フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 一目小僧(十七) | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 一目小僧(十九) »

2016/02/21

柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 一目小僧(十八)

     十八

 

 伊豆地方には富士愛鷹(あしたか)から海上の島々にかけて、神戰(かみいくさ)の神話が比較的うぶな形で古くより傳へられて居た。よく有りがちな歷史上の事蹟人物との混同も無く、神々たちが鳥と蛇との形を現じて水陸を馳せ廻られたことになつてゐる。尾佐竹猛君が近年島に渡つて聞いて來られたのも其一節の少し變化したものである。曰く大昔新島の白鳩を大蛇が追ひかけて、鳩は差地山(さしぢじま)の躑躅で目を突いて飛べなくなつたのを、大蛇が殺して三宅島へ逃げようとした。新島の神樣の大三皇子、母神兄神と力を合せて大蛇を退治し、其屍を三つに分けて八丈と三宅と新島との三つの島に埋められた。其よりして新島の蛇は人に喰ひ付かず、三宅島には蛇住まず、又差地山の躑躅は神の怒りに觸れて花が咲かなくなつたと云ふ。但し三宅島でも躑躅平と云ふ地は躑躅は花が咲かず、やはり此と同じ口碑を存して居るさうである。

[やぶちゃん注:「富士愛鷹(あしたか)」富士山南麓、静岡県にある標高一一八七・五メートルの愛鷹山(あしたかやま)。広義には愛鷹山塊・愛鷹連峰の総称として愛鷹山と呼ばれる。但し、愛鷹山塊の最高峰は愛鷹山ではなく西ごく直近の標高一五〇四・二メートルの越前岳である。参照したウィキの「愛鷹山」によれば、『愛鷹山峰の山頂には愛鷹明神を祀る桃沢神社が鎮座しており、このことが連峰最高峰でないにも関わらず連峰を代表する理由といわれる』。この山頂の明神社は現在、愛鷹山南麓にある静岡県沼津市青野の桃澤(おもざわ)神社(下社/里社)の奥社となっているが、元は別な社であったものが時代は不明ながら合祀されたものらしい。

