フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男「一目小僧その他」  附やぶちゃん注 一目小僧 (四)  | トップページ | 「笈の小文」の旅シンクロニティ―― 枯芝ややや陽炎の一二寸 芭蕉 »

2016/02/16

「笈の小文」の旅シンクロニティ―― 香にゝほへうにほる岡の梅のはな 芭蕉

本日  2016年 2月16日

     貞享5年 1月15日

はグレゴリオ暦で

    1688年 2月16日

 

   伊賀の城下にうにと云(いふ)ものあり、

   わるくさき香(か)なり

 

香にゝほへうにほる岡の梅のはな

 

「有磯海」(浪化扁・元禄八(一六九五)年刊)より。

 土芳「蕉翁全伝」(宝永年間(一七〇四年~一七一一年頃成立か)の前書には、

 

   伊賀山家に、うにといふ物有(あり)。

   土の底より掘出(ひりいで)て薪とす。

   石にもあらず、木にもあらず、黑色に

   してあしき香有。そのかみ、高梨野也

   (のや)、これを考(かんがへ)て

   曰(いはく)、「本草に石炭(いしずみ)

   といふ物あり。いかに申伝(まうしつ

   た)へて、此國にのみ燒きならはしけ

   ん、いとめづらし。」

 

とある。高梨野也は名は揚順、京の医師で貞門七俳仙の一人であった高瀬梅盛(ばいせい)門の俳人。この「うに」は伊賀・伊勢・尾張地方での、亜炭・泥炭等の品質の低い石炭の古称で、伊賀山中では古山(ふるやま)で採掘されていた。ここは実際の採掘時の炭の臭気がしたのではなく、野也の解説を見るに仮想した言い掛けの句であることがわかる。しかも実は恐らくは「うに」が「めづらし」が本体にあって、その粗野なる風雅ならざるくさい臭いに伝統の梅の香をぶつける対立のモンタージュにこそ本句の眼目ある。この句以下三句は同時期に読まれたと推定されており(後掲する「手鼻かむ」の句と句作りの酷似性が認められる)、後の翌三月十一日に訪れた土芳の蓑虫庵で初めて披露されている。

« 柳田國男「一目小僧その他」  附やぶちゃん注 一目小僧 (四)  | トップページ | 「笈の小文」の旅シンクロニティ―― 枯芝ややや陽炎の一二寸 芭蕉 »