フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十六章 鷹狩その他 (13) 黒田長溥及び大隈重信邸で会食 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十六章 鷹狩その他 (15) 好古家西川六兵衛 »

2016/01/28

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十六章 鷹狩その他 (14) 日本の門

 日本の門は弱そうに見えるのも多いが、殆ど全部絵画的である。だが、破損したのや、修繕の行き届かぬのを見ることは、稀である。それ等は決して塗って無く、縦の柱は太くて丈夫だが、軽くて薄い板で出来ている。奇妙な、ねじれた小枝の出ている変った形の古い板材を、最も繊細な網代や、美しいすかし彫のある羽目の枠組として使用する。時として、縦に割った竹が、ある種の羽目の中心を形づくる。これ等の構造に魅力を附加するのは、これ等の強いものと軽いもの、荒々しいものと繊細な物との対照である。都会では垣根、壁等に、鄙(ひな)びた効果が見られる。

[やぶちゃん注:以下にモースの“Japanese Homes and Their Surroundings”(一八八五年刊)の第五章の「門口(かどぐち)とエントランス」の「門口」の図七点を二〇〇二年八坂書房刊の斎藤正二・藤本周一訳「日本人の住まい」から示しておく。図246・247は「都市の邸宅の門口」、図248は「東京近郊にある門口」、図249は「門口」、図250は「田舎の住居の門口」、図251は「田舎風の門口」というキャプションが附されてある(原本から私が訳した)。

Jh246

図246

Jh247

図247

Jh248

図248

Jh249

図249

Jh250

図250

Jh251

図251

 

本文の「縦の柱は太くて丈夫だが、軽くて薄い板で出来ている」は、例えばこの引用した図の246・249・250及び248の前面中央部分で判り、「奇妙な、ねじれた小枝の出ている変った形の古い板材」というのは図248の左右の柱の節部分や249の冠木(かぶき:図ではアーチ状の部分)辺りから類出来、「最も繊細な網代や、美しいすかし彫のある羽目」は図246・247・249で判る。「縦に割った竹が、ある種の羽目の中心を形づくる」は、垣根ながらも図248・251で連想出来るし、「強いものと軽いもの、荒々しいものと繊細な物との対照」は図249の両側の葦垣とその冠木の驚くべき原木との組み合わせ方、図250の冠木(というか棟)の飾り(これは棟に何本も渡した竹の横木とその下の鞍状の樹皮を棕櫚繩で縛って屋根本体の固定させ、その繩の縛り目を捩って羽飾り風に棟上に突き上げた独特の「繊細な」手法である)などから読み取れるものと思う。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十六章 鷹狩その他 (13) 黒田長溥及び大隈重信邸で会食 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十六章 鷹狩その他 (15) 好古家西川六兵衛 »