フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵 江の島の図(三枚) | トップページ | 山本松谷「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」挿絵 江の島お岩屋(龍窟)の図 »

2016/01/12

山本松谷「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」挿絵 江の島神社中津の宮の図

[やぶちゃん注:明治三〇(一八九七)年八月二十五日発行の雑誌『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江島名所圖會」(第百四十七号)に引き続き、翌明治三一(一八九八)年八月二十日発行の雑誌『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」(第百七十一号)の挿絵を逐次、適切と思われる既に電子化した各記事或いは新記事で配することとする。

 原画はすべて石板で、作者はこの『風俗画報』の報道画家として凡そ一三〇〇点に及ぶ表紙・口絵・挿絵を描いた山本松谷/山本昇雲(明治三(一八七〇)年~昭和四〇(一九六五)年:本名は茂三郎。)である。優れた挿絵であり、往時の景色を活写していて興味深い。なお、彼の著作権は満了している。

 底本は私の所持する昭和五一(一九七六)年村田書店刊の澤壽郎氏解説(以上の書誌でも参考にさせて戴いた)になる同二号のセット復刻版限定八〇〇部の内の記番615を用いた。]

 

Ekzk_enosima

山本松谷「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」挿絵 江の島神社中津の宮の図

[やぶちゃん注:明治三一(一八九八)年八月二十日発行の雑誌『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」(第百七十一号)の冒頭の彩色画。神社の強い朱の色と南国と見紛う、植えられた蘇鉄(そてつ)がすこぶる印象強烈で、大棟(屋根の頂きの水平な棟)の鳥衾(とりぶすま:鬼瓦(大棟の端に飾る瓦で鬼面・獣面・蓮華紋などを象って鬼造形がなくてもかくいう)の瓦の上に反って長く突き出した円筒状の瓦。雀瓦とも称する)が絵の外(上部欄外)に突き出るという粋な一枚である。上部欄外中央に「江の嶋神社中津宮の圖」とキャプションがあり、珍しく右下には「松谷」の署名と落款がある辺り、入魂の自信作と見てよかろう。原色の新鮮さを味わって戴くために色補正は加えていないが、例によって私のスキャン機器の関係と鳥衾の突出しを見て戴くため、左手が二センチメートル、下部は約一・一センチメートルほど、カットしてある。]

« 山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵 江の島の図(三枚) | トップページ | 山本松谷「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」挿絵 江の島お岩屋(龍窟)の図 »