フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十八) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (二十) »

2015/12/02

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十九)

       一九

 

 自分は名所のうちの或る物を實地見る上に於て色々な困難があることを知つた。隱岐全體に、唯々山路があるだけで、道路といへる道路は全く無い。從つてまた、西郷一帶の醫者が輸入した、街路でだけ使用の出來る一臺を除いて、人力車は一臺も無い。籠さへ、これもその醫者が使用する一挺を除いて、他には無いのである。強壯な百姓が言ふ處に據つても、路は恐つそろしくでこぼこで、それにまた遠さが、殊に一年のうちで一番暑い今、うんざりさせる。小馬は僦へる。出雲西部の此處と似寄つた未開地での自分の經驗が、たゞ瀧一つ見るだけのことに、辷り易い壑を通り早瀨の床に沿ひ、松が一杯生えて居る小山を幾つも越えての長の苦しい乘馬をしたところで、愉快も利益も得られはせぬと思はせた。自分は檀鏡の瀧見物の念は放棄した。が。出來ることなら、顎無し地藏は見ようと決心した。

 

 自分は、その苦痛は深さ幾百哩かと思へるあの齒痛に――時間空間の觀念を亂すあの齒痛に――惱まされて居た折、初めて松江で顎無し地藏のことを聞いたのであつた。その時思ひ遣りの深い或る友が斯う言つた。――

 『齒痛を病む者は顎無し地藏に祈願する。顎無し地藏は隱岐に居られるが、出雲の人達はそれへ祈願する。治ると、宍道湖か、川か、海か、或は流れ川へ行つて、梨子(ナシ)を十二、十二ケ月の月々に一つづつ流す。水の流れがそれを皆んな海を越えて隱岐へ持つて行つて呉れると信じて居る。

 『ところで、アゴナシヂザウといふは顎の無い地藏といふことである。といふのは、その地藏はその或る前生に下顎に非常な齒痛を病まれ、苦しさの餘りその顎を裂取り、それを投げ棄て、そして死んでしまはれたといふことだから。それからその地藏は菩薩になられた。それで隱岐の者共は顎の無いその像を造つた。そして齒痛を病む者はみんな隱岐のその地藏に祈願する』

 この話は面白かつた。自分は、それに必要な勇氣と現世の後累に對する虛心とを缺いては居るが、顎無し地藏がされたやうにしたいといふ強い希望は一度ならず感じたからであつた。その上、この傳説は齒痛に對して如何にも人情のある甚深な理解を示し、またその犧牲者に對して如何にも廣い同情をほのめかして居るので、自分は幾分か慰められた氣がした。

 

 にも拘らず自分は顎無し地藏を見には行かなかつた。見ようにも顎無し地藏はもう居られぬといふことが判つたからである。その消息は、或る晩、友人が齎らしたのである。それは松江の士族で、今隱岐に居着いて暮して居る年の若い警察官と、その細君であつた。二人は夜明け前に出發して、途中三十二個處も早瀨を渉つて、自分等に會ひに島を横斷して歩いで來たのであつた。細君はやつと十九で非常にほつそりした可愛らしい女であつたが、それでもその長の非道い旅行に疲れた樣子はして居なかつた。

 その有名な地藏に就いて知つた事は斯うであつた。顎無し地藏といふ名はその本當の名のアゴナホシヂザウ即ち「顎治ほし地藏」を俗民が言ひ訛つたのである。その像の安置してあつた小寺は火事で焚けて、その像も一緒に焚けてしまつた。たゞその像の下の方の一と破片(かけ)だけ、或る年寄の百姓女が今恭しく保存して居る。佛教が國教で無くなつた爲めに、隱岐の國でのその信仰の資源が全く絶やされたので、その寺を再建することが出來ぬ。だが都萬目里の百姓共はそのお寺の在つた處へ、その前へ鳥居を立て、小さな神道のミヤを建てた。そしてその宮で今でも皆んな顎無し地藏への祈願をする。

 この最後の奇妙な事實は加賀の潛戸で、地藏の像の前に建つて居るのを見た小さな鳥居を懷ひ出させた。西部日本の斯ういふ遠隔な地方では、古昔日本の他の部分で佛教が神道の諸神を併呑したと丁度同じに、今は神道が佛教の通俗な諸佛を我がものにして居るのである。

 

[やぶちゃん注:「檀鏡の瀧」「顎無し地藏」については前の「一八」の私の諸注をも是非、参照されたい。但し、ここに語られる地蔵菩薩が菩薩となる前の歯痛の話は初耳である。弥勒菩薩でよく見られる半跏思惟の手つきを歯痛に転じたトンデモ解釈と見た。

