フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注 (20) | トップページ | 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注 (22)/「町」~了 »

2016/01/08

梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注 (21)

 

 戦後小城は、進歩的な学者として、名前を挙げた。二、三年経って、彼にまとまった金を借りに来た。

「何に使うんだね?」

「家を建てたいんだ」

「まだあの人といっしょかね?」

「あの人って?」

「紫の袴をはいていた女さ」

「ああ」

 小城はちょっと顔をあからめた。

「あれは今、ぼくの女房だ」

 小城が家を建てるために、なぜおれが金を貸さねばならぬのかと、彼はいぶかった。

「金のことなら、お断りするよ」

 五郎は言った。

「そんな金はない」

「そうかね」

 小城は別にがっかりした風でもなかった。少壮学者らしく、顔は青白く、額にぶら下る髪を時々かき上げて、むしろ軒昂(けんこう)たる風情(ふぜい)もあった。

 私大の教授もしていたし、どこからか金はつくったのだろう。建前の日に招待された。そこで小城の妻の顔を見た。紫の袴を見てから、二十年も経つ。へんてつもない中年の女で、五郎にはもう興味がなかった。それよりも建前の行事、夕暮の空に立つ柱や梁(はり)、その下で汲合う冷酒やかんたんな肴(さかな)、大工の話などの方が面白かった。この日以後、彼は小城と顔を合わせたことがない。

 それから数年後、小城はある若い女が好きになった。ある進歩的な出版社から発行される雑誌の編集部につとめる女だ。その女といっしょになるために、小城は妻を捨てた。その話を彼は三田村から聞いた。

「そういう男なんだ。あいつは!」

 三田村ははき捨てるように言った。

「あいつは損得になると、損の方を平気で捨ててしまうんだ。エゴイストだね」

 五郎は何となく、向日葵(ひまわり)の方に歩いていた。向日葵は盛りが過ぎて、花びらが後退し、種子のかたまりが、妊婦の腹のようにせり出している。美しい感じ、炎(も)えている感じは、もうなくなっていた。

「何が何でも!」

 終末的な力みだけで、枝が花を支えているように見えた。

 

[やぶちゃん注:「軒昂」奮い立って勢いがある様子。畳語。「軒」は「挙」と同義で「高く上がる」「高く上げる」の意。「昂」はもと「日が昇る」で、そこから「上へ上へ高く上がっていく」「感情や意気が激しく昂(たか)ぶる」、昂奮するという意味が生まれた。

『五郎は何となく、向日葵(ひまわり)の方に歩いていた。向日葵は盛りが過ぎて、花びらが後退し、種子のかたまりが、妊婦の腹のようにせり出している。美しい感じ、炎(も)えている感じは、もうなくなっていた。/「何が何でも!」/終末的な力みだけで、枝が花を支えているように見えた』形容の「生」=「性」のアナグラムと言い、映像と台詞の覚悟のマッチング、「終末的な力みだけで、枝が花を支えている」の表現が、普通の向日葵を異様な肉質のものにメタモルフォーゼさせてゆく。]

« 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注 (20) | トップページ | 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注 (22)/「町」~了 »