フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注 (13) | トップページ | 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注 (15) »

2016/01/07

梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注 (14)~「砂浜」了

 

 あれは寒い夜で、たしか三学期の初めであった。九時過ぎに赤提燈(ぢょうちん)の裏口から忍び出て、下宿に戻った。

 松井教授に対する不潔感は、まだながく残っていた。どうしても教授の講義を聞く気がしない。で、その学期中、五郎は松井の講義に出席しなかった。学期末、五郎はとうとう落第した。実際に点数が足りなかったのか、松井教授が彼を憎んだのか、今もって判らない。もう教授も死んだ筈だし、問いただすすべはないのだ。赤提燈の一件は、三田村にも話さなかった。

 少年が歯で抜いたジュースは、なまぬるかった。陽光にさらしていたのか、甘さに日向くささがある。半分ほど飲み、五郎は少年に話しかけた。

「伊作に床屋があるかい?」

「ある」

 瓶から口を離して、少年は声を力ませた。

「床屋ぐらいはある!」

「ああ、そうだ」

 トラックの荷台の若者との会話を思い出した。伊作の生れだと聞いた。

「近くに温泉があるそうだね」

「うん」

 飲み干した瓶を、少年はていねいに松の根にもたせかけた。

「湯之浦温泉」

「近いのか」

「ちっと遠い」

 少年は初めて笑いを見せた。

「自動車で行っと直ぐじゃ」

 父親の職業を思い出したのだろう。陽を受けて額に汗の玉が出ている。

〈今夜はそこに泊ろうかな〉

 五郎は海を見ながら考えた。立ち上ってジュースの残りを砂にぶちまける。

〈床屋に行って、さっぱりして――〉

 五郎は流木の方を眺めていた。流木からの足跡がまだ残っている。きちんと並んでいるのでなく、じぐざぐに乱れている。チンドン屋の真似をしたためだ。流木の彼方の足跡は、もう定かではない。武蔵野の逃水(にげみず)のようにちらちらと、水がただよい動いているようだ。一帯を鈍い光が射している。太陽は薄い雲の中で、ことのほか巨大に見える。光が散乱するのだ。

「行こう」

 五郎は瓶を捨て、少年をうながした。巨大な海と陽に背を向け、二人はゆっくりと歩き出す。

 

[やぶちゃん注:「学期末、五郎はとうとう落第した」梅崎春生も熊本五高で三年進級に落第してダブっている。

「湯之浦温泉」鹿児島県日置市吹上町湯之浦にある吹上(ふきあげ)温泉。別名、湯之浦温泉・伊作温泉とも呼ぶ。ウィキの「吹上温泉」によれば、単純硫黄泉で源泉温度は摂氏四十三度、『若干、硫化水素成分が含まれる』。『南薩地方、とりわけ西部の人に好まれてきた』出で湯で、『素朴な温泉街が情緒を醸し出して』おり、現在、共同浴場が七軒存在する。『詳しい歴史は分かっていないが、地元の人らは馬の洗い水としてこの湯を使っていたという。以前は伊作(いざく)温泉と呼ばれていた。多くの文人に好まれ、西郷隆盛、斎藤茂吉らが訪れたことがある。また、戦時中には特攻隊員らが最後に過ごした場所でもあり、遺品などを展示する旅館もある』とある。伊作からは西南西に当たるが、実測でも二キロメートルない。

「じぐざぐ」「稲妻形」「Z字形」を意味する英語“zigzag”(ズィグザグ)からの外来語であるので「ジグザグ」の表記が本来は正しい。英語“zigzag”は、フランス語に同義の“zigzag” (英語と同音)という言葉が一六八〇年に現われており、これに由来するとされるが、そのフランス語も恐らくは、同義のドイツ語の“Zickzack”(ツィックツァック)に由来するものではないかとも言われる(但し、このドイツ語が現われるのは一七〇三年からであるという。最古の使用のそれは「接近包囲」の軍事用語である)。ドイツ語由来説はドイツ語で「先端・角・櫛や鋸などの歯・ぎざぎざの刻み目・フォークなどの股の先、鹿の角の枝部分」を意味する“Zacke”(ツァック)の繰り返しに拠るという推測に基づくらしい(ここは英文の“Online Etymology Dictionary”の記載及び所持する各国語の辞典などに基づいた)。

「武蔵野の逃水(にげみず)のように」ここで五郎(梅崎春生)が「武蔵野」、春生が東京の原風景を出すのが興味深い(春生は人生(五十年)の五分の二近くを東京及びその近郊を住まいとした。但し、結構転々としており、底本年譜を見る限りでも、昭和二二(一九四七)年一月に恵津と結婚して最初に住んだのは豊島区要町であったが、同年十月には世田谷区松原町へ移り、昭和三十年四月には練馬区豊玉中(とよたまなか)の抽選の建売住宅に当選して転居している)。そして、それは/そこは「逃げ水」のような幻化(げんか)だったのではあるまいか?

« 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注 (13) | トップページ | 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注 (15) »