フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 特別に僕の恋人の写真を…… | トップページ | 俺は »

2015/12/16

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十六章 日本人の微笑 (四)

        四

 

 しかし日本人の微笑を、永久に魂の假面としてついて居る『冷笑』の一種と想像してはならない。行狀に關するその他の事と同じく、社會の種々の階級と共に變化する作法によつてこの微笑も加減されて居る。一般に、昔の武士は凡ての場合に微笑して居ると云ふわけには行かなかつた、長上及び近親に對するために愛嬌を保留して置いた、そして目下に對しては、嚴しき無口を守つてゐたやうに思はれる。神官のいかめしい事は誰も知つて居る、それから數百年間孔子の教の嚴肅なる事は種々の役人の儀容禮節によく見えてゐた。昔から貴族は更に一層の無口を裝ふてゐたそして位に伴ふいかめしさは次第に階級の上位に達する程濃厚になつて、遂に、何人も見てはならない天子樣の畏れ多い周圍の處まで達してゐた。しかし私的生活に於ては如何に高位の人の行狀にもそれぞれ愛想のよいくつろぎがあつた、そして今日でも、お話しにならぬ程近代化して居る人の多少の例外はあるが、貴族、判事、高僧、尊い大臣、將校、何れも勤めの合間に、家では古への丁寧な愛すべき風習に歸るのである。

 會話を明るくする微笑は、それ自身では丁寧な禮儀の一箇條に過ぎない、しかしその微笑が表はして居る精神はたしかにその大部分をなして居る。讀者がもし凡ての點に於て眞に日本人であり、又その性格は新しい利己主義と外國の影響とに感化されないで居る教養ある日本人の友人をもつてゐたら、讀者は多分その友人から全日本の社會的特性、その友人の場合に於て美妙に強くなり又磨かれた特性、を學ぶ事を得よう。讀者はその友人は、きまって、自分の事は決して云はない事、そして細かい個人的質問に對して、感謝の丁寧なお辭儀と共にできるだけ曖昧に、できるだけ曖昧に答へる事を認めよう。しかしそれに反して、君については澤山の質問をするであらう、君の意見、君の考、君の日常生活の些細なる話までも、その友人に取つては深い興味があるやうに見える、そして君はその友人が君に關して聞いた事は何事も忘れない事に氣のつく場合が多分あらう。しかし彼の親切な好奇心にも又彼の注意にさへも、或嚴重な境がある、彼は不快な、或は痛ましい事に決して云ひ及ぶ事はない、そしてもし君に風變りな處や或は一寸した弱點などあれば、そんな事は見ないふりをするであらう。君の前で君を賞める事は決してない、しかし嘲つたり批評がましい事は決してしない。實際君は彼が決して人を批評する事はしない、只結果に表はれた行爲だけを批評する事が分る。個人的助言者として、彼は自分の賛成しない計畫を直接に批評する事さへしない、ただ何かこんなやうな用心深い言葉で新しい計畫を云つて見る方である、『こんな風にする方が或は君の直接の利益にかへつてなりはしないだらうか』他人の事を餘儀なく云ふ時は、彼はその人の事を一枚の繪をつくる程に充分に特色のある事件を引出して結び合せて、不思議にもつて廻つた風に云ひ及ぶ。しかしその場合に、話された事件は殆んど必ず人の興味をひいて好もしい印象を起す性質の物である。話を傳へるこの間接の方法は眞に孔子の方法である。『たとへ信じて疑はなくとも、自分の云ふ事を自分の意見らしく見えないやうにせよ』と禮記【譯者註二】に出て居る。それから君はその友人に、それを理解するには支那の古代文學の多少の智識を要するやうなその外澤山社會的特性のあるのに氣がつく事は充分ありさうである。しかし彼の他人に對する丁寧なる思慮と念入りに自我を征服して居る事を君が知るためには別にそんな知識も必要でない。他の如何なる文明人種の間にも、日本人の間に於ける程、人生の幸福の祕訣がそれ程充分に會得されて居る處はない、人生に於ける私共の幸福は私共の周圍の人々の幸福如何によらねばならない、隨つて私共の心に無我と忍耐の修養如何によらねばならないと云ふ眞理が如何なる人種に於てもそれ程博く理解されて居る處はない。その理由によつて、日本の社會には、諷刺、反語、殘酷な機智を弄すると云ふ事はない。上品な社會にはそれ等は存在しないと云ふ事も大方できよう。個人的失敗は嘲りや非難の目的とはされない、風變りは惡口のたねとされない、無意識のまちがひは笑を招かない。

