フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十五章 幽靈と化け物について (五) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十五章 幽靈と化け物について (七)/ 第二十五章~了 »

2015/12/14

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十五章 幽靈と化け物について (六)

       六

 

 武士と鬼のこのまぼろしは金十郎に一つ妙な話を思ひ出させた、それを幻燈がすむと同時に語り出した。こんな見世物のあとでは、どんなに物凄い話でも平凡になり易い、しかし金十郎の話は、殆んどどんな場合にでも、それを語るだけの價値がある程いつも奇拔な物である。今それで私は寒さを忘れて熱心にそれを聞いた、――

 

 『昔、昔、妖怪や女に化けた狐がこの國に出た頃、兩親と共に都へ來た武士の娘があつた、大層綺麗で見る程の男は皆心を奪はれた。それで數百人の若い侍(さむらひ)が彼女と結婚する事を望んで、その兩親にこの事を申込んだ。日本では結婚は兩親によつて取りきめられるのが習慣であつたから。しかし凡ての習慣に例外がある。この少女の場合もそんな例外であつた。彼女の兩親は、娘に自分の夫を選ぶ事を許すつもりである事、それから彼女を得ようと思ふ者は彼女に直接申込む事勝手たるべき事を宣言した。

 高位高官の人や大金持の人が澤山求婚者として、その家に入る事を許された、銘々その得意な方法で彼女の愛を得ようとした、――贈物をもつてする者、甘言をもつてする者、彼女を讃美する歌をもつてする者、永久に變らない誓約をもつてする者、色々であつた。銘々に彼女は程よく又見込みのありさうな返事をした、しかし彼女は妙な條件をもち出した。どの求婚者にも武士としての名譽の言䈎に誓つて、彼女は固く約束させた、それは求婚者が彼女に對する愛情の試驗をうけて、さてその試驗の如何なる物であるかは何人にも決して洩らさない事であつた。そこでこれには誰も異存はなかつた。

 ところが最も自信のある求婚者でも試驗を受けてからは、突然その懇願を止めた、さうして皆、何か非常に恐怖した事があるらしかつた。實際その町から逃げ出して友人からどれ程歸る事を勸められても承知しない者も、僅かではなかつた。しかし何人もその理由を暗示するだけの事をした者もなかつた。それでその祕密を何にも知らない人々はその綺麗な少女は妖狐か鬼女かに違ひないとささやいてゐた。

 さて、高位高官の求婚者達が皆その申込みを捨てた頃に、刀の外に何一つ財産のない武士が現れた。善良にして義に篤い、それから愛想のよい男であつた、女の方でも好きであつたらしい。それでも彼女はやはり外の人と同じやうに誓はせた、そのあとで或晩再び來て貰ふ事を約束した。

 その晩になると、彼はその家でその少女だけに迎へられた。人手を借らないで自分ひとりで彼の前へ食膳を運んで接待した、それからおそくなつて一緒に出かけようと云つた。彼は喜んで承諾して、何處へ行きたいかと尋ねた。この問に對して彼女は何の答もしないで、突然默り込んで、やうすが變になつた。暫らくして彼女は彼をひとり置いてその部屋から退いた。

 眞夜中すぎて餘程たつてから漸く女は戻つた、幽靈のやうに眞白の裝束をして、一言も物を云はないで、彼女のあとから來るやうに合圖した。全市が眠つて居る間に家を出て二人は急いだ。所謂『朧月夜』であつた。いつもこんな夜に幽靈が出ると云はれる。女は足早に案内した、女が足早に通る時、犬が吠えた、町を離れて大きな樹の影になつて居る小さい丘のある場所に達した、そこには古い墓地があつた。そこへ女は――白い影が暗黑の中へ――すつと入つた。不思議に思ひながら彼は續いた、刀に手をかけながら。それから彼の眼はその暗黑に慣れて、そして見えて來た。

 新しい墓の側で女は止まつて、彼に待つやうに合圖した。墓掘りの道具は未だそこに置いてあつた。それを一つ取つて女は不思議な早さと力で必死になつて掘り始めた。たうとう女の鍬が棺の蓋に當つてブーンと音がした、すぐ新しい白木の棺が露出した。蓋を破つて、その中の死骸――子供の死骸――を出した。お化けのやうな身振で死體の腕を一本もぎ取つて、二つに折つた。そこで坐つて、上の方の半分を喰べ出した。それからあと半分を彼女の愛人の前に投げて『私を愛するとおつしやるなのなら、これをめし上れ、これが私の喰べ物です』と叫んだ。

 ただ少しのためらひもなく、彼は墓の向側に坐つて、腕の半分を喰べた、それから『結構、どうかもう少し下さい』と云つた。その腕は京都製の最上等の菓子でできたものであつたから。