「尾佐竹猛」尾佐竹猛(おさたけ たけき 明治一三(一八八〇)年~昭和二一(一九四六)年)は法学者で大審院判事。明治文化研究者。『郷土研究』に伊豆新島での採集話などが載る。「国際日本文化研究センター」内「怪異・妖怪伝承データベース」の資料番号0640264の「大蛇」の項は彼の同誌(大正五(一九一六)年八月発行)の論文「伊豆新島の話(三)」によるもので、まさに本話の内容である。以下、要約の箇所を引用しておく。『新島の白鳩を大蛇が追いかけた。差地山の躑躅で目を突いて飛べなくなった白鳩を大蛇は殺して三宅島に逃げようとした。しかし新島の大三皇子(ダイサンオウジ)と母神が大蛇を退治し、骨は八丈島に、胴は三宅島に、屍は新島にそれぞれ分けられた。そのため新島の蛇は人に食いつかず、三宅島には蛇が住まず、差地山の躑躅は花が咲かなくなったという』。また、重宝にも同データベースの大蛇を拾い集めて呉れている個人サイト「龍学」の伊豆諸島の竜蛇」には、本神話の片々と思われるものが散在する。例えば三宅島三宅村では一月二十四日に『行う行事にまつわる蛇退治の伝説がある。昔、事代主命が蛇退治をした時、御子神ならびに御后神などが飛行して三宅島の頂上に集まって謀をしたことを祭るのだという』とあり、同じ三宅島の変形譚では『神代の昔、三宅島中根の漁夫が大漁になることと引きかえに、海神に向かって娘を差し出す約束をした。だがすぐに後悔し、かわりに妾を差し出したが、毒蛇は許さずどこまでも荒れ狂って娘を追い続けた。娘は神々の加護により神力を得、白い鷹、白い鳩、虫になりあちこち逃げのび、遥か後で人皇の御代になった』とあり、新島の採話として『大昔、近江の琵琶湖に住む漁夫が、不漁の続く際娘を捧げるかわりに大漁を祈った。すると魚が良く捕れ』、『水神が蛇となって娘をもらいに来た。娘は白鳩になって逃げ出し新島まで追い詰められた。そして逃げ込んだ差地山の躑躅の枝で目をつき、飛べなくなって喰い殺された』と出る。また同新島の話で、『大昔、近江の琵琶湖に住む漁夫の娘が大漁を祈って水神の生贄に差し出された。白鳩になって新島へ逃げたが、蛇になって追い詰めた水神に喰い殺された。怒った島の三島明神御子大三王子は剣を抜いて大蛇を切り殺して退治した。後、新島大三山に大三王子神社が建ち、退治に使った剣が納められ今も伝えられている』、後半部の異型、『逃げ込んだ差地山の躑躅で目を突いて飛べなくなり、大蛇になった水神に喰い殺されてしまう。後にこの躑躅は白鳩を盲目にしたので、花が咲かないといわれている』とある。このお馴染みの国津神たる事代主命の名を出すものは、個人ブログ「東京帯農会」のこちらの記事に、池田信道著「三宅島百話」からの要約として「蛇の棲まない三宅島」という詳しい伝説が載る。『古来から蛇類が済まない島で、むかし、芦の湖に美しい三人の娘を連れた老父婦が住んでいた。ある日漁に出たが雑魚一匹も釣れず「この船一杯魚をくれるものがあったら、わしの娘をその者にまかせる」と口走った。すると何処からともなく「約束を忘れるな」という不気味な声が聞こえてきた。今まで凪でいた水面は波立ち魚が船に山盛りになった。老爺さんは逃げ帰って神様に助けを求めた。神様は三人の娘を白いハトに』変え、『富士山に逃がしてやった。芦の湖の主の大蛇はこのことを知るとハトの後をおって富士山に向かった。ハトは危険になったので更に御焼島(後の三宅島)のツツジ平に隠れた』。『このころ事代主命は、現在』の三宅村にある富賀(とが)神社『付近に住み、ちょうど午睡の最中で素裸だった。「大蛇が渡って来る」の知らせを受け、裸のままで表に飛び出し、安寧子(飯の王子)、満寧子(酒の王子)』[やぶちゃん注:ルビが振られていないので「あんねいこ」「まんねいこ」と読むらしい。サイト「龍鱗」に載る同伝説(藤木喜久麿著の「伊豆諸島の大蛇伝説(一)」から引用)にかく読みが出る。]『の二人に命じて、大きな穴を掘らせ、一つの穴には飯を一杯つめて安寧子に守らせ、また一つの穴には酒を詰めて満寧子に守らせた。更に火戸寄神』[やぶちゃん注:「ほどりのかみ」で迦具突智神(かぐつちのかみ)と同じ。前記の藤木氏のそれでも『火之迦土命』(ひのかぐつちのかみ)と出ている。ウィキの「富賀神社」によれば、雄山の側火山の一つに祀られてある見目宮(みめのみや)は元宮である三宅村阿古(あこ)にある『火戸寄神社説明板では、祭神を男神の迦具突智神(かぐつちのかみ)と』し、『また、三宅島では噴火の噴気孔を「ほど」ということから』これはその側火山の『噴火口を祀る神社ともいわれる』とある。火山をシンボライズした神に迦具突智は相応しい。]『に命じて剣を造らせたが、間に合わないと見た火戸寄神は、この剣を指でつまんで引き伸ばした。事城主命は出来あがった剣の錆を海岸で落とし、(錆ケ浜の名称起源)大勢の神々の前で大蛇を退治する協力者を要請した。然し、恐ろしさの余り、誰も返事が無かったが、差出神のみが協力を申し出た』。『やがて大蛇は上陸して来たが、大海を渡って来た為に空腹になり、穴の中にある飯と酒を腹一杯に詰め込み鱗を立てて寝込んでしまった。事代主命は、この機会を逃さず、差出神と共に大蛇を退治した。この場所は「血走り原」と名付けて、その地名は今も残っている』。『大蛇は三つに切られ、頭は八丈島でマムシ化し、胴体は御蔵島で青大将、尾は新島方面に飛んで縞蛇となった。三宅島に棲んでいるトカゲは、このとき落ちた大蛇の鱗であるという』。『一件落着後、事代主命は三人の娘を探したがツツジ平のツツジの花から見つけ、それぞれ「小蛇がいたが大蛇の類かと思えば、怖くて出られなかった」また「私達の着ている紅梅の衣とツツジの花の色が似ているので見つからなかった」と弁解したが事代主命は立腹し「今日以後は、この山にツツジあっても花咲くな、蛇は娘たちを脅し、世を騒がした罪により、たとえ小蛇であっても、この島に棲むことを許さず」とおおせられた。以来』、『ツツジ平には一輪の花も咲かず、また蛇類の棲まない島になった。三人の娘は、後に事代主命の后となり次のように祀られている』として(以下、神名の読みや神社の場所などは私が独自に調べた)、

