フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(19) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (二十一) »

2015/12/03

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(20) モース先生、松浦竹四郎を訪ねる


M727_5

図―727

M728_2

図―728

 

 かなり有名な古物蒐集家松浦竹四郎を訪問したところが、非常に親切にむかえてくれた。彼は最近、古物に関する二巻の、全紙二つ折の本を出版し、それには彼の蒐集中の貴重な品物の素晴しい絵が入っている。私は、大学の副総理服部氏の紹介状を持って行った。召使いが箱をいくつか持ち出すと、松浦氏は大きな束になっている鍵で、それ等の箱をあけた。鍵には一つ一つ、象牙の札がついている。彼が箱をあけている最中、下女が物立台を三個持って来て、それを床間に置いた。彼はそこで長い糸を通した玉――それは主としてコンマ形の石である曲玉(まがたま)、その他の石英、碧玉、及び他の鉱物でつくったもの――を取り出し、それを物立台にかけた(図727)。それ等の多くは非常に古く、大部分日本のもので、そしてすべて模糊たる歴史的過去時代に属する。これ等は皆埋葬場や洞窟から発掘されたので、中には土器の壺の中で発見されたのもある。曲玉は、南方琉球諸島から北日本にまで散布している。松浦氏は、曲玉が蝦夷や支那で発見されたことは聞いたことが無いが、支那では別種の石製の玉が発見される。彼はこれ等の品物の、日本一の蒐集を持っているので、小シーボルトの『日本の古物』に出ている材料は、すべて松浦竹四郎の蒐集から絵をかいたものである。彼はまだ曳出(ひきだし)に沢山の玉を持っている。私はその若干を写生した(図728)。

[やぶちゃん注:「松浦武四郎」(文化一五(一八一八)年~明治二一(一八八八)年)は好古家で蝦夷地を探査して「北海道」という名前も考案した人物。彼は安政二(一八五五)年に幕府の「蝦夷御用御雇」に抜擢されて蝦夷地を正式に踏査し(二度目。最初は私的な踏査であったが、アイヌの人々とも親しく接し、その探査は択捉島や樺太にまで及んでいる)、明治二(一八六九)年には新政府の開拓判官となるも、翌明治三年に開拓使及び新政府のアイヌ融和政策を批判して辞職した。なお、モースは彼の名を“Matsura Takashiro”と綴っている。

「古物に関する二巻の、全紙二つ折の本」明治一〇(一八七七)年刊の二巻からなる撥雲余興つうきょう)」か?(リンク先は国立国会図書館近代デジタルライブラリー)。

「大学の副総理服部氏」既出既注の服部一三(はっとりいちぞう 嘉永四(一八五一)年~昭和四(一九二九)年)モース初来日の明治一〇(一八七七)年には浜尾新とともに法理文三学部綜理補であった(予備門主幹を兼任)が、ウィキの「服部一三によれば、この明治一五(一八八二)年当時は『東京大学幹事』であったとある(この「幹事」職なる者の職掌は私にはよく判らないが、ともかくも総理・副総理・総理心得・総理補助・幹事の四職四人が当時の東京大学首脳であった)。

