フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (三十一) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (三十三) »

2015/12/11

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (三十二)

          三二

 

 日本人の生活には内密といふことが、どんな種類のものも殆んど全く無い。實際この國民間には、我々西洋人が内密と呼んで居るものが存在して居ないのである。人と人との生活を仕切る紙の壁があるだけであり、戸は無くして横に辷る目隱があるだけであり、日中使用する錠も閂も無く、天氣が宜いと家の表側が、いや横側すらも、文字通りに取外づされて、家の内部が廣く空氣にも光線にも公衆の環視にも開放されるのである。富裕な人でも日中其表門を鎖しはせぬ。宿屋の中で、或は普通の住宅でも、他人の部屋へ入る前に誰も戸を敲くといふ事をせぬ。障子又は襖のほかに敲くべき物が何も無いので、それは敲けば必ず壞れる。そして紙の壁と日光との此世界では、誰も一緒に居る男や女を憚りもせず、恥づかしがりもせぬ。爲す事は總て、或る意味に於て、公に爲すのである。個人的慣習、特癖(もしあれば)、弱點、好き嫌ひ、愛するもの惡むもの、悉く誰にも分らずには居らぬ。惡德も美德も隱す事が出來ぬ。隱さうにも隱すべき場所が絶對に無いのである。そし此狀態がずつとの太古から續き來たつて居る。少くとも普通の幾百萬といふ人達には、人に見られずに暮すといふ事は考へも及ばぬ事であつたのである。日本では、人生に關する一切の事件を公衆の耳目に公開するといふ條件の下に初めて、氣持よくまた幸福に暮して行けるのである。といふ事は西洋には全く存在して居ないやうな、異常な道德狀態であるといふ譯になるのである。日本人の性格の異常な妙味を、一般人民の無限に親切であることを、その本能的に禮儀正しいことを、批評嘲笑皮肉又は諷刺に耽る如何なる傾向も日本人には無いことを、身自(みづか)ら經驗して知つで居る者にだけ、これは完全に了解が出來るのである。自分の同輩を貶して自己の個性を發展せしめやうと努めるものは一人も無い。自己をえらい者のやうに見せようと試みるものは一人も無い。銘々の弱點が萬人に知られて居り、何物も隱すことも佯ることも出來ず、そしてつくり飾は一種の輕い氣狂としか人に思はれない社會にあつては、そんなことをしても何の效もないことであらう。

 

[やぶちゃん注:「身自(みづか)ら」読みは「み/みづから」である。底本は既に述べたように「自」に「み」のみのルビを振ってある。

「佯る」「いつはる(いつわる)」と読む。この「佯る」の「いつわる」は狭義に区別するなら、「佯狂」(ヨウキョウ: 狂人や愚者のふりをすること、或いはそのように見せかけている人)という熟語で明らかなように――上辺を繕ってそれらしく見せかける――の意であり、我々が普段用いている「偽る」の方は広く――ある目的を持って自然に逆らって愚かにも人為的にわざと騙したり欺く――の謂いが強いとは言えよう。

「氣狂」「きぐるひ」と訓じておく。]

 

 

ⅩⅩⅩⅡ.

   There is very little privacy of any sort in Japanese life. Among the people, indeed, what we term privacy in the Occident does not exist. There are only walls of paper dividing the lives of men; there are only sliding screens instead of doors; there are neither locks nor bolts to be used by day; and whenever weather permits, the fronts, and perhaps even the sides of the house are literally removed, and its interior widely opened to the air, the light, and the public gaze. Not even the rich man closes his front gate by day. Within a hotel or even a common dwelling-house, nobody knocks before entering your room: there is nothing to knock at except a shōji or fusuma, which cannot be knocked upon without being broken. And in this world of paper walls and sunshine, nobody is afraid or ashamed of fellow-men or fellow-women. Whatever is done, is done, after a fashion, in public. Your personal habits, your idiosyncrasies (if you have any), your foibles, your likes and dislikes, your loves or your hates, must be known to everybody. Neither vices nor virtues can be hidden: there is absolutely nowhere to hide them. And this condition has lasted from the most ancient time. There has never been, for the common millions at least, even the idea of living unobserved. Life can be comfortably and happily lived in Japan only upon the condition that all matters relating to it are open to the inspection of the community. Which implies exceptional moral conditions, such as have no being in the West. It is perfectly comprehensible only to those who know by experience the extraordinary charm of Japanese character, the infinite goodness of the common people, their instinctive politeness, and the absence among them of any tendencies to indulge in criticism, ridicule, irony, or sarcasm. No one endeavors to expand his own individuality by belittling his fellow; no one tries to make himself appear a superior being: any such attempt would be vain in a community where the weaknesses of each are known to all, where nothing can be concealed or disguised, and where affectation could only be regarded as a mild form of insanity.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (三十一) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (三十三) »