・長女伊賀牟比売(いかむひめの)命

 三宅島伊ヶ谷(いがや)の后(きさき)神社

・二女伊波乃比咩(いこなひめの)命

 三宅村坪田(つぼた)の二宮神社(合祀)

・三女佐伎多麻比咩(さきたまひめの)命

 三宅村神着(かみつき)の御笏(おしゃく)神社

の神名と神社を出す。この話は躑躅が咲かない理由が明記されており、腑に落ちる。

「差地山」先に引いた「龍学」の「伊豆諸島の竜蛇」には多量の「差地山」が出るのであるが、現在の新島にはこの名称の山を見出せない。Shikine氏のサイト「式根倶楽部」の「式根島江戸時代1」の中に、典拠未詳ながら、『この頃』(江戸初期?)『までは新島と式根島が「さじま街道」と呼ばれる陸続きであたと伝える文書も有』るとある。「さじま」は「差地」の音と通ずる。されば、これは古えの神代の話であればこそ、新島のどこそこの山の古代の呼称と読み換えるしかないか? 式根島と近い位置であるなら、丹後山・大峯・石山辺りか。現地の方なら現在のどの山か(躑躅が咲かない山である)を同定出来るのかも知れない。御教授を乞う。

「躑躅平」先のリンク先の藤木喜久麿著「伊豆諸島の大蛇伝説(一)」には、『今も阿古村の躑躅平には、躑躅の木は沢山有りますが、花が一つも咲かないそうで』あるとある(下線やぶちゃん)。]

 或大きな神樣の眷屬又は使令と稱する鳥なり蛇なり又は魚なりが、躑躅又は梅の枝又は玉の紐でそれぞれ眼を傷けたと云ふ話は、假令どの位他の説明に相異が有つても、基づく所は一なりと認めねばなるまい。殊に三者地を隔て神を異にし結論を同じくせぬ事實は、明らかに後世の傳播で無い證據である。自分が是を以て悉く生牲の眼を拔いた風習の反映である如く考へるのは、或は用心深い老輩諸氏の同意を得難いかも知らぬが、少くとも神の眷顧が特に一目の者に厚かつたこと、從つて神人の仲介者には成るべく斯んな顏の人を擇ぶ習ひのあつたことだけは、推論してもあまり無茶とは言はれまいと思ふ。

[やぶちゃん注:「眷顧」「けんこ」とは、特別に目をかけること、贔屓の意。]

 伊勢桑名郡の國幣大社多度神社の攝社に、古來一目連の社と云ふ神のおはしますことは人の善く知る所である。當世の記錄には本社の祭神天津日子根命(あまつひこねのみこと)の御子で、姓氏錄に首(おびと)の祖天久之比乃命(あめのくしびのみこと)とある御神のことだと言ひ、古語拾遺に伊勢の齋部の祖神天目一箇命(あまのひとつのみこと)とあるのも同じ御方であると稱へて居る。自分等は勿論神の御系圖に暗いから贊成も反對も出來ぬが、關東の各地にも右の一目連を祀つた祠の多かつたことゝ、伊勢の本社に於ても特に俗人の信仰を受けて居られて、色々有難い奇瑞のあつたことゝ、其御名前が御目の一つだつたことを意味して居ることだけは受合つてもよいのである。又同名の神がもし他に無いとすれば、天目一箇命は金工の始祖である。

