フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十七章 サヤウナラ (三) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十七章 サヤウナラ (五)/「知られぬ日本の面影」本篇~了 »

2015/12/23

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十七章 サヤウナラ (四)

       四

 

 が、自分は彼等を再び見るの愉快を有たぬであらう。彼等は總て遙か遠くへ行つて居る――或る者は彼(あ)の世へ。でも自分が師範學校でのその送別宴會に出席してからたつた四日經つ!或る殘酷な天降がその門を鎖ぢその生徒を國内に四散させたのである。

 二た晩前に、支那船が日本へ齎らしたと想はるゝ虎列拉がこの市の方々に、しかも、あるが中にも師範學校内にも發生した。それに襲はれてから問も無く絶命した生徒と教師が數人もあり、今も生死の境を彷徨して居るものが少からぬ。他の者共はその温泉で有名な玉造といふ健康地の小村へ行軍して行つた。が、其處でも虎列拉がまた彼等の間に發生したので、生存者をそれぞれその家庭へ解散することに決定された。何の周章も無かつた。軍隊風の規律は依然として破られずに居た。教師も生徒もその位置に居て斃れた。その大きな枚舍は醫務當局者が管理を引受けて、今なほ消毒衞生の事業を行うて居る、恢復期にある者と大體なサムラヒ校長齋藤熊太郎とだけ殘つて居る。總ての人の生命安全と見るまで沈み行く己が船を去るを潔しとせざる船長の如くに、校長は危險の中心に蹈止つて、病める生徒を看護し、衞生事業を監督し、部下の者は危難の初の一刻に迅速に立ち去らせたので常はその數多い部下に委せる事務一切を躬ら處理して居る。彼は生徒が二人助かつたのを見て喜んで居る。

 今一人の生徒で昨夜葬られたのに就いて自分は斯んな話を聞く。死ぬるほん少し前、それも最も親切なる反對を推して、その生徒は校長が己が病床に近寄るのを見ると、臂を突いて起きて軍隊式の敬禮を行ふ體力を見出した。そして雄々しい人に對してのその雄々しい挨拶と共に彼は大なる沈默へ入つて行つたと。

 

[やぶちゃん注:「自分が師範學校でのその送別宴會に出席してからたつた四日經つ」明治二四(一八九一)年十一月十四日。既に述べた通り、ハーンが松江を発つ前日である。

「虎列拉」「コレラ」。既注。幾つかの資料を管見したが、この折りの島根でのコレラ流行の記録物は発見出来なかった。

「健康地の」原文“healthy”。コレラ感染者が出ていないという謂いと思われる。

「周章」「しうしやう(しゅうしょう)」慌(あわ)てふためくこと。周章狼狽。

「教師も生徒もその位置に居て斃れた」原文“Students and teachers fell at their posts.”。「教師達も生徒達も、その彼等の出先で斃れた」の謂いである。

「齋藤熊太郎」詳細事蹟は不詳であるが、ウィキの「根師範学校(後身)で島根県尋常師範学校校長を明治二三(一八九〇)年八月五日より明治二九(一八九六)年六月十一日まで勤めていることが判る。即ち、ハーン着任時(明治二十三年九月)からの校長であるから、懇意の人物であったものと思われ、ここの記載もそうした侍校長へのオマージュが強く感じられる。

「躬ら」「みづから(みずから)」。自ら。]

 

 

.

   But I shall not have the pleasure of seeing them again. They are all gone far away some to another world. Yet it is only four days since I attended that farewell banquet at the Normal School! A cruel visitation has closed its gates and scattered its students through the province.

   Two nights ago, the Asiatic cholera, supposed to have been brought to Japan by Chinese vessels, broke out in different parts of the city, and, among other places, in the Normal School. Several students and teachers expired within a short while after having been attacked; others are even now lingering between life and death. The rest marched to the little healthy village of Tamatsukuri, famed for its hot springs. But there the cholera again broke out among them, and it was decided to dismiss the survivors at once to their several homes. There was no panic. The military discipline remained unbroken. Students and teachers fell at their posts. The great college building was taken charge of by the medical authorities, and the work of disinfection and sanitation is still going on. Only the convalescents and the fearless samurai president, Saito Kumataro, remain in it. Like the captain who scorns to leave his sinking ship till all souls are safe, the president stays in the centre of danger, nursing the sick boys, overlooking the work of sanitation, transacting all the business usually intrusted to several subordinates, whom he promptly sent away in the first hour of peril. He has had the joy of seeing two of his boys saved.

   Of another, who was buried last night, I hear this: Only a little while before his death, and in spite of kindliest protest, he found strength, on seeing his president approaching his bedside, to rise on his elbow and give the military salute. And with that brave greeting to a brave man, he passed into the Great Silence.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十七章 サヤウナラ (三) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十七章 サヤウナラ (五)/「知られぬ日本の面影」本篇~了 »