フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (二十) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(18) 好古家柏木貨一郎邸訪問 »

2015/12/03

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(17) 「ゆがけ」

M722_723

図―722[やぶちゃん注:上図。]

図―723[やぶちゃん注:下図。]

M724

図―724

 

 葬式が終ると、私は高嶺の家へ急いだ。彼は、私が矢を引く時の手の有様を写生することが出来るように、北国の弓術家を招き、私のために矢を射させることにした。支那人は弓を引くのに拇指環を用いて弦をひっかける。日本人は手首の長い手袋で、指が二本か三本と、大きに厚くした拇指とがついている物を使用する。その底部には弦をひっかける溝があり、革紐によって手袋は手首にしっかりまきつけられる。722、723の両図は、弓を引く時の手の形であり、図724は弓術用の手袋を示す。放射法はかなりむずかしいが、弦を三本の指のさきで引く我々の方法と同様に、力強いものである。

[やぶちゃん注:「拇指環」既出。「ぼしかん」と音読みしておく。原文“a thumb-ring”この単語は「サムリング」と外来語表記し、弓洋弓の弦を引っ掛ける親指保護用の指輪(装具名)である。なお、以下の図に出る和弓に於ける弓を引く際の保護具は「弓懸(ゆがけ)」(「弽」「韘」などとも表記)と呼ばれる鹿革製の手袋状のものである。ウィキの「ゆがけ」によれば、『原則として弓は左手、ゆがけは右手にはめ、弦は親指根に掛けて弓を引くが、その際弦から右手親指を保護するために使う』。これは『日本の射法に合わせて独自に発展した道具で』、『時代ごとの流派や射術、弓射のあり方の変遷に伴い、ゆがけもその時代ごとに改良が重ねられ、現在の形に至る。今日使われているゆがけは中世に武士が使用していたものとは基本的な作りから異なり、一般的には「三ツガケ」あるいは「四ツガケ」と呼ばれる親指(帽子)と手首(控え)が固めてあるものが使用されている』。『ゆがけをはめることを、「ゆがけを挿す」という。原則として「正座をしてゆがけを挿す・外す」「弓射以外の作業を行う際は必ずゆがけを外す」ことが基本的な作法である。ゆがけを挿す際、下に「下ガケ」と呼ばれる木綿等の薄い生地でできた肌着のようなものを付けるが、これは手汗を吸い取り湿気からゆがけを保護するためのもので、手汗をかいた場合はこまめに取り替えるのが好ましい』。『三ツガケは親指・人差指・中指、四ツガケは親指から薬指までを覆い、親指には木(あるいは水牛等の角)を指筒状にくり抜いたものが親指全体を覆うように仕込まれている。さらに親指根から手首部分が固めてあり、ゆがけを挿してカケ紐で手首を適度に巻き締めることにより、手首から親指までは動きの自由度がほとんどなくなる。このため、ゆがけを挿したままでは物をつかむなどの行為が困難になるため、弓射以外の作業を行う際はゆがけを外すことになっている』(モースの「指が二本か三本と、大きに厚くした拇指とがついている物」という叙述は正確にこの「三ツガケ」「四ツガケ」を述べてある)。『ゆがけの親指根には弦が引っかかる程度の浅い段差(弦枕)が付けられており、ここに弦を掛けて三ツガケは中指、四ツガケなら薬指を親指先に掛け、手首に適度なひねりを加えることによって弦は保持される。滑り止めに「ギリ粉(ぎりこ:松脂を煮詰めて乾燥、粉末状に砕いたもの)」を中指から人指し指まで、または薬指から人指し指までと親指先にまぶし、なじませて使用する』。『弓射において、ユガケの作りの良し悪しは行射の良し悪しに直接関わる極めて重要な要素であるとともに、長年使い込まれて射手の手になじんだゆがけは簡単に新調できるものではない。良い作りのユガケは、適切な手入れを行っていれば一生涯もつと言われている。これらのことから、ゆがけは大切に扱うことが大事であるとされるうえ、(言語学的根拠に乏しいが)「カケ、変え」から転じて「かけがえのない」という言葉の語源だと、弓道家の間でしばしば言われている』。「素材」の項。『ゆがけの親指には指筒状にくりぬかれた木、または水牛等の角(総称して「角」と呼ばれる)が入り、控え(手首部分)には牛革が固めのために入っている。親指を角に入れ固めることによって、弦の圧力から親指を保護し、控えを固めることによって手首の負担を軽減、また控えによって機械的なバネの効果を持たせ“離れ”の際に有利に働くようになっている』。『革には原則として鹿革が使用される。これは柔軟性・吸湿性・耐久性・きめが細かく肌触りがよいという点から鹿革が最も適しているためである。まれに装飾目的で別の革が使用される場合もあるが、装飾においても多くは印伝等の鹿革由来のものが使われる』。『鹿革は「燻革(ふすべかわ)」に加工したものを使う。これはなめした鹿革を藁を燃した煙でいぶしヤニを付ける(いぶし染め)ことによって茶色に染めたものだが、いぶし染めを施すことで防菌、防虫効果を高め、また革を柔らかくしている。鹿革をその他の色に染める場合も、いぶし染めを施してから染められている。ゆがけの縫い目は一般的な縫製品に比べ非常に細かく、特に名人とされる弓懸師・弽師(ゆがけし・かけし)の手縫いは精緻を極める』。『鹿革には「大唐(おおとう)」「中唐(ちゅうとう)」「小唐(ことう)」「チビ小唐(ちびことう)」といったグレード分けがされており、大唐は大人、小唐は子鹿と言ったように鹿の年齢からなる。若い革の方がきめが細かく柔らかいためゆがけには最適だが、高価である』。一枚の『鹿の革の中で最適な厚みやきめ、傷の有無など、一番良い所から革を取るため、鹿一頭からは』実に「ゆがけ」一つ分の『革しか取れない。鹿革はすべて中国等外国からの輸入品であるが、近年養鹿業は採算が合わないとして数が減りつつあり、将来的な供給が危ぶまれている』とある。以下、リンク先では「ゆがけ」の各部の詳しい名称と解説が載るので参照されたい。]

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (二十) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(18) 好古家柏木貨一郎邸訪問 »