フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十五章 幽靈と化け物について (三)・(四) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十五章 幽靈と化け物について (六) »

2015/12/14

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十五章 幽靈と化け物について (五)

         五

 

 地獄から出て、もつと大きい、それからずつともつと寒い建物にある幻燈の方へ行つた。日本の幻燈は殆んどいつでも、色々な點で興味があるが、西洋の發明を東洋趣味に適合させた日本人の天才を實際に見せて居る點で或は特別に興味があらう。日本の幻燈は全く劇的である。臺詞(せりふ)は見えない人物が述べる、役者と背景はただ明るい影になつて見えると云ふ芝居である。それで凡ての種類の妖怪變化の物に特に適して居るから幽靈の出る芝居は好題目になる。この小屋はひどく寒いので、私は一つ見るだけしか待てなかつた、――つぎはその梗概である。――

 

 第一場。――甚だ綺麗な田舍娘とその老母がうちで一緒に坐つて居る。母は身を悶えて烈しく泣く。その盛んなすすり泣きの間からとぎれて聞える狂氣の言葉で察すると、娘はどこか山中の淋しい社の神樣に人身御供となる事にきまつて居る。その神樣は惡神である。一年に一回、その神樣が喰べるための少女が欲しいと云ふ合圖にどこか農家の藁屋根に矢を射る。少女をすぐに送らないと、神樣は收穫物や牛をなくしてしまふ。母は泣き叫んで、白髮をかきむしりながら退場。娘は頭を垂れて、やさしくあきらめたやうすで退場。

 

 第二場――道ばたの茶屋の前、櫻花滿開。人足が駕籠のやうにしてその中に娘が居る筈の大さな箱をかついで來る。箱をおろして、飮食するために入る、おしやべりの主人に話をする。兩刀をさした立派な武士が入場。箱について尋ねる。おしやべりの主人は人足から聞いた話をくり返へす。武士は烈しい憤怒を表はして神樣は善良で、――少女を喰べる筈はないと斷言する。その所謂神樣は鬼であると宣言する。鬼は退治すべき物と云ふ。箱を開けと命ずる。娘をうちへ歸してやる。自分が代つて箱に入る、それから人足に、命が惜しければ、その社へ直ち運べと命ずる。

 

 第三場。――森を通つて夜、社へ人足が近づいて來る。人足は恐れる。箱を落して逃げる。人足退場。暗がりに箱だけ殘る。覆面した眞白の物入場。その物は氣味の惡いうなり聲を出し、恐ろしい叫び聲を發する。箱はやはりそのまま。その物覆面を取つてその顏を見せる、――光つた眼をした骸骨であつた。〔見物は一時に『アアアアアア』の音を立てる〕その物はその手を出す、――大きな猿のやうな手で、鷲のやうな爪がある。〔見物は又『アアアアアア』と叫ぶ〕その物は箱に近づく、それにさはる、箱を開く。勇ましい武士がとび出す。格鬪になる、太鼓が戰爭らしくどろどろと鳴る。勇ましい武士は柔術を巧みに使ふ。鬼を投げ倒し、蹈みつけて、首をはねる。首は不意に大きくなつて、家の大きさになる、武士の頭をかみ取らうとする。武士は刀でそれに斬りつける。首はうしろへころがつて、火を吹いて、消える。終り。一同退場。

 

[やぶちゃん注:これは知られた岩見重太郎の狒々(ひひ)退治である。私の電子テクスト芥川龍之介岩見重太郎附やぶちゃん注釈の注などを参照されたい。]

 

 

.

   Out of hell, we found our way to a magic-lantern show being given in a larger and even much colder structure. A Japanese magic-lantern show is nearly always interesting in more particulars than one, but perhaps especially as evidencing the native genius for adapting Western inventions to Eastern tastes. A Japanese magic-lantern show is essentially dramatic. It is a play of which the dialogue is uttered by invisible personages, the actors and the scenery being only luminous shadows. 'Wherefore it is peculiarly well suited to goblinries and weirdnesses of all kinds; and plays in which ghosts figure are the favorite subjects. As the hall was bitterly cold, I waited only long enough to see one performance—of which the following is an epitome:

 

   SCENE . — A beautiful peasant girl and her aged mother, squatting together at home. Mother weeps violently, gesticulates agonisingly. From her frantic speech, broken by wild sobs, we learn that the girl must be sent as a victim to the Kami-Sama of some lonesome temple in the mountains. That god is a bad god. Once a year he shoots an arrow into the thatch of some farmer's house as a sign that he wants a girl — to eat! Unless the girl be sent to him at once, he destroys the crops and the cows. Exit mother, weeping and shrieking, and pulling out her grey hair. Exit girl, with downcast head, and air of sweet resignation.

 

   SCENE II. — Before a wayside inn; cherry-trees in blossom. Enter coolies carrying, like a palanquin, a large box, in which the girl is supposed to be. Deposit box; enter to eat; tell story to loquacious landlord. Enter noble samurai, with two swords. Asks about box. Hears the story of the coolies repeated by loquacious landlord. Exhibits fierce indignation; vows that the Kami-Sama are good,— do not eat girls. Declares that so-called Kami-Sama to be a devil. Observes that devils must be killed. Orders box opened. Sends girl home. Gets into box himself, and commands coolies under pain of death to bear him right quickly to that temple.

 

   SCENE III. — Enter coolies, approaching temple through forest at night. Coolies afraid. Drop box and run. Exeunt coolies. Box alone in the dark. Enter veiled figure, all white. Figure moans unpleasantly; utters horrid cries. Box remains impassive. Figure removes veil, showing Its face—a skull with phosphoric eyes. [Audience unanimously utter the sound 'Aaaaaa!'] Figure displays Its hands—monstrous and apish, with claws. [Audience utter a second 'Aaaaaa!'] Figure approaches the box, touches the box, opens the box! Up leaps noble samurai. A wrestle; drums sound the roll of battle. Noble samurai practises successfully noble art of ju-jutsu. Casts demon down, tramples upon him triumphantly, cuts off his head. Head suddenly enlarges, grows to the size of a house, tries to bite off head of samurai. Samurai slashes it with his sword. Head rolls backward, spitting fire, and vanishes. Finis. Exeunt omnes.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十五章 幽靈と化け物について (三)・(四) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十五章 幽靈と化け物について (六) »