フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「笈の小文」の旅シンクロニティ――星崎の闇を見よとや啼く千鳥   芭蕉 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (三十二) »

2015/12/11

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (三十一)

       三一

 菱浦へ二度目に行つた折には、自分は約八日滯在した。だが、浦郷にはたゞ三日居た。浦郷は行つて見たら滯在するには面白味の少い處であつた、――其處の臭が西郷のよりも少しでも強いからといふ爲めでは無くて、やがて述べる他の理由の爲めであつた。

 西郷へ寄港した外國軍艦は一艘だけでは無く幾艘もあつたもので、英吉利や露西亞の海軍士官は、その姿をその町で幾度も見せて居るのである。丈が高く、髮毛が美しく、巖疊であつたから、隱岐の者は、西洋人は誰も彼も同じ身長で同じ顏色だと今も思つて居る。自分はその町で唯の一と晩でも泊つた泊つた最初の外國人であつて、しかも二週間も滯在してゐたのである。が、自分は身體(からだ)が小さいし色は黑いし、おまけに日本人のやうな服裝(なり)をしてゐたから、普通の人達の間に餘り注意を惹き起さなかつた。日本の何處かの邊鄙から來た、妙な隔顏附の日本人だと皆んな思つてゐたのであり。菱浦でも同じ考が暫く行はれて居て、自分が外國人だといふ事實が一般に知れ渡つた後でも、其處の人達は全然何等の迷惑をも自分に感ぜしめなかつた。街路を歩き廻つたり、入江を泳ぎ渡つたりする自分を見慣れてしまりたからであつた。ところが西郷では事が全く別であつた。自分が最初其處へ上陸した時は、日本着物を着てゐたし、半ば顏を敞ひ隱す非常に大きな出雲風の帽子にをかぶつて居たしで、どうにか人目を逃れ了せたのである。自分が西郷へ向けで去つた後(あと)で、西洋人が――島前へは本當に初めての西洋人が――實際來て居たのを知らずに居たのだと知つたに相違無い。といふのは自分の二度目の訪問は、加賀浦外、何處ででも一度も自分が起こしたことの無い程の、大騷ぎを起こしたからである。

 宿屋へ入る間も無く街路は、自分を見ようとする驚く計りの群集に全く塞がれてしまつた。その宿屋は不幸にも町角にあつたから直ぐに兩側から包圍された。自分は二階の大きな裏座敷へ案内された。すると疊の上へ坐るや否や、その大勢の者が、皆んな草履を階段の下で脱いで、少しも音を立てずにそつと二階へ上り始めた。禮儀正しいから部屋へ入りこみははしない。だが、四五人のものが入口から一度に顏を出し、お辭儀をし、にこりと笑ひ、じつと見で、それから階段に後から一杯詰めかけて居る者に讓る爲めに引き退るのであつた。召使の者が自分に晝食を運んで來るのは容易な業ではなかつた。そのうち、街路を隔つた向側の家の二階座敷が見物人で詰つた計りでは無い、自分の部屋が見渡される――北と東と南との――屋根といふ屋根が悉く無數の男と男の子とに占められた。それからまた多勢の少年が、自分の窓の下の廊下の上の狹い廂へどういふ風にしてか自分には想像も出來なかつたが)登りもし、三方にある自分の部屋の入口はどれもこれも人の顏で一杯になつた。すると瓦がずつて、いくたりか男の子が下へ落ちたが、誰も怪我したものは無かつたやうである。そして奇怪極はまる事は、そんな素敵な體操の藝當を演じて居る間、死の靜けさがあつた事である。その群集を現に眼で見て居なかつたなら、街路に人つ子一人居ないのだと自分は想つたかも知れぬ。

 亭主は叱りだした。が、叱つても無駄と知つて巡査を呼んだ。巡査は、此處の人達は一度も外國人を見たことが無いのだから許してやつて呉れと自分に乞うて、街路から追つ拂つて欲しいかと自分に尋ねた。しようと思へば小指一本上げただけで巡査は左う爲し得たことであらう。だが、その光景が面白かつたから、その人達に去れとは命じないやう、然し、早や少しそれを損じもした程であるから、日蔽の上へはをらないやう子供等に言つ貰ひさへすれば、と自分は賴んだ。巡査は非常に低い聲で話して、皆んなへ極めて有效に言つてきかせた。自分がそれから浦郷に居た間、誰一人その日蔽に近寄ることもようしなかつた。一體日本の巡査はどんな新規なことにも一度以上口をきくことは決してしないで、それでゐで口をきけばいつも必ず效果を奏する。

 が然し、一般の好奇心は少しも減ぜずに三日間續いた。浦郷から自分が逃げ出さなかつたならもつと續いたであらう。外出をするといつも後から大勢の者が、濱の砂利をゆすぶる波の音のやうにガラガラと下駄の音を立てて、跟いて來る。が、その特殊の音のほかには、何の音もきこえなかつた。一ことも物を言ふものはなかつた。これは心的能力全部が見たいといふ念の激しさに緊張して口をきくことが不可能になつた爲めかどうか、それは自分は斷定することは出來ぬ。だがそんなにも激しい好奇心に少しも亂暴といふ點は無かつた。許可無くして自分の部屋へ上がつて來るといふことを除いては、無禮に近いやうなことも決して無かつた。部屋へ入つて來るのも、如何にもおとなしく入つて來るので、その侵入者を咎めて欲しくない程であつた。とは言ふものゝ、三日に亙るそんな經驗は苦しかつた。暑さにも拘らず、眠つて居る間人に見て居て貰はぬやう、戸や窓を閉めなければならなかつた。自分の所有品に就いては全然心配は無かつた。窃盜は此島には無いからであつた。だが自分の身のまはりに斯く絶えず無言な群集を見る事は、しまひにはうるさいよりももつと惡るいものになつた。無邪氣ではあつたが、薄氣味が惡るかつた。自分が幽靈になつたやうな――聲の無い者共に取卷かれて、冥途へ新たに來たのでは無いかといふやうな――氣持にされたのである。

