フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 梅崎春生「午砲」(附やぶちゃん注)を2016年1月1日に公開予約 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十七章 サヤウナラ (三) »

2015/12/22

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十七章 サヤウナラ (二)

       二

 

 親愛なる先生。――

 先生は私共がこれまで就きました最も善いまた最も情深い教員の一人でありました。先生の最も懇切な授業に依つて獲ました知識に對して私共は衷心御禮を申上げます。我が校の生徒はいづれもせめて三年は御とゞまり下さうことを希望致して居りました。で、先生が九州へ御出のことに御決心になつたと知りました時、私共は皆な悲しさに氣落致したのであります。先生をお止め申す方法が、何か無いかと校長に願ひましたが、それは出來ないことを知りました。今この告別の際私共は私共の感情を言ひ現はす言葉を有ちません。私共は私共の記念の品として日本刀を差上げました。まことにつまらない見つともない物てあります。ただ私共の感謝の印(しるし)として御氣に留めていたゞけるかと考ヘただけであります。私共は先生の最も懇切な授業を決して忘れません。そして私共一同先生が永久に健康で幸福であられんことを願ひます。

  島根縣尋常中學校生徒一同を代表しまして

              大谷正信

 

 我が親愛なる生徒諸君。――

 自分は諸君の贈物を――銀のカラシシがその鞘の上に跳ね躍り、或はその驚くべき欛の絹の紐を通して腹這うて居るあの美しい刀を――どんな感情を以て受取つたか諸君に語ることは出來ぬ。少くとも總てを諸君に語ることは出來ぬ。が、自分は諸君の贈物を見た時、不圖諸君の昔の諺を想ひ浮べた。刀はサムラヒの魂であるといふ諺である。それから、此高雅な記念品のその選擇に諸君は諸君自らの魂の或る物を表象したのであるといふ氣がした。といふのは、我々英國人も亦、刀劔に關した有名な格言や諺を有つてゐる。我々の詩人は立派な刀身を『確かな(トラステイ)』とか『忠實な(トルウ)』とか呼ぶ。そして我々の最善の友をば『あれは鋼(スチイル)の如くに忠實だ』と言ふ。鋼(スチイル)といふのは古い意義での、申分無しの刀の鋼(スチイル)――武士たるものがその鍛へに自己の名譽と自己の生命とを託し得る鋼――といふ意味である。そして丁度そのやうに諸君のこの贈物。それは自分は一生大切に保存するが、諸君のこの絶好な贈物に自分は諸君の眞心と愛情との表象を見出すのである。自分は諸君が諸君の心の裡に、自分がそれを能く能く、知るやうになつた、そして諸君の贈物がこの美はしい徽號として永久に存するであらうところ、彼(か)の寛大と深切と忠實との衝動をば、常に新しく蓄へ居らるゝやうにと希ふのである。

 そしてこれは教師に對する生徒としての諸君の愛情と忠實との徽號であるばかりで無く、諸君の多くが、最も慕はしい願として、自分に作文に書かれた時表明された、あの他の美はしい義務感念、即ち陛下の爲めに、諸君の天皇の爲めに、身命を捧げたいとの願望の徽號でもあるのである。その願望は神聖である。それは諸君に分つて居るよりも恐らくはもつと深い意味を、諸君がもつと年とつてもつと賢くならるゝまでは或は分らぬ深い意味を有つて居る。今の時代は大なるまた迅速なる變化の時代である。諸君の多くは、大きくならるゝと、諸君の祖先が諸君より前に信じて居た事悉くを信ずることは出來なくなることもあらう。尤も自分は、恰も諸君が今猶、諸君の祖先の靈を尊むが如くに、諸君の祖先の信仰を少くとも相變らず常に尊まるゝことを眞實信ずる差るものである。が、新日本の生活が諸君の身邊に如何に多く變らうとも、諸君自らの思想が時世と共に如何に多く變らうとも、諸君が自分に表明したあの尊い願望を諸君の精神から失(な)くならせてはならぬのである。その願望は、諸君の家庭のお宮の前に輝く小さな燈明の炎の如くに、明らかにまた淨らかに、常に燃やして置かなければならぬのである。

 恐らく諸君の或る者はその願望を果たさるゝかも知れぬ。諸君の多くは軍人にならねばならぬのである。士官とならるゝ人もあらう。帝國を海で護るといふ大任の準備に海軍兵學校へ入らるゝ人もあらう。そして諸君の天皇と諸君の國家は諸君の血を要求することすらあるであらう。が然し諸君のうちの大多數は他の途を執る運命を有つて居られて、――或る國家的な大危險、そんな事を日本が知ることは無いと自分は信ずるが、或る國家的な大危險の時を恐らくは除いて――肉體的自己犧牲をさるゝそんな機會は有たれぬかも知れぬ。ところが、それに劣らぬ高尚な、そして軍人でない、官吏でない生活を營んで居て諸君がそれを果し得る今一つの願望がある。それは、國家の爲めに死ぬことは出來んでも、國家の爲めに生きるといふことである。諸君の祖先の最も親切な最も賢明なものの如くに、諸君の政府は、この科學的世紀が與へ得る最前の教育をば、他の如何なる文明國もが同一の利益を與へ得るより遙かに少い費用で受け得られるやう、あらゆる便宜を具へて居る立派な學校を諸君に供給して居る。そしてこれは、諸君の各々をして、諸君の國家をそれが過去に於てあつたよりも一層賢明に一層富裕に一層強大にするのに手傳はしめんが爲めである。そして如何なる實務的家業或は學問的職業にあつても、その家業或は職業の品位を高めまた發達せしむるに最善の力を注ぐ人は如何なる人も、義務で死ぬる陸海軍人に劣らず眞に陛下の爲めにまた國家の爲めにその生命を捧ぐるものである。

