つのものでは無いか。思慮すべからざる過去を有つて居る一つのものでは無いか。永遠の未來を有つて居る一つのものでは無いか。

 

    譯者註。アアトマンの思想が恐らく

    多くの讀者の心の中に起こるであら

    う。(アアトマンとは、個々の靈がそ

    れから出て來る最高の大靈の名)

 

[やぶちゃん注:「ホトケヅクリといふ動詞」これは「仏づく」で「そのような状態になってくる」の意の動詞を作る接尾語「づく」の誤認だと思っていたが、小学館の「日本国語大辞典」に「仏造(ほとけづく)る」というラ行四段活用の自動詞が載り、「仏像を作る」以外に「死相が現われる。死に顔になる」という見出し語があり、「ほとけづくり」(仏造)という名詞も見出し語にあって仏師の意の他に死相の現われることの意を示す。但し、この名詞の後者の意の引用例は「改正増補和英語林集成」で、『Hotokezukuri ホトケヅクリ』として訳が『死人のように見えること』とするから、決して古い用語とは思われないし、一般的に使用する動詞ではない。実際、私は「ほとけづく」も「ほとけづくる」も聴いたことも見たこともなく、使ったこともない。それとも当時の松江では日常的に用いた語だったのだろうか?

「ホトケサンは『佛樣』――眼の瞳子に映つて見える顏の映像に與へて居る名」これは遠い昔に誰かの「人の瞳の中には仏さまが皆いらっしゃる」と語るのを実際に私は聴いた記憶がある。……それが誰だったのか、思い出せずにいるのだが。――小学館の「日本国語大辞典」の「ほとけ」の項には意味の九番目として、『ひとみ。瞳孔。めぼとけ』と載せ、後の方言欄でも「ひとみに写った人影」(兵庫県)、「瞳孔。ひとみ」(山形・茨城・千葉・新潟・岐阜・兵庫・広島・熊本・大分)が挙がっている。さらに同辞典の見出し語「ほとけさん」(「仏様」と漢字表記)の方言欄には「日月」や「太陽」の意の次の三番目に「瞳孔。ひとみ」と挙げて、佐渡と福井・愛知・和歌山・鳥取・母衣島・愛媛・徳島(「ほとけはん」)・鹿児島(「ほどけどん」)の各県と京都府・大阪市を挙げあるから、地方の方言としても極めて広範に見られることが判り、しかも西日本での使用例が圧倒的であるから、松江では日常的に「瞳孔・瞳」のことをこう呼称していた可能性が高く、それはまさに兵庫県(赤穂郡小河とあるが、これは現在の相生市の内)の例のように「ひとみに写った人影」のようなもの――それが仏の姿なのだ――ということであろう。ハーンの本篇最後の部分での恐るべき収束画像の哲学的感懐にも私は大いに共鳴するものである。何と、しかししみじみとしたシミュラクラではないか。なお、「国立沖縄青少年交流の家」公式サイト内の「所長室の窓」の所長服部英二氏の瞳(ひとみ)とミーヌシン(心を映し出す鏡)によれば、『この目の中の瞳のことをウチナー口(沖縄方言)で「ミーヌシン」といいます。語源を辿ると元々は「目の芯」「目の心」に由来しているとのことです』。『また、一方、この瞳のことを、全国各地の方言で見てみると「めぼとけ」「おほとけ」「めのかみさま」などと呼ぶ言い方もあ』り、『そうすると、ミーヌシンも「目の神」の方が、より相応しいように思います』。『古代(いにしえ)の人達は、目の中にある澄んだ瞳に対して、「ほとけ」とか「かみ」と名付け、当時、人影を映す「鏡に霊力が宿る」と信じたように、目の中心にある不思議な瞳の力に対しても畏敬の念を抱き崇め敬い、そのように呼び現したのかもしれません』という興味深い記事を見出した。かく考えてみると「ひとみ」という語自体が物理的な人を見るの謂いではなく、その瞳孔の中に人(ひと)形の神・仏・霊を見(み)るの謂いの「ひとみ」であるようにも思えてきて、とてもさらに快い気がしてきたのである。無論、こういう思いつきはガチガチの国語学者連中からは一笑に附されるとしても――である。

