フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 梅崎春生 詩 「己を語る」 | トップページ | 梅崎春生 詩 「烏賊干場風景」 /梅崎春生詩篇~了 »

2016/01/16

梅崎春生 詩 「誓文(戯文)」

    誓 文(戯文)

 

 創作「サーカス」百八十枚、九月末日までに完成いたすべく、もし違約の節は人中にてお笑い下されたく候。八月十九日(梅崎春生)

 

    広告

 創作「サーカス」は、百八十枚の力作にて、記憶を喪失せる復員兵士と、サーカスの踊子との悲恋を主軸となし、敗戦下における世相がさまざまにそれにからむ、前人未踏の雄篇にして、世界文学史上何人も到達し得ざりし最高の境地を目指し、著者は毎日スイトンをたべ、蚊に悩まされ、しかも二畳の部屋に炎暑に苦しみつつ刻苦、骨身をけ

ずりつつあり。

 ドストエフスキーをして赤面させる大傑作、御期待を乞う。

 

 

   サーカス

 

朱裏の外套を羽織り

小さな火鉢に手をかざしていたが

ひじのくぼみにうっすりと垢をのせ

それゆえ お前の腕は いっそう 清潔に見えた

 

おれは金がないから

木戸を通れずに

表に佇んで 眺めていたが

大天幕の中からは どよめきと拍手が

              (アトは此の次)

 

 

     綴方

 キノフハ ハイセンキネンビトイフノデ 赤坂シヨテンノ人タチガ タクサンアツマツテキマシタ。オオトバイノ匂ヒノスル水ニ紅チヤヲマゼ ソレカラ スシダノサラダダノ イロンナゴチソウヲコシラヘテ ノンデヰマシタ。女ノ人タチガカヘツテカラ○○サントイフ人ガドウイフツモリカ着モノヲヌギステ マツパダカニナリマシタラ 江口サントイフ人モマツパダカニナリマシタ。オトナノ人ノマツパダカヲミルノハ ナンダカグロテスクデシタ。ミンナヨツパラツテ ウタヲウタツタリオドツタリシマシタ。

 キノフセンセイガ 日本ハ四トウ国ニナツタト オツシヤツタケレド コノエンカイヲミルト ハツキリソノコトガワカルヤウナキガシマシタ。

 評 たいへんよく出来ました。もう少し努力すれば豊田正子位にはいけませう。

 

 

――昨日は、松尾君の部屋に坐ってゐたら、隣室にて同居人が姉妹喧嘩をハジめる。だんだん言ひつのって、泣声や肉体を打つ音。何か云ひかけて、それが鳴咽となり、号泣となって行く声。だまって聞いてゐるうち、焼火バシでさし通すやうな肉情が、身内を貫くのを私は感じた。私は呻きながら、掌で耳朶を押へてゐたが――禁欲も久しきかな?

 

[やぶちゃん注:底本や初出その他は、前の「秋の歌」の私の冒頭注を参照されたいが、実は底本には詩篇「サーカス」までしか載らない。以下の二篇は何故か(理由不明)、解題に記されている。ここではそれらを後に並べたが、原ノートの順序はこうではない可能性が高いものと思われる。行空けは私の判断で行った。

 「サーカス」に相当する梅崎春生の小説は存在しないように思われる。

 解題には後の二篇については、『本巻に収録しなかった戯文二篇』とし、『カナづかいはもとのまま』という注記が前についている。また、「綴方」の後には、『末尾の評も梅崎春生が書いたもので、文中の江口さんというのは、同社の編集長で詩人の江口榛一のことである』と注記がある。江口榛一(えぐちしんいち 大正三(一九一四)年~昭和五四(一九七九)年)は詩人で社会運動家。ウィキ江口榛一によれば、大分県生まれで、本名は新一。明治大学文芸科卒で、当初は教師や新聞記者を務めていたが、戦後、聖書の啓示を受けて詩作を行い、雑誌『素直』(これは梅崎春生の「桜島」の初出誌である)の編集長を経、昭和二九(一九五四)年に「近所合壁」(『新潮』の同年五月号)で第三十一回芥川賞の候補となった。翌年、受洗するも、既成の教会に飽きたらず、昭和三二(一九五七)年には『困っている人が自由になかの金を取って使うことを目指した』募金活動「地の塩の箱運動」を起こしたが、二年後に縊死自殺している。娘の江口木綿子(ゆうこ)さんによって「地の塩の箱連盟」として遺志が現在も続けられている(「「地の塩の箱運動」については北尾トロ公式サイト「全力でスローボールを投げる」の「昭和の根っこをつかまえに」の回「地の塩の箱」の巻に拠った)。

 「豊田正子」(とよだまさこ 大正一一(一九二二)年~平成(二〇一〇)年)は随筆家・小説家。昭和一二(一九三七)年、東京葛飾区渋江小学校在学中に綴った生活記録が「綴方教室」として刊行されてベストセラーとなった。昭和二五(一九五〇)年には左派の小説家江馬修(しゅう/なかし 明治二二(一八八九)年~昭和五〇(一九七五)年:中華人民共和国では最も有名な日本人作家の一人であったが、晩年は殆んど黙殺された)らとともに『人民文学』を創刊(後に江馬と同棲するが、絵馬には女性遍歴癖があり、その後、捨てられている)、昭和三九(一九六四)年には実母を描いた長編「おゆき」を発表、昭和六一(一九八六)年に「花の別れ」で日本エッセイスト・クラブ賞を受けて居る(以上は事典その他の複数資料を参考にした)。]

« 梅崎春生 詩 「己を語る」 | トップページ | 梅崎春生 詩 「烏賊干場風景」 /梅崎春生詩篇~了 »