[やぶちゃん注:本章冒頭の「一」で大澤隆幸氏「焼津からみたラフカディオ・ハーンと小泉八雲――基礎調査の試み(2)」によれば、ハーンは隠岐を訪れた最初の西洋人であるとあると述べたが、この描写から厳密に言うならば、隠岐島前を訪れた最初の西洋人或いは、隠岐に純粋な旅行目的来島し、その島の中の各所の旅館に滞在した初めての西洋人というのが正しいようである。軍艦で来て島後西郷に上陸した連中は実質、物見遊山の気持ちはあったとしても、名目上は私事旅行ではなく、しかも彼等はほぼ間違いなく、軍艦に戻ってキャビンで寝、そうして高い確率で鯣の匂いに辟易して、補給を終えるとそそくさと立ち去ったであろうから。

「非常に大きな出雲風の帽子」円形に編んだものを中央で折った、前後にぺたんとしたタイプの強い陽光や海面からの反射を避けるための深編笠であろう。

「跟いて來る」老婆心乍ら、「ついてくる」と訓ずる。]

 

 

ⅩⅩⅩⅠ.

 

   I remained nearly eight days at Hishi-ura on the occasion of my second visit there, but only three at Urago. Urago proved a less pleasant place to stay in,— not because its smells were any stronger than those of Saigo, but for other reasons which shall presently appear.

   More than one foreign man-of-war has touched at Saigo, and English and Russian officers of the navy have been seen in the streets. They were tall, fair-haired, stalwart men; and the people of Oki still imagine that all foreigners from the West have the same stature and complexion. I was the first foreigner who ever remained even a night in the town, and I stayed there two weeks; but being small and dark, and dressed like a Japanese, I excited little attention among the common people: it seemed to them that I was only a curious-looking Japanese from some remote part of the empire. At Hishi-ura the same impression prevailed for a time; and even after the fact of my being a foreigner had become generally known, the population caused me no annoyance whatever: they had already become accustomed to see me walking about the streets or swimming across the bay. But it was quite otherwise at Urago. The first time I landed there I had managed to escape notice, being in Japanese costume, and wearing a very large Izumo hat, which partly concealed my face. After I left for Saigo, the people must have found out that a foreigner — the very first ever seen in Dōzen — had actually been in Urago without their knowledge; for my second visit made a sensation such as I had never been the cause of anywhere else, except at Kaka-ura.

   I had barely time to enter the hotel, before the street became entirely blockaded by an amazing crowd desirous to see. The hotel was unfortunately situated on a corner, so that it was soon besieged on two sides. I was shown to a large back room on the second floor; and I had no sooner squatted down on my mat, than the people began to come upstairs quite noiselessly, all leaving their sandals at the foot of the steps. They were too polite to enter the room; but four or five would put their heads through the doorway at once, and bow, and smile, and look, and retire to make way for those who filled the stairway behind them. It was no easy matter for the servant to bring me my dinner. Meanwhile, not only had the upper rooms of the houses across the way become packed with gazers, but all the roofs — north, east, and south — which commanded a view of my apartment had been occupied by men and boys in multitude. Numbers of lads had also climbed (I never could imagine how) upon the narrow eaves over the galleries below my windows; and all the openings of my room, on three sides, were full of faces. Then tiles gave way, and boys fell, but nobody appeared to be hurt. And the queerest fact was that during the performance of these extraordinary gymnastics there was a silence of death: had I not seen the throng, I might have supposed there was not a soul in the street.

   The landlord began to scold; but, finding scolding of no avail, he summoned a policeman. The policeman begged me to excuse the people, who had never seen a foreigner before; and asked me if I wished him to clear the street. He could have done that by merely lifting his little finger; but as the scene amused me, I begged him not to order the people away, but only to tell the boys not to climb upon the awnings, some of which they had already damaged. He told them most effectually, speaking in a very low voice. During all the rest of the time I was in Urago, no one dared to go near the awnings. A Japanese policeman never speaks more than once about anything new, and always speaks to the purpose.

   The public curiosity, however, lasted without abate for three days, and would have lasted longer if I had not fled from Urago. Whenever I went out I drew the population after me with a pattering of geta like the sound of surf moving shingle. Yet, except for that particular sound, there was silence. No word was spoken. Whether this was because the whole mental faculty was so strained by the intensity of the desire to see that speech became impossible, I am not able to decide. But there was no roughness in all that curiosity; there was never anything approaching rudeness, except in the matter of ascending to my room without leave; and that was done so gently that I could not wish the intruders rebuked. Nevertheless, three days of such experience proved trying. Despite the heat, I had to close the doors and windows at night to prevent myself being watched while asleep. About my effects I had no anxiety at all: thefts are never committed in the island. But that perpetual silent crowding about me became at last more than embarrassing. It was innocent, but it was weird. It made me feel like a ghost,— a new arrival in the Meido, surrounded by shapes without voice.

« 「笈の小文」の旅シンクロニティ――星崎の闇を見よとや啼く千鳥   芭蕉 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (三十二) »