「民間佛教に據れば、神或は龍の子は左右とも眼に佛が二つづつ見える」「日本の物語歌の或るものに見える」「それに詠まれて居る、勇士が眼に四つ佛を有つてゐたとある」これらの、「二重瞳子」、重瞳(ちょうどう)について、

本邦民間の仏教説話に於いて天部などの仏法守護の神や龍の子供が重瞳であるとする具体な伝承例

本邦(中国だったら舜やら項羽やら私でも知っている。以下のウィキにもゴマンと出る)の「物語歌」(長歌か民謡か?)で、英雄が重瞳であったと詠み込まれているという具体的な書名歌集名或いは民謡名

をさても私は不学にして知らぬ。ウィキその他を見ると、豊臣秀吉・水戸光圀・由井正雪などが重瞳であったと海音寺潮五郎は言っているらしいが、どうも彼等は「勇士」とも思われず、彼等を主人公にし、しかも「重瞳」をはっきりと詠み込んだ「物語歌」がありそうにも思われぬのだが。識者の御教授を乞うものである。なお、重瞳については私は大真面目になって考証したことが既にある。興味のあられる方は耳嚢 巻之十 四瞳小兒の事及び「耳嚢 巻之十 白龜の事」を参照されたい。前者のそれが本格的なものであるが、後者は、ここで架空とはいえ、爬虫類に分類し得る「龍」なれば、亀の重瞳例としてリンクさせておきたい。

「ロゼッテイは『眺めて我は汝(な)が心、汝(いまし)眼(まなこ)の影に見ぬ』と歌つた」原文は“Sang Rossetti: 'I looked and saw your heart in the shadow of your eyes.' Exactly converse is the Oriental thought. ”。私の愛するイギリスのラファエル前派の画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti  一八二八年~一八八二年)の詩“Three Shadows”の一節(引用は“PoemHunter com.”を用いた)。現在では画家としての方が有名であるが、彼は詩人でもあった。

   *

   Three Shadows

I LOOKED and saw your eyes

In the shadow of your hair,

As a traveller sees the stream

In the shadow of the wood;

And I said, “My faint heart sighs,

Ah me! to linger there,

To drink deep and to dream

In that sweet solitude.”

I looked and saw your heart

In the shadow of your eyes,

As a seeker sees the gold

In the shadow of the stream;

And I said, “Ah me! what art

Should win the immortal prize,

Whose want must make life cold

And Heaven a hollow dream?”

I looked and saw your love

In the shadow of your heart,

As a diver sees the pearl

In the shadow of the sea;

And I murmured, not above

My breath, but all apart,—

“Ah! you can love, true girl,

And is your love for me?”

   *

平井呈一氏は『君がまなこの影ふかく、君が心をわれは見ぬ』と訳しておられる。

「日本の戀人は『眺めて汝(いまし)が眼の影に、我が有つ佛を我は見ぬ』と言つたであらう」原文は“A Japanese lover would have said: 'I looked and saw my own Buddha in the shadow of your eyes.”。平井呈一氏は『君がまなこの影ふかく、おのが仏をわれは見ぬ』と訳しておられる。

「自我は、シヨオペンハウエルが驚嘆すべくも述べて居るやうに、意識の暗黑點なので、恰も視神經が眼に入る點は、物が見えぬのと同じである」この「暗黑點」は瞳孔から始まって眼球・視神経・「物が見えぬ」とある以上、平井氏のように『盲点』(盲點)と訳すのが相応しい。

