フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(22) 変わった袖垣のある家 | トップページ | 近日二夢 »

2015/12/04

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (二十二)

       二二

 

 隱岐見物に行く餘程以前に、竊盜といふやうな犯罪は、その小群島の人達は知つてゐない、品物を仕舞ひ込んで置く事は未だ嘗て必要と思はれたことが無い、天氣さへ好ければ住民はその家を天つ風に開放して眠る、といふ事を自分は聞いてゐたのであつた。

 ところが注意深い研究の後、この驚くべき叙述は餘程の程度まで眞實であることを知つた。少くとも島前の群島には盜人は一人も居ない、そして、實際に犯罪は一つも無い。三萬〇百九十六人といふ人目のある島前島後全體を取締るのに十人の巡査で充分である。巡査一人々々が數多の村をその監督の下に有つて居て、それを日を決めて規則正しく訪ねるのである。ところが、どんなに長い間そのうちの或る村に居ないでも、それに乘ずる者はあつたためしがないやうである。巡査の仕事は大抵は衞生法規を勵行することと、広告書を書くことに限られて居る。村の者は喧嘩もこれまで殆んどしないのだから、拘引の必要を見ることは減多に無い。

 島後の島だけにはこれまで一寸した竊盜があるので、隱岐のうちでも此處ばかりは盜人に對する用心をする。以前には監獄は無かつたので、竊盜といふことは嘗て耳にしかことはなかつたのである。で、今も島後の者は、そんな罪を犯して此島で拘引された少數の者も隱岐生れの者では無くて、本土から來た他國者だと主張して居る。西郷の港が現時の如き重要な地位を占めないうちは、竊盜は隱岐に無かつたものといふ事は全く眞實らしい。西部日本の全商業が、帝國の他の部分との蒸汽船の交通の迅速な發展の爲め、增進をした。そして西郷港はその新狀態の爲めに、商業上には利する所あつたが、道德上には損したらしく思へるのである。

 でも國法の犯罪は、西郷に於てすら、今なほ驚く許りに少い。西郷には監獄がある。自分がその町に滯在中に其處に入つてゐたものはあつた。が、その在監者は(その如何なる形式のものも日本の國法で嚴禁してある)賭博とか、或はもつと輕い法令に違犯したとかいふやうな輕罪に處せられたものだけであつた。重罪を犯すと、その犯罪者は隱岐では罰しないで、出雲の松江にある大監獄へ送るのである。

 が然し、島前は申分無しの正直といふ古昔ながらの評判を完全に維持して居る。その三つの島のうちでは、人間が記憶して居る範圍内では、盜人はこれ迄一人も無い。また大した口論も無く、喧嘩も無く、どんな人間にも人生を悲慘ならしめることが何一つ無い。土地は未開で荒涼たるものであるが、誰も彼も頗る氣持よく暮して行くことが出來る。食物は廉くて澤山あり、風俗習慣はその原始的單純を保つて居る。

 

 

ⅩⅩⅡ.

   Long before visiting Oki I had heard that such a crime as theft was unknown in the little archipelago; that it had never been found necessary there to lock things up; and that, whenever weather permitted, the people slept with their houses all open to the four winds of heaven.

   And after careful investigation, I found these surprising statements were, to a great extent, true. In the Dōzen group, at least, there are no thieves, and practically no crime. Ten policemen are sufficient to control the whole of both Dōzen and Dōgo, with their population of thirty thousand one hundred and ninety-six souls. Each policeman has under his inspection a number of villages, which he visits on regular days; and his absence for any length of time from one of these seems never to be taken advantage of. His work is mostly confined to the enforcement of hygienic regulations, and to the writing of reports. It is very seldom that he finds it necessary to make an arrest, for the people scarcely ever quarrel.

   In the island of Dōgo alone are there ever any petty thefts, and only in that part of Oki do the people take any precautions against thieves. Formerly there was no prison, and thefts were never heard of; and the people of Dōgo still claim that the few persons arrested in their island for such offences are not natives of Oki, but strangers from the mainland. What appears to be quite true is that theft was unknown in Oki before the port of Saigo obtained its present importance. The whole trade of Western Japan has been increased by the rapid growth of steam communications with other parts of the empire; and the port of Saigo appears to have gained commercially, but to have lost morally, by the new conditions.

   Yet offences against the law are still surprisingly few, even in Saigo. Saigo has a prison; and there were people in it during my stay in the city; but the inmates had been convicted only of such misdemeanors as gambling (which is strictly prohibited in every form by Japanese law), or the violation of lesser ordinances. When a serious offence is committed, the offender is not punished in Oki, but is sent to the great prison at Matsue, in Izumo.

   The Dōzen islands, however, perfectly maintain their ancient reputation for irreproachable honesty. There have been no thieves in those three islands within the memory of man; and there are no serious quarrels, no fighting, nothing to make life miserable for anybody. Wild and bleak as the land is, all can manage to live comfortably enough; food is cheap and plenty, and manners and customs have retained their primitive simplicity.

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(22) 変わった袖垣のある家 | トップページ | 近日二夢 »