フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十三) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十五) »

2015/12/01

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十四)

       一四

 

 決して一度も、西部日本の何處ででも西郷に居た時ほど居心地よかつたことは無い。薦められて行つた宿屋には、客は友と自分と二人きりであつた。二人が占めた二階の、天井の高い廣い部屋は一方には大通りを見渡し、一方には宿の庭の横を流れて居る八尾川の河口の向うの美くしい山の風光を恣にすることが出來るのであつた。海風が晝も夜も吹き斷えぬので、暑い季節には客へ侑めるのが日本の習慣(はらはし)の、あの綺麗な扇子が不用であつた。

 食物は驚く許り上等で、珍らしい程變化に富んで居て、欲しければセイヤウレウリ(西洋の料理)を――フライにした馬鈴薯添へてのビフテキ、ロオスト・チキン其他――注文して宜いと言はれた。自分は旅行中は純日本式食事を守つて手數を避けることに決めて居るから、その申出を利用はしなかつた。が、住民五千の他の日本都市では何處だつて得ること殆んど不可能なものを西郷で申出を受けようとは少からぬ驚異であつた。が然し浪漫的見地からしては此發見は失望であつた。日本全國のうちで一番原始的な土地へ遣つて來たのだから、近代化する總ての勢力の範圍外はるか遠くに自分を見出すことと想像してゐたのであつた。だからフライにした馬鈴薯添へてのビフテキを懷ひ出させられたのは幻滅であつた。此島には新聞も電信も無いといふその後の發見も充分には自分の慰安にならなかつた。

 ところが如上の樂(たのしみ)を味はふことを妨げる重大な障害が一つあつた。それは、何物にも浸徹する、到る處に存在する、重くるしい非道い臭氣――肥料として使用する、魚の腐る臭氣であつた。幾噸といふ烏賊の臟腑を八尾川の向側の田畠に使用するので、何處の家ヘもその惡臭を眠ること無き海風が吹いて來る。暑さの折は大抵な家では香(かう)を焚きつゞけて居るが駄目である。三四日續けて町の中に居ると、前(せん)よりかその臭氣に堪へ得るやうになる。が、たゞの二三時間でも町を去ると、歸つて來た折、自分の鼻が習慣の爲めにどんなに麻痺して居たか、町を出た爲めにどんなに力が恢復したか、を知つて驚く。

 

[やぶちゃん注:「侑める」「すすめる」。]

 

 

ⅩⅣ.

   Never, in any part of Western Japan, have I been made more comfortable than at Saigo. My friend and myself were the only guests at the hotel to which we had been recommended. The broad and lofty rooms of the upper floor which we occupied overlooked the main street on one side, and on the other commanded a beautiful mountain landscape beyond the mouth of the Yabigawa, which flowed by our garden. The sea breeze never failed by day or by night, and rendered needless those pretty fans which it is the Japanese custom to present to guests during the hot season. The fare was astonishingly good and curiously varied; and I was told that I might order Seyōryōri (Occidental cooking) if I wished,— beefsteak with fried potatoes, roast chicken, and so forth. I did not avail myself of the offer, as I make it a rule while travelling to escape trouble by keeping to a purely Japanese diet; but it was no small surprise to be offered in Saigo what is almost impossible to obtain in any other Japanese town of five thousand inhabitants. From a romantic point of view, however, this discovery was a disappointment. Having made my way into the most primitive region of all Japan, I had imagined myself far beyond the range of all modernizing influences; and the suggestion of beefsteak with fried potatoes was a disillusion. Nor was I entirely consoled by the subsequent discovery that there were no newspapers or telegraphs.

   But there was one serious hindrance to the enjoyment of these comforts: an omnipresent, frightful, heavy, all-penetrating smell, the smell of decomposing fish, used as a fertilizer. Tons and tons of cuttlefish entrails are used upon the fields beyond the Yabigawa, and the never- sleeping sea wind blows the stench into every dwelling. Vainly do they keep incense burning in most of the houses during the heated term. After having remained three or four days constantly in the city you become better able to endure this odor; but if you should leave town even for a few hours only, you will be astonished on returning to discover how much your nose had been numbed by habit and refreshed by absence.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十三) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十五) »