「アアトマン」「アアトマンとは、個々の靈がそれから出て來る最高の大靈の名」アートマン(ātman)はサンスクリット語で、インド哲学に於ける「自我」に相当するものを指す語。「我(が)」と漢訳された。以下、平凡社「世界大百科事典」の前田専学氏の記載を引く(コンマを読点に代えた)。原義については諸説があるが、『本来は〈呼吸〉を意味したが、転じて生命の本体としての〈生気〉〈生命原理〉〈霊魂〉〈自己〉〈自我〉の意味に用いられ、さらに〈万物に内在する霊妙な力〉〈宇宙の根本原理〉を意味するに至ったと、一般に考えられている。インドにおいては、すでに《リグ・ベーダ》の時代から、宇宙の原因が執拗に追求され、多くの人格神や諸原理が想定された。ウパニシャッドの時代になると人格神への関心はうすれ、もっぱら非人格的な、抽象的な一元的原理が追求されるようになった。この結果到達された諸原理のうち、最も重要なものはブラフマンとアートマンである。ウパニシャッドの哲人たちは、個人の本体であるアートマンと宇宙の根本原理であるブラフマン(梵)とは同一である、すなわち〈梵我一如〉であると説いた。ウパニシャッド以来、アートマンの問題はインド哲学の主要な問題の一つとされ、インド哲学史には、アートマンの存在を認める流れと認めない流れとの二大思潮がある。前者の代表は正統バラモンの哲学体系の一つであるベーダーンタ哲学であり、その中でもとくに、梵我一如の思想を発展させた不二一元論によれば、アートマンすなわちブラフマン以外の一切はマーヤー(幻影)のように実在しないという。サーンキヤ哲学とヨーガ哲学においては、アートマンすなわちプルシャを、宇宙の質料因としての根本物質プラクリティから全く独立した純粋に精神的原理とみなし、二元論の立場をとった。後者の代表は、縁起説の立場から無我説を主張した仏教である。唯物論者もまた、精神的原理としてのアートマンの存在を否定した。有我説の立場においては、肉体は死とともに滅するが、アートマンは不滅であり、死後は輪廻の主体となって、過去の業(ごう)にふさわしい身体を得て、再生すると信じられている』とある。以上からお分かりの如く、ここではハーンが謂うのは、そのアートマンとブラフマン(brahman)の「梵我一如(ぼんがいちにょ)」、等価同一の意識体に基づくものである。]

 

 

ⅩⅩⅤ.

   Of the word hotoke (which becomes botoke in such compounds as nure-botoke, [12] gaki-botoke) there is something curious to say.

   Hotoke signifies a Buddha.

   Hotoke signifies also the Souls of the Dead,— since faith holds that these, after worthy life, either enter upon the way to Buddhahood, or become Buddhas.

   Hotoke, by euphemism, has likewise come to mean a corpse: hence the verb hotoke-zukuri, 'to look ghastly,' to have the semblance of one long dead.

   And Hotoke-San is the name of the Image of a Face seen in the pupil of the eye,— Hotoke-San, 'the Lord Buddha.' Not the Supreme of the Hokkekyō, but that lesser Buddha who dwelleth in each one of us,— the Spirit. [13]

   Sang Rossetti: 'I looked and saw your heart in the shadow of your eyes.' Exactly converse is the Oriental thought. A Japanese lover would have said: 'I looked and saw my own Buddha in the shadow of your eyes.

   What is the psychical theory connected with so singular a belief? [14] I think it might be this: The Soul, within its own body, always remains viewless, yet may reflect itself in the eyes of another, as in the mirror of a necromancer. Vainly you gaze into the eyes of the beloved to discern her soul: you see there only your own soul's shadow, diaphanous; and beyond is mystery alone — reaching to the Infinite.

 

   But is not this true? The Ego, as Schopenhauer wonderfully said, is the dark spot in consciousness, even as the point whereat the nerve of sight enters the eye is blind. We see ourselves in others only; only through others do we dimly guess that which we are. And in the deepest love of another being do we not indeed love ourselves? What are the personalities, the individualities of us but countless vibrations in the Universal Being? Are we not all One in the unknowable Ultimate? One with the inconceivable past? One with the everlasting future?

 

12 Nure-botoke, 'a wet god.' This term is applied to the statue of a deity left exposed to the open air.

13 According to popular legend, in each eye of the child of a god or a dragon two Buddhas are visible. The statement in some of the Japanese ballads, that the hero sung of had four Buddhas in his eyes, is equivalent to the declaration that each of his eyes had a double-pupil.

14 The idea of the Atman will perhaps occur to many readers.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (二十四) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (二十六) »