フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 梅崎春生「桜島」附やぶちゃん注 (8) | トップページ | 梅崎春生「桜島」附やぶちゃん注 (9) »

2016/01/06

「笈の小文」の旅シンクロニティ――箱根こす人も有るらし今朝の雪 芭蕉

本日  2016年 1月 6日

     貞享4年12月 4日

はグレゴリオ暦で

    1688年 1月 6日

 

箱根こす人も有るらし今朝の雪

 

「笈の小文」に、先に示した「ためつけて雪見にまかる紙子哉」「いざ行かむ雪見にころぶ處まで」により前に、

 

蓬左(ほうさ)の人人に迎へとられて、暫く休足(きうそく)するほど、

 

 箱根こす人も有るらし今朝の雪

 

と出るが、山本健吉「芭蕉全発句」は『十二月四日、名古屋での作』と断定しており、サイト「俳諧」の「笈の小文」でも同日の聴雪(ちょうせつ)亭(別に風月亭とある箇所は誤記かと思われる)での六吟歌仙の発句とある。同サイトによれば、脇は以下である(脇付している亭主「聽雪」というのは美濃屋のいう屋号以外は不詳の人物)。

 

 箱根越す人もあるらし今朝の雪    芭蕉

 舟に燒火(たきび)を入るゝ松の葉 聽雪

 

「笈の小文」本文の「蓬左」は熱田神宮の別称である「蓬莱宮(ほうらいきゅう)」の「左」(西)方地域一帯の呼称。現在の熱田・名古屋一帯の広域呼称と考えてよい。

 一句は、この寒雪の風狂の途次、かくも暖かき一席を設えて呉れた亭主美濃屋聴雪への挨拶の意を表する。

« 梅崎春生「桜島」附やぶちゃん注 (8) | トップページ | 梅崎春生「桜島」附やぶちゃん注 (9) »