フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十六章 鷹狩その他 (29) 家内安全御守札の図 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(5) 家族の宗教(Ⅱ) /家族の宗教~了 »

2016/01/31

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十六章 鷹狩その他 (30) 迷子札の図

M768

図―768

 

 東京(他の大都会でも同様であろうが)では子供に、その着物の下に、その子の名と、家の名と、住所とを書いた小さな木の札をまとわせる。巡査は単に迷子の襟に手を入れ、この札を引き出し、そして即座にその子を心配している母親のところに返す。図768はドクタア竹中が、子供であった時に身につけていた札を示す。

[やぶちゃん注:この迷子札の「第九番官生口」というのが住所らしい(竹中の幼名はこの裏の方に記されているものらしい)が、「官生口」というが分からぬ(当時の竹中兄弟の住んでいたのは根岸(現在の日暮里)と思われる)。「竹中周則」は竹中兄弟の父であるから、「女」は妻の謂いで、「竹中ひさ」が兄弟の実母と考えられる。

「ドクタア竹中」底本では「ドクタア〔?〕竹中」と石川氏の疑問注が入る。この竹中は多出する宮岡恒次郎の兄竹中成憲(竹中八太郎 元治元(一八六四)年~大正一四(一九二五)年)であるが、明治八(一八七五)年に慶応義塾に入学、次いで東京外語学校を経て、明治一三(一八八〇)年には東京大学医学部に入学して、同二〇年に卒業後軍医を経て、開業医となっている。実弟とともにモースやフェノロサの通訳や助手を務めたことは既に注した。無論、この時はまだ医学部の学生ではあるが、英語も達者でモースも信頼しており、既に本書を書いている時点では医師(ドクター)となっているであるから、私はそれほどおかしいとは思わない。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十六章 鷹狩その他 (29) 家内安全御守札の図 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(5) 家族の宗教(Ⅱ) /家族の宗教~了 »