 古風の支那の保守主義によつて幾分固くなつたために、この倫理系統は人の思想を固定させると云ふ極端まで行つて、しかも個性を犧牲にして支へられて居る事は事實である。それでも、もし社會的必要の一層博大なる理解によつて調節されたら、もし智力的進化に必要なる自由を學術的に了解する事によつて擴げられたら、正しくこの道德方針はそれによつて最も高き又最も幸福な效果の得らるべき方針である。しかし實際行はれた處ではそれは獨創力のためにはならなかつた。むしろ今も行はれて居るが意見や想像の温良なる平凡と云ふ事を強くする傾向があつた。それ故内地に住んで居る外國人は時々西洋生活のもつと大きな樂しみと苦しみ、それからもつと博大な同情のある鋭い、常規を逸した不平等(フビヤウダウ)を望まざるを得ない。しかしこれは只時々である、それは智力上の損失は社會的美點によつて全く十二分に償はれるからである。そして日本人を幾分しか了解しない人の心にも日本人はその間に入つて生活するにはやはり世界最良の人種であるとの考が疑もなく殘るのである。

 

    譯者註二。『直而勿有』を James Legge がかく譯した。

 

[やぶちゃん注:「『冷笑』」原文のsourire figéはフランス語で、“sourire は「微笑する」という動詞、“figé”は形容詞で「動かない」「凍えた」の意であるが、連語で男性名詞である。
 
「『たとへ信じて疑はなくとも、自分の云ふ事を自分の意見らしく見えないやうにせよ』と禮記に出て居る」「『直而勿有』を
James Legge がかく譯した」これは、「禮記(らいき)」の「曲禮(きよくらい)」の「上」に、

   *

賢者狎而敬之、畏而愛之。愛而知其惡、憎而知其善。積而能散、安安而能遷。臨財毋苟得、臨難毋苟免。很毋求勝、分毋求多。疑事毋質、直而勿有。

   *

と出るのに基づく。自在勝手に訓読する。

   *

賢者は狎(な)れ而(しか)も之に敬し、畏(おそ)れて而も之(これ)を愛しす。愛して而もその惡を知り、憎みて而もその善を知る。積みて而も能(よ)く散じ、安きに安じて而も能く遷(うつ)る。財に臨みては苟も得んとすること毋(なか)れ、難に臨みて苟も免れんとすること毋れ。很(あらそ)ひには勝たんことを求むること毋れ、分(わか)つには多からんことを求むること毋れ。疑事は質(ただ)すこと毋かれ、直(ちょく)にして而も有(いう)すること勿かれ。

   *

「疑事毋質、直而勿有」の箇所は「ある対象に疑いを覚えても、それを直ちにあからさまに厳しく糾弾してはならない、そしてそれに率直な感懐を述べる際には、決して独りよがりの独善に陥って自己主張に堕してはならない。」の謂いか。「James Legge」はイギリスの宣教師で中国学者ジェームズ・レッグ(中国語名/理雅各 一八一五年~一八九七年)のこと。当初、“An-glo-Chinese College”(英華書院)院長としてホンコンに住んだが、後にオックスフォード大学の中国学教授となった。儒教や道教の経典の古典的英訳を行なったほか、「仏国記」(東晋の西域インド求法僧法顕による旅行記)や「大秦景教流行中国碑」(明末に長安の崇聖寺の境内で発掘された古碑でキリスト教ネストリウス派(景教:後にアッシリア東方教会が継承)の教義や中国への伝来などを刻してある。唐の七八一年に中央アジア出身の修道士伊斯(いし:マル・イズドブジド。長安での景教の司祭にして副僧正。中国に於ける最初のキリスト教伝道者の一人)が建立、碑文は景浄(唐の長安義寧坊にあった大秦寺の景教僧で本名は Adam 。中国語に通じ、勅命により景教の経典三十種を漢訳したり、また仏教経典の漢訳を助けたりした)のよるもの。古代キリスト教関連古碑として世界的に有名なもので、現在は西安碑林博物館蔵)の訳も完成している。]

 

 

.