「小シーボルト」原文は“younger Siebold”。かのドイツの医師で博物学者のフィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold 一七九六年~一八六六年)の次男であり、オーストリア(ドイツ出身であるが、後に外交官としての功績が認められてオーストリア=ハンガリー帝国の国籍を得た)の外交官で考古学者でもあったハインリヒ・フォン・シーボルト(Heinrich von Siebold 一八五二年~一九〇八年)のこと。ウィキの「ハインリヒ・フォン・シーボルト」によれば(アラビア数字を漢数字に代え、記号の一部を変更・省略した)、二度の来日を終え、三度目の『来日を準備する父の研究資料整理を手伝ったことで、ハインリヒは日本に強い興味と憧れを覚え』とある。『父の死により、親子揃っての来日は叶わなかったが、父が幕府外交顧問として再来日した際に同行し、父の帰国後も日本での職務についていた』兄アレクサンダー・ゲオルク・グスタフ・フォン・シーボルト(Alexander George Gustav von Siebold 一八四六年~一九一一年)『が徳川昭武使節団に同行し帰国。その兄の再来日に同行して一八六九年(明治二年)初来日を果たす。日本では兄と共に諸外国と日本政府との条約締結などの職務に着手、その合間に父の手伝いする中で学んだことを活かし様々な研究活動を始める』。『勤務先となったオーストリア=ハンガリー帝国公使館では通訳、書記官を経て代理公使を務め、後にその功績を称えられて同国の国籍を得る』。『日本が初の正式参加となったウィーン万国博覧会では、政府の依頼により出品の選定に関わり、同万博には通訳としても帯同、シーボルト兄弟が関わった日本館は連日の大盛況で、成功を収める。その際に選定に共に関わった町田久成、蜷川式胤らとはその後も親交を続けた』。『彼らとは好古仲間として、幾度も古物会を開催し、参加者の中には九代目市川團十郎などもその名を並べた。この頃の日本ではいわゆる考古学という学問が成立をしておらず、ただ古物愛好家達が珍品を収集、交換し、それぞれの品に特別な名前をつけて楽しんでいる程度であったが、蜷川たちはここでハインリヒと交流することで当時最先端であった欧州の考古学を学び、またハインリヒはここで彼らとより先史時代の遺物の名称や、どこに遺跡があるかなどを学んだ』。彼は『日本橋の商家の娘岩本はなと結婚し、二男一女を儲けるが長男はハインリヒがウィーン万国博覧会に帯同中に夭折。その際の夫婦のやり取りを綴った手紙は子孫である関口家に保存されている(二〇〇八年、ハインリヒの没後百年に開かれた記念展で公開された)。その手紙には我が子を失った悲しみと共に、当時共に暮らしていた異母姉楠本イネに対して、憔悴しきっているであろう愛妻はなへの心配も綴られている』。『その後、生まれた男子・於菟(オットー)は日本画家を目指し、岡倉覚三(天心)らの開いた上野の東京美術学校に見事一期生として合格するが、創作活動の中、体調を崩して二十五歳の若さで没した』。『ハインリヒの妻、岩本はなは芸事の達人としても知られ、長唄、琴、三味線、踊りも免許皆伝の腕前であったと言われる。当時学習院の院長であった乃木希典はその宿舎主一館の躾け担当として若くして子供を亡くしたはなを指名することとなる。また後には福沢諭吉の娘の踊りの師匠も務めた。ハインリヒの娘の蓮もその指導を受け、長唄の杵屋流、琴の生田流の免許皆伝を受けている』。その後、晩年になって『重病を患ったハインリヒは、公使館の職を辞して帰国』し、『南チロル地方フロイデンシュタイン城にてその生涯を終え』た。以下、ハインリヒが日本に残した功績について一項があり、『日本において、ハインリヒが残した功績は数多い。兄が父の外交的才能を受け継いだのに対し、ハインリヒは父の研究分野においての才能を色濃く受け継いだ』。『考古学の分野においては、大森貝塚を始め多くの遺跡を発掘。考古説略を出版し日本に始めて考古学という言葉を根付かせた。エドワード・S・モース博士との大森貝塚発掘、アイヌ民族研究などの競い合いは日本の考古学を飛躍的に発展させた。しかし、一八七八年から一八七九年に日本での考古学的活動を終えている』。『兄と共に、父の大著「日本」の完成作業を行い、当時欧州で人気であった欧州王家の日本観光に随行し、彼らの資料蒐集に関わったことも後のジャポニズムブームの起点にもなった。現在欧州に散らばるシーボルト・コレクションはその数、数万点にも及び、その約半数は小シーボルトこと、ハインリヒの蒐集したものであると言われている』とある(下線やぶちゃん)。

「日本の古物」原文は“Japanese Antiquities”であるが、これがハインリヒ・フォン・シーボルトの著作のどれを指しているのかは不詳である。識者の御教授を乞うものである。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(19) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (二十一) »