フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第四 | トップページ | 山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第六 »

2016/01/11

山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第五

 

Ke5


山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第五

[やぶちゃん注:明治三〇(一八九七)年八月二十五日発行の雑誌『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江島名所圖會」(第百四十七号)の挿絵五枚目。

 

右上三分の一に「鎌倉権五郎神社」[やぶちゃん字注:「権」はママ。]

その下に丸いウィンドウで「光明寺山門」

その左上三分の二に「鎌倉大塔宮」

丸い「光明寺山門」のウィンドウの下三分の二の後ろに隠れながら、中央やや上に、横に「編輯ノ一行瑞泉寺ヲ訪フノ圖」

下部右手に「建長寺堂内の圖」

それがめくれ上がる形で下部左下にほぼ三角形で「髙時一族自殺ノ穴」

 

と手書き文字でキャプションが記されてある。この内、「編輯ノ一行瑞泉寺ヲ訪フノ圖」は東陽堂の『風俗畫報』編集担当者四名が瑞泉寺を訪れた折りのスナップ・スケッチということらしい。よく見ると、手前に背を向けている男の左手には何やらん、見覚えのある三度笠がある。彼は黒い羽織を着ており、背中に紋がついている。黒い紋付に三度笠――今一度、本誌冒頭の「七里ヶ濵より江の嶋を望むの圖」を見て戴きたい。私が中央にいる人物が画家山本松谷自身であろうと推測した彼の服装を――。それにしても如何にもヤラせっぽい絵ではある。編集者が足で歩いてちゃんと現地を確認しました、ちゃんと宝物も見ました、ちゃんとちゃんと文書も現認検証しました、と言いたいようだ。にしては「新編鎌倉志」と「新編相模国風土記稿」(後者自身が無批判に多くを前者から引用しているのであるが)からの無批判不用心の引き写しが多く、ガイド・ブックとしては致命的であることは、本文電子化のなかでさんざん見てきただけに、「いいかげんにせい!!」と私は怒り心頭に発する一枚である。どうせ、寺巡りもそこそこに、最後に挿絵で出て来る江の島の「金龜樓」にでもはやばやとあがってどんちゃん騒ぎしたに、決まってる!(但し、一部に杜撰はあるものの、挿絵の山本松谷氏をその指弾の射程内に入れようとは私は思ってはいないことを述べおいてはおく。彼の絵は本文なんかより、ずっと価値ある失われた景観を後世に残してくれたからである)。最後の「髙時一族自殺ノ穴」(現在の腹切りやぐら)や東勝寺跡へ向かう青砥藤綱の伝説の滑川であるが、今のように橋(少なくともアーチ橋の現在の東勝寺橋は大正一三(一九二四)年架橋である)がなくて、川中の飛び石を伝ってゆくのである。とってもいい!! 先導しているのが、松谷が描き込むのが好きな子守りをする少女であるのがまたまた! いい!!!(この時代、こうした子守りの娘たちは鎌倉観光に訪れた人々を案内することで、子守りがてら、それなりの駄賃も得ていたのかも知れない……「それでヨイ! それでヨイ!」(大好きだった笠智衆さん風に)……)]

« 山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第四 | トップページ | 山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第六 »