フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十六章 鷹狩その他 (11)ダーウィン式鳥類の爬虫類的相似に関する講演 | トップページ | 山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第五 »

2016/01/11

山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第四

Ke4


山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第四

[やぶちゃん注:明治三〇(一八九七)年八月二十五日発行の雑誌『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江島名所圖會」(第百四十七号)の挿絵四枚目。

 

右上に「妙本寺本堂の圖」

その下にL字型に入って「鷲峯山覺園寺の圖」

その下に「本覺寺側面の圖」

 

と手書き文字でキャプションが記されてある。この内、「本覺寺側面の圖」には張り込みで「本堂」と「仁王門」とあり、これから、現在の若宮大路の鎌倉郵便局右手の路地を入って小町小路に出る北側から見た図であることが判る。画面右は田圃と思われるが、左手のそれは明らかに蘆の類いが生い茂り、手前には沢瀉(おもだか:単子葉植物綱オモダカ目オモダカ科オモダカ属オモダカ Sagittaria trifolia)と思しい水生植物を見られることから、ここに小町小路の東の滑川から入り込んだ沼池にようになっていたのかも知れない。ここの右の端にも子守りの少女が描かれており、何かを曳いているが、タッチが粗過ぎて何かは分からない。やはり亀だろうか? なお、「鷲峯山覺園寺の圖」覚園寺の薬師三尊図像の方は正直、似ていない。似ていないだけでなく、同寺の中尊薬師如来は腹の前方で両手を組む法界定印で、掌上に薬壺を持つはずなのに、それが描かれていないこと、さらに同寺の右脇侍(向かって左)の月光菩薩は頭頂部が有意に高く突き出ていなければならないのにそうなっていないこと、三尊の前、本尊正面に法界定印を組んだ別な仏像があることなど、かなり不審である。両側に十二神将像の一部を描き込んではあるので全くの想像ではないとは思うものの、正直、しょぼ臭いと言わざるを得ない。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十六章 鷹狩その他 (11)ダーウィン式鳥類の爬虫類的相似に関する講演 | トップページ | 山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第五 »