フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『桜島』 ――「気宇壮大」なあとがき――   梅崎春生 | トップページ | 梅崎春生 詩 「追憶」   (初出形復元版) »

2016/01/14

梅崎春生 詩 「嵐」   (初出形復元版)

 

    

 

        梅崎春生

 

目を上げると、今まで芝生に影を投げて居

たにれの木が、藍一つ一つに濕氣を含み今

は雲の影におされて、影は芝生の中に吸ひ

込まれる。此の風は芝生の一本一本を搖り

動かすのだらうか。風の意志は此の搖り動

かされる芝生の樣な俺の心にのぞみ、嵐を

畏れながらもいらだち待つ心だ。庭にはは

たはたと洗濯物があふり、淸潔な曹達の匂

ひを大地にふり落す。雲足の速さは刻々に

れの皮をかぎろはせ、俺の心は一枚の濡れ

た旗となる。嵐の豫感に今緣に立てば遠景

をわたる風の意志は、遠景の樹々の屈服を

強ひつつ。おお、にれの木は爭鬪の前の亢奮

に我を忘れて葉をざわめかす。緣に立つて

双手を伸し、嵐を望み待つ俺の心は、はた

はたはたと聲をあげて手もふるふ程の緊張

の中に今影の樣に、嵐は大きな手を擴げて

渡つて來る。

 

[やぶちゃん注:昭和八(一九三三)年十一月五日第五高等学校龍南会発行『龍南』二二六号に所載された初出形(発行日は「熊本大学附属図書館」公式サイト内の「龍南会雑誌目次」により確認)。底本は「熊本大学学術リポジトリ」内の同初出誌誌面画像「226-005.pdfを視認、活字に起こした。

 沖積舎版とは一行字数が異なり(沖積舎版は二十字、初出は基本十九字で「強ひつつ。おお、にれの木は爭鬪の前の亢奮」の行の句読点が表記のように半角化されている)、以下の句読点異同が見られる。

 

初出形二~三行目

「藍一つ一つに濕氣を含み今は雲の影におされて、」

   ↓(「含み」の後に読点を追加)

「藍一つ一つに湿気を含み、今は雲の影におされて、」

 

初出形終わりから四行目

「緣に立つて双手を伸し、嵐を望み待つ俺の心は、はたはたはたと聲をあげて手もふるふ程の緊張の中に今影の樣に、嵐は大きな手を擴げて渡つて來る。」

   ↓(「聲をあげて」の後に句点を、「緊張の中に」の後に読点を追加)

「縁に立って双手を伸し、嵐を望み待つ俺の心は、はたはたはたと声をあげて。手もふるふ程の緊張の中に、今影の樣に、嵐は大きな手を擴げて渡って来る。」

 

前者はあった方がよいとは思うが、後者は如何か? 前の句点は、前の文脈の調性との対句構造とすれば、奇異ではあるものの、よしとするとして、後の読点は、果たして? ここでよいか? 私が編者であり、敢えて読点を追加するとするなら、ここは、

 

「手もふるふ程の緊張の中に今、影の樣に、嵐は大きな手を擴げて渡つて来る。」

 

或いは大胆にも、

 

「手もふるふ程の緊張の中に。今、影の樣に、嵐は大きな手を擴げて渡つて来る。」

 

とするであろう。朗読して御覧になれば、私の焦燥の意味が解かるであろう。

 なお、沖積舎版では「曹達」に「ソーダー」とルビを振るが、これも私はイケ好かないのだ。振るんなら、ここは――「ソーダ」――だろう!]

« 『桜島』 ――「気宇壮大」なあとがき――   梅崎春生 | トップページ | 梅崎春生 詩 「追憶」   (初出形復元版) »