   But the Japanese smile must not be imagined as a kind of sourire figé, worn perpetually as a soul-mask. Like other matters of deportment, it is regulated by an etiquette which varies in different classes of society. As a rule, the old samurai were not given to smiling upon all occasions; they reserved their amiability for superiors and intimates, and would seem to have maintained toward inferiors an austere reserve. The dignity of the Shinto priesthood has become proverbial; and for centuries the gravity of the Confucian code was mirrored in the decorum of magistrates and officials. From ancient times the nobility affected a still loftier reserve; and the solemnity of rank deepened through all the hierarchies up to that awful state surrounding the Tenshi-Sama, upon whose face no living man might look. But in private life the demeanor of the highest had its amiable relaxation; and even to-day, with some hopelessly modernized exceptions, the noble, the judge, the high priest, the august minister, the military officer, will resume at home, in the intervals of duty, the charming habits of the antique courtesy.

   The smile which illuminates conversation is in itself but a small detail of that courtesy; but the sentiment which it symbolizes certainly comprises the larger part. If you happen to have a cultivated Japanese friend who has remained in all things truly Japanese, whose character has remained untouched by the new egotism and by foreign influences, you will probably be able to study in him the particular social traits of the whole people,— traits in his case exquisitely accentuated and polished. You will observe that, as a rule, he never speaks of himself, and that, in reply to searching personal questions, he will answer as vaguely and briefly as possible, with a polite bow of thanks. But, on the other hand, he will ask many questions about yourself: your opinions, your ideas, even trifling details of your daily life, appear to have deep interest for him; and you will probably have occasion to note that he never forgets anything which he has learned concerning you. Yet there are certain rigid limits to his kindly curiosity, and perhaps even to his observation: he will never refer to any disagreeable or painful matter, and he will seem to remain blind to eccentricities or small weaknesses, if you have any. To your face he will never praise you; but he will never laugh at you nor criticize you. Indeed, you will find that he never criticizes persons, but only actions in their results. As a private adviser, he will not even directly criticize a plan of which he disapproves, but is apt to suggest a new one in some such guarded language as: 'Perhaps it might be more to your immediate interest to do thus and so.' When obliged to speak of others, he will refer to them in a curious indirect fashion, by citing and combining a number of incidents sufficiently characteristic to form a picture. But in that event the incidents narrated will almost certainly be of a nature to awaken interest, and to create a favorable impression. This indirect way of conveying information is essentially Confucian. 'Even when you have no doubts,' says the Li-Ki, 'do not let what you say appear as your own view.' And it is quite probable that you will notice many other traits in your friend requiring some knowledge of the Chinese classics to understand. But no such knowledge necessary to convince you of his exquisite consideration for others, and his studied suppression of self. Among no other civilized people is the secret of happy living so thoroughly comprehended as among the Japanese; by no other race is the truth so widely understood that our pleasure in life must depend upon the happiness of those about us, and consequently upon the cultivation in ourselves of unselfishness and of patience. For which reason, in Japanese society, sarcasm irony, cruel wit, are not indulged. I might almost say that they have no existence in refined life. A personal failing is not made the subject of ridicule or reproach; an eccentricity is not commented upon; an involuntary mistake excites no laughter.

   Stiffened somewhat by the Chinese conservatism of the old conditions, it is true that this ethical system was maintained the extreme of giving fixity to ideas, and at the cost of individuality. And yet, if regulated by a broader comprehension social requirements, if expanded by scientific understanding of the freedom essential to intellectual evolution, the very same moral policy is that through which the highest and happiest results may be obtained. But as actually practiced it was not favorable to originality; it rather tended to enforce the amiable mediocrity of opinion and imagination which still prevails. Wherefore a foreign dweller in the interior cannot but long sometimes for the sharp, erratic inequalities Western life, with its larger joys and pains and its more comprehensive sympathies. But sometimes only, for the intellectual loss is really more than compensated by the social charm; and there can remain no doubt in the mind of one who even partly understands the Japanese, that they are still the best people in the world to live among.

« 特別に僕の恋人の写真を…… | トップページ | 俺は »