フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ブログ770000アクセス突破記念 侵入者 梅崎春生 (「写真班」「植木屋」二篇構成) | トップページ | 梅崎春生 詩 「死床」  (初出形復元版) »

2016/01/14

「笈の小文」の旅シンクロニティ――露凍て筆に汲干ス淸水哉 芭蕉

本日  2016年 1月14日

     貞享4年12月12日

はグレゴリオ暦で

    1688年 1月14日

 

露凍(いて)て筆に汲干(くみほ)ス淸水哉

 

「笈の小文」にはらない句で、「三つのかほ」(越人編・享保一一(一七二六)跋)より。同書には、同書には、

 

此句ハ尾陽昌圭もとにてせられけるを何の集にやらん、凍解てとあやまりぬ

 

と付記する。また、「筆のしみづ」(和月編・文化年間成立)には、

 

露冴(さえ)て筆に汲干ス淸水哉

 

で出る。さても、「芭蕉庵小文庫」(史邦編・元禄九(一六九六)年刊)では、

 

   苔淸水

凍(いて)とけて筆に汲干す淸水哉

 

とし、「泊船集」(風国編・元禄十一年刊)「蕉翁文集 第一冊 風一」(土芳編・宝永六(一七〇九)年成立)も、この初五を「凍とけて」の句形で出す。後者は貞享五年の部に出すことから、実は本句は、

 

凍とけて筆に汲干し淸水哉 【初稿】

   ↓

露凍て筆に汲干ス淸水哉  【改稿】

   ↓

凍とけて筆に汲干す淸水哉 【三稿】

 

であったものと思われる。

 サイト「俳諧」の「笈の小文」によれば、日付不詳乍ら、十二月上中旬の作とされるが、興行できるのは、五日から十二日に限られるとあるので、取り敢えずここに配した。

 山本健吉「芭蕉全発句」に、『この句を発句とした二十四句の未完了歌仙が』「筆のしみづ」『に載っている』とあり、脇は、

 

露凍てて筆に汲ほすしみづかな 芭蕉

 耳におち葉をひろふ風の夜  鏡鶏

 

山本氏は『昌圭は』『名前から里村昌琢の流れの連歌師と推測することが出来、』この座に集まったメンバー(芭蕉を含めると十人)の多くは『連歌畠と推定される』とされた上で、『これは昌圭への挨拶』句で、『昌圭亭の座敷から庭の清水を嘱目して、西行の作と伝える』、

 

 とくとくと落つる岩間の苔清水汲み干すほどもんきすまひかな

 

『を心に置いて、連歌師昌圭の風雅を』讃えた句であるとされる。『西行と類比したところが昌圭への挨拶である』とされる。句解は『夜が冷えて、結んだ露もみな凍てつくほどの寒さだが、この趣き深い庭にはなお、筆の穂先に含ませるほどの清水が、わずかに涸(か)れ残っている』ことよ、という新潮日本古典集成「芭蕉句集」の今栄蔵氏の訳が――凍てているはずの清水の露を主人の心配りの温みが溶かした――と私には読めて、すとんと腑に落ちたのであった。

« ブログ770000アクセス突破記念 侵入者 梅崎春生 (「写真班」「植木屋」二篇構成) | トップページ | 梅崎春生 詩 「死床」  (初出形復元版) »