フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(29) アイヌの民具その他 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(31) 土蔵の効用/箕作佳吉結婚披露宴出席 / 第二十五章~了 »

2015/12/08

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(30) 東京女子師範学校全焼す

M739

図―739

 

 高嶺氏が校長をしている女子師範学校が焼け、古い支那学校に近い美しい会堂も焼けて了った。支那学校は幸にして助かった。この火事の熱は恐しい程で、消防夫が近づいて仕事をすることが出来なかった。消防夫が示す勇気は無限ではあるが、いくら勇気があっても、使用する適当な武器が無くては、何にもならぬ。図739は、この火事の時急いでした写生図である。

[やぶちゃん注:モース先生は正直、火事場がお好きで、即座に現場に趣き(消火後の火事場後整理も含まれる)、何枚も消火活動をスケッチされておられる。但し、ここにあるように火消しの勇気を讃えはするものの、龍土水のパワーの無さや、日本の延焼防止を主とした家屋破壊型の消火作業に対しては概ね前近代的で改良の余地がかなりあるといったスタンスを持っておられる。

「女子師範学校」現在の東京都文京区湯島にあった東京女子師範学校。明治七(一八七四)年に設立された官立師範学校で、この後の明治一八(一八八五)年に東京師範学校に統合され、その後の明治二三(一八九〇)年に女子高等師範学校として分離改組され、更に明治四一(一九〇八)年には東京女子高等師範学校に改称された、現在のお茶の水女子大学の旧制前身校である。

「支那学校に近い美しい会堂」東京に冥い私には不詳。識者の御教授を乞う。

「古い支那学校」湯島にあった旧孔子廟、湯島聖堂。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(29) アイヌの民具その他 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(31) 土蔵の効用/箕作佳吉結婚披露宴出席 / 第二十五章~了 »