フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十二) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十四) »

2015/12/01

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十三)

       一三

 

 西郷は一大驚異であつた。見るであらうと期待して居た大きな漁村では無くて、行つて見ると境よも遙かに大きく美しく且つあらゆる點に於てもつと近代的な町であり、立派な商店に充ちた長い街路のある町であり、勝れた公共建物のある町であり、全體の樣子が商業の繁榮を示して居る町であつた。建物の大多數は商人の二階建の手廣い住宅で、物すべてが晴々した新しい觀を呈して居つた。家々の塗(ぬり)がして無い木造部は、まだ黑ずんで灰色になつては居らず、屋根瓦の靑い色はまだ生ま生まして居つた。それはこの町が大火後近い頃建ちなほり、それも前よりか大きい美くしい設計で建ちなほつたからだと知つた。

 西郷は實際よりかも大きく見える。家數は千軒ばかり、それは西部日本のどんな地方に於ても少くとも五千の人口を意味するのであるが、西郷ではそれよりも餘程多くの人口を意味するに相違無い。千軒ばかりのこの人家が三つの長い街路、ニシマチ、ナカマチ、ヒガシマチ(それぞれ西町、中町、東町といふ意味の名)を成してゐて、それを數多くの横丁と路次が區分して居る。此處を不釣合なほど大きく見せるのは、その街路が妙に捩ぢれて居るからで、海岸の不規則な出入に隨いて曲つて、重なり合ひさへもして居て、或る地點から眺めると、在りもせぬ深さがあるやうに思はせるからである。それは西郷は、結構な地位ではあるけれども、奇態な地位に在るからである。八尾(やび)川といふ川の河口に近くその兩岸を綠取つて居て、その上に色んな出張つた陸地へ延び出して居るほかに又その見事な入江の内側の大部分に沿うて擴がつて居るのである。が、外觀よりか小さくはあるけれども、その蛇とうねうねし居る街路を皆んな歩くのはたつぷり半日仕事である。

 八尾川で區分されて居るほかに、此町は橋が澤山に架つて居るいろんな水路で切斷されて居る。背復の丘陵には大きな建物が數々立つて居て、そのうちには三百の生徒を容れる設備のある小學校があり、富裕な或る市民の寄進に係る(ま新しい)綺麗な佛寺が一宇あり、監獄があり、大ささの割には隱岐どころか島根縣中での一番美くしい日本建築だといふ評判に背かぬ病院があり、また小さくはあるが甚だ立派な庭園が數々ある。

 港はといふと、夏の日なんかは、船の碇泊して居るのを三百以上數へることが出來る。 不平家は、殊に今なほ木の錨を用ひて居るやうな種類の不平家は、深いと言つて零す。が、軍艦は何んとも言はぬ。

 

[やぶちゃん注:「大火」sabasaba13氏のブログ「散歩の変人の「隠岐編(12):大城遺跡(10.9)」に、ハーン来訪の四年前の明治二一(一八八八)年に水害を伴う大火があり、『大きな被害が出た』とある。

「ニシマチ、ナカマチ、ヒガシマチ(それぞれ西町、中町、東町といふ意味の名)」前条の注で示した通り、ハーン来訪の十三年前の明治一二(一八七九)年一月十二日に郡区町村編制法の島根県での施行によって行政区画としての周吉郡が発足した際、それまでの「西郷港町」は分割され、「西町」「中町」「東町」となっていた。

「小學校」現在の隠岐の島町西町大城にある西郷小学校。

「佛寺」現在、西郷には複数の寺院があるが、私には特定出来ない。]

 

 

ⅩⅢ.

   Saigo was a great surprise. Instead of the big fishing village I had expected to see, I found a city much larger and handsomer and in all respects more modernized than Sakai; a city of long streets full of good shops; a city with excellent public buildings; a city of which the whole appearance indicated commercial prosperity. Most of the edifices were roomy two story dwellings of merchants, and everything had a bright, new look. The unpainted woodwork of the houses had not yet darkened into grey; the blue tints of the tiling were still fresh. I learned that this was because the town had been recently rebuilt, after a conflagration, and rebuilt upon a larger and handsomer plan.

  Saigo seems still larger than it really is. There are about one thousand houses, which number in any part of Western Japan means a population of at least five thousand, but must mean considerably more in Saigo. These form three long streets,— Nishimachi, Nakamachi, and Higashimachi (names respectively signifying the Western, Middle, and Eastern Streets), bisected by numerous cross-streets and alleys. What makes the place seem disproportionately large is the queer way the streets twist about, following the irregularities of the shore, and even doubling upon themselves, so as to create from certain points of view an impression of depth which has no existence. For Saigo is peculiarly, although admirably situated. It fringes both banks of a river, the Yabigawa, near its mouth, and likewise extends round a large point within the splendid bay, besides stretching itself out upon various tongues of land. But though smaller than it looks, to walk through all its serpentine streets is a good afternoon's work.

   Besides being divided by the Yabigawa, the town is intersected by various water-ways, crossed by a number of bridges. On the hills behind it stand several large buildings, including a public school, with accommodation for three hundred students; a pretty Buddhist temple (quite new), the gift of a rich citizen; a prison; and a hospital, which deserves its reputation of being for its size the handsomest Japanese edifice not only in Oki, but in all Shimane-Ken; and there are several small but very pretty gardens.

  As for the harbor, you can count more than three hundred ships riding there of a summer's day. Grumblers, especially of the kind who still use wooden anchors, complain of the depth; but the men-of-war do not.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十二) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (十四) »