フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第五 | トップページ | 「笈の小文」の旅シンクロニティ――香を探る梅に蔵見る軒端哉 芭蕉 »

2016/01/11

山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第六

 
Ke6

山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第六

[やぶちゃん注:明治三〇(一八九七)年八月二十五日発行の雑誌『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江島名所圖會」(第百四十七号)の挿絵六枚目。

 

右上に小さく「新居子育閻魔堂の圖」(現在の円応寺)

下に強力な「同上閻魔堂十王を集寫するの圖」(「す」は「せ」とも読めそうだが、「す」と判じた)

左常備に横長に鶴岡八幡宮内の頼朝を祀った「鎌倉白旗神社の圖」

 

と手書き文字でキャプションが記されてある。十王像は「集寫」とあるから、実景ではないわけだが、表情の描出の弱さは問題とせずに見れば、閻魔を敢えて口だけにして隠しているところ(雑誌の記述順からはここに「白旗神社」とくるのは明らかにヘンだが、そんなことを考えさせないほどに閻魔の顔の遮蔽効果の方が抜きん出ていると言える)、にも拘わらず、他の九王と地獄の書記官たる倶生神(くしょうじん)に脱衣婆を漏らしていない点など、ハイカラな帝都東京の連中でも、怖いもの何とかで、この挿絵で「一寸、見に行こう」という気になったに違いないと私は思うのである。絵の上手い下手は問わず、本誌の挿絵中では集客効果抜群の一枚と感じている。私の偏愛するラフカディオ・ハーンの「知られぬ日本の面影」の「第四章 江ノ島巡禮」の「九」一〇のシークエンスの雰囲気は、まさに! こんなイメージなんである(リンク先は私の落合貞三郎訳の電子テクスト注)。ただ……贅沢言わせてもらうなら……慄っとするほど素敵な……あの「人頭杖」だけは是非とも、描き込んで欲しかったなぁ、松谷先生……]

« 山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第五 | トップページ | 「笈の小文」の旅シンクロニティ――香を探る梅に蔵見る軒端哉 芭蕉 »