フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 梅崎春生 詩 「鴉」 | トップページ | 梅崎春生 詩 「誓文(戯文)」 »

2016/01/16

梅崎春生 詩 「己を語る」

 

   己を語る

 

 

 好きなもの 酩酊 無為

 嫌いなもの  子供 人混み 病気

 

 及ばずながら、今まで文学を捨てずに私が生きて来たのは、私の内にひそむ過大な自恃の心のせいである。

 自分が Selected few であるという意識が、私の文学からの逸脱を支えつづけてくれた。

 

 ある人々我を目して図太しという。あるいは然らん。

 

 私が人に強制したり忠告したりしないのは、自分が人からそうされたくないからだ。

 

 自分が俗物であるという意識、どんな背徳無惨なことでもやれるという気持、これほど私を力づけてくれるものはない。

 

 新宿旭町など、そのような陰惨な巷で、食事をしたり、あるいたりすることに限りない喜びを感じる。昨日は、そこで煙草(キンシ)十本七円五十銭で買い、その中二本を別の男に一円五十銭でうった。

 

[やぶちゃん注:底本や初出その他は、前の歌」の私の冒頭注を参照のこと。

 「Selected few」は「選ばれた少数」の謂い。

 「新宿旭町」現在の新宿四丁目の旧称。正確には「四谷旭町」。戦後は所謂、ドヤ街であった。

 「煙草(キンシ)十本七円五十銭」知られた安煙草ながら愛煙されている「ゴールデンバット」(Golden Bat)のこと。ウィキゴールデンバットによれば、太平洋戦争前後の昭和一五(一九四〇)年から戦後の昭和二四(一九四九)年までは、『「ゴールデンバット」という名称が敵性語とされたため、神武天皇の神話に基づいた「金鵄(きんし)」に名称変更された』(「日本書紀」に後に初代天皇となる神武天皇が長髄彦(ながすねひこ)と戦った折り、金色の霊鵄(れいし:神霊の変じた鳶(とび)。タカ目タカ科トビ属トビ Milvus migrans)が天皇の弓に止まると、その体から発する光で長髄彦の軍兵たちの目が眩み、天皇軍が勝利することが出来たとされ、これを「金鵄」と呼んだ。ここはウィキ金鵄に拠った)。『戦争中にタバコ類の大幅な値上げがおこなわれると、それを題材にした唱歌「紀元二千六百年」の替え歌が作られたが、その冒頭は』「金鵄あがつて十五錢」であったとある。調べてみると、この昭和二一(一九四六)年当時の十本入り「ゴールデンバット」の定価は一円、翌年でも二円五十銭であるが、恐らくは品薄であったに違いなく、闇値は驚くべき高額であったのであろう。]

« 梅崎春生 詩 「鴉」 | トップページ | 梅崎春生 詩 「誓文(戯文)」 »