「僦へる」は「やとへる」(雇える)と読む。

「宍道湖か、川か、海か、或は流れ川へ」原文は“to Lake Shinji, to the river, to the sea, or to any running stream,”で「流れ川」とは、川というほどではないが勢いのある小流れ、小川、といった謂いか。

「梨子(ナシ)」この「(ナシ)」はルビではなく、本文。梨の「ナシ」は腮「無し」、歯痛「無し」に通ずるからか。

「現世の後累」今の世の私を継ぐべき若い世代の意かと思われるが、どうも日本語として半可通である。原文は“indifference to earthly consequences”で、これは――現実の結果に対して無関心なこと――の謂いであるが、それでも半可通。平井呈一氏は『世間体などはいっこう構わぬという恬然とした気持ち』と訳しておられて、素直に腑に落ちた。

「加賀の潛戸で、地藏の像の前に建つて居るのを見た小さな鳥居を懷ひ出させた」「第九章 子供の精靈の――潜戸(六)を参照。

「都萬目里」前篇で出たように、「つばめのさと」と読む。]

 

 

ⅩⅨ.

   I found there were various difficulties in the way of becoming acquainted with some of the kembutsu. There are no roads, properly speaking, in all Oki, only mountain paths; and consequently there are no jinricksha, with the exception of one especially imported by the leading physician of Saigo, and available for use only in the streets. There are not even any kago, or palanquins, except one for the use of the same physician. The paths are terribly rough, according to the testimony of the strong peasants themselves; and the distances, particularly in the hottest period of the year, are disheartening. Ponies can be hired; but my experiences of a similar wild country in western Izumo persuaded me that neither pleasure nor profit was to be gained by a long and painful ride over pine-covered hills, through slippery gullies and along torrent-beds, merely to look at a waterfall. I abandoned the idea of visiting Dangyotaki, but resolved, if possible, to see Agonashi-Jizō.

 

   I had first heard in Matsue of Agonashi-Jizo, while suffering from one of those toothaches in which the pain appears to be several hundred miles in depth,— one of those toothaches which disturb your ideas of space and time. And a friend who sympathised said: —

   'People who have toothache pray to Agonashi-Jizo. Agonashi-Jizo is in Oki, but Izumo people pray to him. When cured they go to Lake Shinji, to the river, to the sea, or to any running stream, and drop into the water twelve pears (nashi), one for each of the twelve months. And they believe the currents will carry all these to Oki across the sea.

   'Now, Agonashi-Jizō means 'Jizō-who-has-no-jaw.' For it is said that in one of his former lives Jizō had such a toothache in his lower jaw that he tore off his jaw, and threw it away, and died. And he became a Bosatsu. And the people of Oki made a statue of him without a jaw; and all who suffer toothache pray to that Jizo of Oki.'

   This story interested me for more than once I had felt a strong desire to do like Agonashi-Jizō, though lacking the necessary courage and indifference to earthly consequences. Moreover, the tradition suggested so humane and profound a comprehension of toothache, and so large a sympathy with its victims, that I felt myself somewhat consoled.

 

   Nevertheless, I did not go to see Agonashi-Jizō, because I found out there was no longer any Agonashi-Jizo to see. The news was brought one evening by some friends, shizoku of Matsue, who had settled in Oki, a young police officer and his wife. They had walked right across the island to see us, starting before daylight, and crossing no less than thirty-two torrents on their way. The wife, only nineteen, was quite slender and pretty, and did not appear tired by that long rough journey.

   What we learned about the famous Jizō was this: The name Agonashi-Jizō was only a popular corruption of the true name, Agonaoshi-Jizō, or 'Jizō-the-Healer-of-jaws.' The little temple in which the statue stood had been burned, and the statue along with it, except a fragment of the lower part of the figure, now piously preserved by some old peasant woman. It was impossible to rebuild the temple, as the disestablishment of Buddhism had entirely destroyed the resources of that faith in Oki. But the peasantry of Tsubamezato had built a little Shinto miya on the sight of the temple, with a torii before it, and people still prayed there to Agonaoshi-Jizō.

   This last curious fact reminded me of the little torii I had seen erected before the images of Jizō in the Cave of the Children's Ghosts. Shintō, in these remote districts of the west, now appropriates the popular divinities of Buddhism, just as of old Buddhism used to absorb the divinities of Shintō in other parts of Japan.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十八) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (二十) »