[やぶちゃん注:「多度神社の攝社」三重県桑名市多度(たど)町多度に鎮座する多度大社の境内にある摂社の内、新宮社(しんぐうしゃ)が天津彦根命幸魂(あまつひこねのみことさきみたま)と天目一箇命幸魂(あめのまひとつのみことさきみたま)を祀る。ウィキの「天目一箇神によれば、『日本神話に登場する製鉄・鍛冶の神である。『古語拾遺』、『日本書紀』、『播磨国風土記』に登場する。別名は天之麻比止都禰命(あめのまひとつねのみこと)、天久斯麻比止都命(あめのくしまひとつのみこと)』で、『ひょっとこ(火男)の原型とも伝えられている』。『『古語拾遺』によれば、天目一箇神は天津彦根命の子である。岩戸隠れの際に刀斧・鉄鐸を造った。大物主神を祀るときに作金者(かなだくみ、鍛冶)として料物を造った。また、崇神天皇のときに天目一箇神の子孫とイシコリドメの子孫が神鏡を再鋳造したとある。『日本書紀』の国譲りの段の第二の一書で、高皇産霊尊により天目一箇神が出雲の神々を祀るための作金者に指名されたとの記述がある。『古語拾遺』では、筑紫国・伊勢国の忌部氏の祖としており、フトダマとの関連も見られる』。『鍛冶の神であり、『古事記』の岩戸隠れの段で鍛冶をしていると見られる天津麻羅と同神とも考えられる。神名の「目一箇」(まひとつ)は「一つ目」(片目)の意味であり、鍛冶が鉄の色でその温度をみるのに片目をつぶっていたことから、または片目を失明する鍛冶の職業病があったことからとされている。これは、天津麻羅の「マラ」が、片目を意味する「目占(めうら)」に由来することと共通している』。『天目一箇神は『播磨国風土記』の託賀郡(多可郡)の条に天目一命の名で登場する。土地の女神・道主日女命(みちぬしひめのみこと)が父のわからない子を産んだが、子に盟酒(うけいざけ)をつぐ相手を諸神から選ばせたところ、天目一命についだことから天目一命が子の父であるとわかったというもので、この神話は農耕民と製銅者集団の融合を表していると考えられている。天目一箇神を祀る天目一神社(兵庫県西脇市大木町(旧多可郡日野村大木)現在のものは再興)では製鉄の神として信仰されていた』とある(下線やぶちゃん)。

「一目連の社」「一目連」「いちもくれん」と読む。ウィキの「天目一箇神によれば、『一目連(いちもくれん、ひとつめのむらじ)は多度大社(三重県桑名市多度町多度)別宮の一目連神社の祭神の天目一箇神と同一視されるが、本来は片目が潰れてしまった龍神であり、習合し同一視されるようになったという』(下線やぶちゃん)。『一目連は天候(風)を司る神とされ、江戸時代には伊勢湾での海難防止の祈願と雨乞いが盛んに行なわれた。柳田國男は伊勢湾を航行する船乗りが多度山の様子から天候の変化を予測したことから生まれた信仰と考察している』『が、養老山地の南端に位置する多度山は伊勢湾北部周辺の山としてはもっとも伊勢湾から近く、山にかかる霧などの様子から天候の変化の予測に適した山だったのであろう』。「和漢三才図会」の『の「颶(うみのおほかせ)」に「按勢州尾州濃州驒州有不時暴風至俗稱之一目連以爲神風其吹也抜樹仆巖壞屋爲不破裂者惟一路而不傷也處焉勢州桑名郡多度山有一目連」との記述がある』『が、伊勢・尾張・美濃・飛騨では一目連が神社を出て暴れると暴風が起きるとの伝承によるものと考えられている。一目連神社の社殿には扉がないが、一目連が神威を発揮するために自由に出入りできるようにとの配慮であるという』。

