フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第三 | トップページ | 「笈の小文」の旅シンクロニティ――たび寐よし宿は師走の夕月夜 芭蕉 »

2016/01/10

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十六章 鷹狩その他 (7)下駄箱

 

 冷い寝床に入れるゆたんぽの代用として、日本人は大きな木の枠に保護される火鉢に、僅かの炭火を入れたものを使用する。これを布団の下に入れ、適当な熱を出させる。
 
 

M752

図―752

M753

図―753

 

 図752は私の茶の湯の先生、古筆氏を写生したものである。彼は陶器に関する造詣が深く、非常に気持のよい人である。図753は古筆氏の下駄箱の写生図【*】。

 

 

* これは『日本の家庭』にも出ているが、日本人がこの絵を見ると懐郷的になるというから、もとの写生図からまたここに複写した。

[やぶちゃん注:この図は“Japanese Homes and Their Surroundings”(日本人と家屋とその環境)の第五章の“ENTRANCES AND APPROACHES.”(エントランスと羨道)の“Vestibule and Hall”(玄関と玄関の間)のパートに出るものを指すが、画像は遙かに細密で美しい。その箇所は原文では(“Internet Archive”のそれより)、

   *

In a narrow hall in an old house near Uyeno, in Tokio, I got the accompanying sketch of a shoe-closet (fig. 223). The briefest examination of the various clogs it contained revealed the same idiosyncrasies of walking as with us, — some were down at the heel, others were worn at the sides. There were clogs of many sizes and kinds, — common clogs of the school-children, with the dried mud of the street still clinging to them, and the best clogs with lacquered sides and finely-matted soles. At one side hung a set of shoe-cords ready for emergency.

   *

である。邦訳を斎藤正二・藤本周一訳「日本人の住まい」(八坂書房二〇〇二年刊)から引用し画像も附しておく。この分量ならば引用の許容範囲と心得る。本文でモースが述べてよりもこちらの方がより詳しく書かれており、引用は不可欠である。

   《引用開始》

 東京の上野に近いさる古い家の狭い玄関の間(ま)で、わたくしはここに掲げた、下駄箱のスケッチ(二二三図)をものしたのであった。この下駄箱にあるさまざまの下駄をひとわたり見るだけでも、アメリカでの場合と同様に歩きかたの特異性が見てとれる。――かかとのすり減ったものもあれば両側面の傷んだものもある。下駄は大人用や子供用があり形や色合いがとりどりであった。――道の泥土が乾いて固くくっついたままの、学童の履物らしい並の下駄もあれば、両側面が塗り仕上げで上等の畳表張りの高級な下駄もあった。下駄箱の片側には必要に備えて鼻緒の予備が掛けられていた。

   《引用終了》

以下、同書の図223。

Mjh223

「古筆先生」モースが陶器・民具収集で世話になった好古家で、モースの茶の湯の師匠でもあった古筆了仲(こひつりょうちゅう ?~明治二四(一八九一)年)。既注であるが再掲しておく。]

 

 

 古筆氏の家族は少数だが、その各々が履物を沢山所有している。低いもの、最上の着物を着た時使用する立派なもの、路の悪い日に使用するもの等があり、ある物は見受けるところ、もうすりへっている。

 

 事実、人は家の外に脱いである履物の外見によって、その家の内でこれから面会する未知の人の、社会的地位を判断することが出来る。

« 山本松谷「鎌倉江島名所圖會」挿絵第三 | トップページ | 「笈の小文」の旅シンクロニティ――たび寐よし宿は師走の夕月夜 芭蕉 »