 思ふに自分は、諸君が自分の去るを見て悲しむに劣らず、諸君を後にして去るを悲しむものである。自分は日本の學生の心情を知れば知るほど、層一層その國を愛するやうになつた。が然し、自分は松江へ歸ることは無いけれども、諸君の多くに再び會ふことと思ふ。或る方々には今後の夏に何處かで出會うであらうと殆んど確信して居る。或る方々には自分が行かうとして居る官立學校で今一度教へる希望を抱けさへするかも知れぬ。が、再び會はうが會ふまいが、自分の生涯が諸君を知ることによつて一層幸福になつたこと、自分は常に諸君を愛する事、これを信じて貰ひたい。では、諸君の美しい贈物に對して重ねて感謝の意を述べて、左樣なら!

 

[やぶちゃん注:本章の訳者は底本の「あとがき」から本文に送辞が出る大谷正信氏御自身である。大谷氏については何度も注しているが、再掲しておく。英文学者大谷正信(明治八(一八七五)年〜昭和八(一九三三)年)は松江市生まれで底本の共訳者である落合貞三郎同様、松江中学のハーンの教え子で、東京帝大英文科入学後もハーンの資料収集係を勤め、後に金沢の四高の教授などを勤めた(室生犀星は彼の弟子とされ)。また、京都三高在学中に虚子や碧梧桐の影響から句作を始めて子規庵句会に参加、繞石(ぎょうせき)の俳号で子規派俳人として知られる。]

 

 

.

   DEAR TEACHER: You have been one of the best and most benevolent teachers we ever had. We thank you with all our heart for the knowledge we obtained through your kindest instruction. Every student in our school hoped you would stay with us at least three years. When we learned you had resolved to go to Kyūshū, we all felt our hearts sink with sorrow. We entreated our Director to find some way to keep you, but we discovered that could not be done. We have no words to express our feeling at this moment of farewell. We sent you a Japanese sword as a memory of us. It was only a poor ugly thing; we merely thought you would care for it as a mark of our gratitude. We will never forget your kindest instruction; and we all wish that you may ever be healthy and happy.

MASANABU OTANI,   

  Representing all the Students of the Middle School of Shimane-Ken.

 

   MY DEAR BOYS: I cannot tell you with what feelings I received your present; that beautiful sword with the silver karashishi ramping upon its sheath, or crawling through the silken cording of its wonderful hilt. At least I cannot tell you all. But there flashed to me, as I looked at your gift, the remembrance of your ancient proverb: 'The Sword is the Soul of the Samurai.' And then it seemed to me that in the very choice of that exquisite souvenir you had symbolized something of your own souls. For we English also have some famous sayings and proverbs about swords. Our poets call a good blade 'trusty' and 'true'; and of our best friend we say, 'He is true as steel' signifying in the ancient sense the steel of a perfect sword, the steel to whose temper a warrior could trust his honor and his life. And so in your rare gift, which I shall keep and prize while I live, I find an emblem of your true-heartedness and affection. May you always keep fresh within your hearts those impulses of generosity and kindliness and loyalty which I have learned to know so well, and of which your gift will ever remain for me the graceful symbol!

   And a symbol not only of your affection and loyalty as students to teachers, but of that other beautiful sense of duty you expressed, when so many of you wrote down for me, as your dearest wish, the desire to die for His Imperial Majesty, your Emperor. That wish is holy: it means perhaps even more than you know, or can know, until you shall have become much older and wiser. This is an era of great and rapid change; and it is probable that many of you, as you grow up, will not be able to believe everything that your fathers believed before you; though I sincerely trust you will at least continue always to respect the faith, even as you still respect the memory, of your ancestors. But however much the life of New Japan may change about you, however much your own thoughts may change with the times, never suffer that noble wish you expressed to me to pass away from your souls. Keep it burning there, clear and pure as the flame of the little lamp that glows before your household shrine.

   Perhaps some of you may have that wish. Many of you must become soldiers. Some will become officers. Some will enter the Naval Academy to prepare for the grand service of protecting the empire by sea; and your Emperor and your country may even require your blood. But the greater number among you are destined to other careers, and may have no such chances of bodily self-sacrifice, except perhaps in the hour of some great national danger, which I trust Japan will never know. And there is another desire, not less noble, which may be your compass in civil life: to live for your country though you cannot die for it. Like the kindest and wisest of fathers, your Government has provided for you these splendid schools, with all opportunities for the best instruction this scientific century can give, at a far less cost than any other civilized country can offer the same advantages. And all this in order that each of you may help to make your country wiser and richer and stronger than it has ever been in the past. And whoever does his best, in any calling or profession, to ennoble and develop that calling or profession, gives his life to his emperor and to his country no less truly than the soldier or the seaman who dies for duty.

   I am not less sorry to leave you, I think, than you are to see me go. The more I have learned to know the hearts of Japanese students, the more I have learned to love their country. I think, however, that I shall see many of you again, though I never return to Matsue: some I am almost sure I shall meet elsewhere in future summers; some I may even hope to teach once more, in the Government college to which I am going. But whether we meet again or not, be sure that my life has been made happier by knowing you, and that I shall always love you. And, now, with renewed thanks for your beautiful gift, good-bye!

« 梅崎春生「午砲」(附やぶちゃん注)を2016年1月1日に公開予約 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十七章 サヤウナラ (三) »