 その時少女はふき出して跳び上つて叫んだ、『私の勇敢な求婚者のうち、逃げ出さない者はあなただけでした。私は恐れない夫がほしかつた。私あなたとなら結婚します、あなたなら愛します、あなたこそ男です』

 

[やぶちゃん注:実は、底本末の本章の訳者と思われる田部隆次氏の後書きによれば、この「六と次の「七」に現われる、この二つの怪談話(この「六」は実際には擬似怪談であるが)は『共に夫人の話した松江の物であつた』とある。さればこそ、この冒頭の「しかし金十郎の話は、殆んどどんな場合にでも、それを語るだけの價値がある程いつも奇拔な物である。今それで私は寒さを忘れて熱心にそれを聞いた」とあるのは、さりげない密かなセツへのオマージュなのである。なお、私は本話の原話について不学にして知らない。識者の御教授を乞うものである。]

 

 

.

   The vision of the samurai and the goblin reminded Kinjurō of a queer tale, which he began to tell me as soon as the shadow-play was over. Ghastly stories are apt to fall flat after such an exhibition; but Kinjurō's stories are always peculiar enough to justify the telling under almost any circumstances. Wherefore I listened eagerly, in spite of the cold:

 

   'A long time ago, in the days when Fox-women and goblins haunted this land, there came to the capital with her parents a samurai girl, so beautiful that all men who saw her fell enamoured of her. And hundreds of young samurai desired and hoped to marry her, and made their desire known to her parents. For it has ever been the custom in Japan that marriages should be arranged by parents. But there are exceptions to all customs, and the case of this maiden was such an exception. Her parents declared that they intended to allow their daughter to choose her own husband, and that all who wished to win her would be free to woo her.

   'Many men of high rank and of great wealth were admitted to the house as suitors; and each one courted her as he best knew how,— with gifts, and with fair words, and with poems written in her honor, and with promises of eternal love. And to each one she spoke sweetly and hopefully; but she made strange conditions. For every suitor she obliged to bind himself by his word of honor as a samurai to submit to a test of his love for her, and never to divulge to living person what that test might be. And to this all agreed.

   'But even the most confident suitors suddenly ceased their importunities after having been put to the test; and all of them appeared to have been greatly terrified by something. Indeed, not a few even fled away from the city, and could not be persuaded by their friends to return. But no one ever so much as hinted why. Therefore it was whispered by those who knew nothing of the mystery, that the beautiful girl must be either a Fox-woman or a goblin.

   'Now, when all the wooers of high rank had abandoned their suit, there came a samurai who had no wealth but his sword. He was a good man and true, and of pleasing presence; and the girl seemed to like him. But she made him take the same pledge which the others had taken; and after he had taken it, she told him to return upon a certain evening.

   'When that evening came, he was received at the house by none but the girl herself. With her own hands she set before him the repast of hospitality, and waited upon him, after which she told him that she wished him to go out with her at a late hour. To this he consented gladly, and inquired to what place she desired to go. But she replied nothing to his question, and all at once became very silent, and strange in her manner. And after a while she retired from the apartment, leaving him alone.

   'Only long after midnight she returned, robed all in white,— like a Soul,— and, without uttering a word, signed to him to follow her. Out of the house they hastened while all the city slept. It was what is called an oborozuki-yo — 'moon-clouded night.' Always upon such a night, 'tis said, do ghosts wander. She swiftly led the way; and the dogs howled as she flitted by; and she passed beyond the confines of the city to a place of knolls shadowed by enormous trees, where an ancient cemetery was. Into it she glided,— a white shadow into blackness. He followed, wondering, his hand upon his sword. Then his eyes became accustomed to the gloom; and he saw.

   'By a new-made grave she paused and signed to him to wait. The tools of the grave-maker were still lying there. Seizing one, she began to dig furiously, with strange haste and strength. At last her spade smote a coffin-lid and made it boom: another moment and the fresh white wood of the kwan was bare. She tore off the lid, revealing a corpse within,— the corpse of a child. With goblin gestures she wrung an arm from the body, wrenched it in twain, and, squatting down, began to devour the upper half. Then, flinging to her lover the other half, she cried to him, "Eat, if thou lovest me! this is what I eat!"

   'Not even for a single instant did he hesitate. He squatted down upon the other side of the grave, and ate the half of the arm, and said, "Kekkō degozarimasu! mo sukoshi chōdai." [3] For that arm was made of the best kwashi [4] that Saikyō could produce.

   'Then the girl sprang to her feet with a burst of laughter, and cried: "You only, of all my brave suitors, did not run away! And I wanted a husband: who could not fear. I will marry you; I can love you: you are a man!"'

 

3 'It is excellent: I pray you give me a little more.'

4 Kwashi: Japanese confectionery.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十五章 幽靈と化け物について (五) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十五章 幽靈と化け物について (七)/ 第二十五章~了 »