「天津日子根命(あまつひこねのみこと)」天照大神と素戔嗚尊の誓約の際に天照の玉から素戔嗚が生ませた男神五柱のうちの一柱。多くの氏族の祖とされるものの、以後の神話には登場しない。

「姓氏錄」「しやうじろく(しょうじろく)」と読み、「新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)」のこと。弘仁六(八一五)年に嵯峨天皇の命により編纂された古代氏族の名鑑。

「首(おびと)の祖天久之比乃命(あめのくしびのみこと)」「首(おびと)」は「大人(おおひと)」の音変化とされ、ここでは古代の姓(かばね)の名の一つ。伴造(とものみやつこ)など地方の小豪族に与えられた。「おうと」とも読む。「天久之比乃命」は先の「新撰姓氏録」には確かに「桑名首天津彦根命男天久之比乃命之後也」と出るので、天津彦根命の御子であって後の天目一箇命と同神であることになる。阜嵐健氏のサイト「延喜式神社の調査」の久須須美くすすみ神社(奈良県磯城郡田原本町蔵堂に鎮座)の祭神天之久之比命の解説に、『太玉命に属隷して天孫降臨の時、金工として從った倭鍛冶等の祖である』とある。

「古語拾遺」官人斎部広成(いんべのひろなり 生没年未詳)が大同二(八〇七)年に平城天皇の朝儀に関する召問に応えて編纂した神道資料。

「伊勢の齋部」忌部氏(いんべうじ:後に斎部氏)は天太玉命(あめのふとだまのみこと:記紀はない。先に出た「古語拾遺」などでは「古事記」冒頭に出て消える高皇産霊尊(たかみむすび)の子とする)を祖とするという祭祀を担った古代氏族。ウィキの「忌部氏には、やはり「古語拾遺」に載るとして、『筑紫・伊勢に天目一箇命(あめのまひとつのみこと:忌部五部神)を祖とする忌部があったと記し、この神に刀・斧・鉄鐸・鏡などを作らせたという記述がある。このことから、鍛冶として刀・斧を貢納した忌部がいたものと推測されている』と出る(下線やぶちゃん)。

「天目一箇命は金工の始祖」「多度神社の攝社」の私の注の引用の下線部を参照のこと。]

 話が此迄進んで來ると、どうしても今一度鎌倉權五郎のことを考へて見ねばならぬ。權五郎を神に祀つたと稱する宮は、勿論鎌倉長谷の御靈神社が一番古い。大阪の御靈社などは、近世鎌倉から勸請したことが分つて居るが、九州の南にある諸社の如きは恐らくは同樣で、鎌倉がまだ政權の中心であつた時代にでも、往來の武家が迎へ下つたのであらう、鶴岡八幡と併置せられた御靈社が少く無い。

 權五郎景政が神に齋(いは)はれたと云ふことは、その左の眼を射られたと云ふ話とともに、保元物語の中にちやんと出て居るが、此本には未だ御靈社が其社だとは書いてないのである。ところが鎌倉の御靈社は賴朝公の時から既に相應に重い社であつたこと、吾妻鏡などを見ても明らかであつて、家來筋の景政を尊信するにはあまり年代が近過ぎるやうに思はれる上に、京都に今も立派にある上下の御靈社の如きは、權五郎の生まれるより二百年も前頃から祭つて居た神であり、獨り京都ばかりの御靈で無く、諸國に御靈社を置くやうにと云ふ勅令が、それよりも又六十何年か前に出て居るのである。尤も此社の祭神は夙くから曖昧ではあつたが、それにしても鎌倉ばかりが中頃から土地出身の英傑を推薦して、神の交迭を敢てしたとは考へられぬ。

[やぶちゃん注:「交迭」「かつてつ(こうてつ)」。ある地位に就いている者を他の者に替え改める「更迭」に同じい。]

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 一目小僧(十七) | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 一目小僧(十九) »