フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男 蝸牛考 初版(25) 蝸牛異名索引(全) | トップページ | ちょっと今朝起きて残念だったこと »

2016/02/06

柳田國男 蝸牛考 初版(26) 蝸牛異稱分布圖索引 「蝸牛考」初版電子化終了

 

 蝸牛異稱分布圖索引

 

[やぶちゃん注:後掲する地図に合わせた索引である。底本は二段組であるが、一段とした。改訂版では地図は採用されなかったため、全く同一のものはないが、「蝸牛異名分布表」(地域附記)が本索引とよく似てはいる。但し、それはまた、別に電子化する予定であるので敢えて比較はしていない。読み易くするために色(~系)群の間は一行空けた。字配りは再現せず、ひたすら読み易さを考えて配した。]

 

 黑色  デデムシ系

  イ  デンデンムシ、デンデムシ

  ㋑  デンデンデムシ

  ロ  デエデエムシ、デデムシ、デエデ、デエデエ

  ハ  デブシ

  ニ  デームシ、デンノムシ

  ホ  デコナ、デンデコナ

  ㋭  デンデンゴウナ、デンデンゴナ

  ヘ  デンデラムシ

  ト  ダイダイムシ

  チ  レンレンムシ

  リ  ゲゲボ

  ヌ  ダイロ、ダイロウ、ダエロ、デァイロ

  ル  デエロ、デエロウ、デイロ

  ヲ  デエロン

  ワ  ダエロダエロ、デエロデエロ

  カ  ダイリヨウ

  ヨ  デエラクドン

  タ  デエラボッチヤ

  レ  デンボウラク

  ソ  デンデンツブロ

  ツ  デンデンタツボ

  ネ  デンデンコボシ

  ナ  デンデンガラムシ

  ラ  デンデンガラモ

  ム  デンデンケェボン

  ウ  デンダンベエコ

  ヰ  デンデンダイロ

  ノ  アカハラデンデンムシ

  オ  デデカマ

 

 茶色  マイマイ系

  イ  マイマイ、マエマエ

  ロ  アママイ

  ハ  マアメ

  ニ  マアヨ

  ホ  ママデ

  ヘ  ママダイロ、マンマンダイロ、メンメンデエロ

  ト  メエメ、メエメエ

  チ  メンメン

  リ  メェメェポ メメップ

  ヌ  メエメエヅ

  ル  マイモヅ、モモウズ

  ヲ  モオイ、モイモイ

  ワ  モオモリ、モオロモロ、モン

  カ  メメンジヨ

  ヨ  メエダセ

  ㋵  メエメエツノ

  タ  メンメンダバコロ

  レ  メンメンカエブツ、メンメンカエボコ、メンメンカエボ

  ソ  メンミンガラモ

  ツ  ミヤアミヤア、ミヤアミヤアコ

  ネ  ミヤアミヤアキンゴ

  ナ  ツノミヤアミヤア

  ラ  ミヨウミヨウ

  ム  ミヨウゴ

  ウ  ミヨミヨツノ、ミヨミヨツノダシ、ミヨミヨツノダセ、ツノダシミヨウミヨウ

  ヰ  ミニヨウニヨウ

  ノ  オツシヤビヨウビヨウ

  オ  マイマイドン

  ク  メエメエコウジ、マイマイクジ

  ヤ  マイマイコンジヨ、メエメエコンジヨ

  マ  マイマイグヅグヅ

  ケ  メエメエカンカ、メエメエカンカン

  フ  マイマイツブロ、マイマイツボロ、メエメエツブロ

  コ  マイマイツブリ、マイマイツムリ

  エ  メエメエツムリ

  テ  マイマイコツブリ

  ア  メメャブロ

  サ  マイマイツンボ

  キ  メエメエタツボ

  ユ  マイマイカタツボ

  メ  メエボロ、マイボロ、メエボロツボロ

  ミ  マイボチツボロ、メエボチツボロ

  シ  ネエボロ、ナイボロ、ネエボロツボロ、ネヤボロ、

  ヱ  デエボロ、ダイボロ

  ヒ  デンボロ

  モ  エエボロツボロ

  セ  ツーボロカイボロ

 

 赤色  カタツムリ系

  イ  カタツブリ、カタツムリ

  ロ  カタツモリ

  ハ  カタカタ

  ニ  カタカタバイ

  ホ  カタタン

  ヘ  カタト

  ト  カタジ

  チ  カタクジリ

  リ  カッタタナムリ

  ヌ  ガト

  ル  カサツムリ

  ヲ  カサツブリ

  ワ  カサツブレ、カサツンブレ

  カ  カサツブ

  ヨ  カサノマイ、カサンメ

  タ  カサッパチ、カシヤパチ

  レ  カダツブレ

  y  ガダツムリ

  ツ  カナツブ

 

 靑色  ツブリ系

  イ  ツンブリ

  ロ  カエツブリ、カイツブレ

  ハ  カエツムリ

  ニ  カイツグラ

  ホ  カンツブリ

  ヘ  ツグラメ、ツングラメ

  ト  ツブラメ

  チ  ツッガメ、ツッガメジョ

  リ  ツルマメ

  ヌ  ツンツングラメ

  ル  ツンナメ

  ヲ  マメツングリ

  ワ  メエメエツングラメ

  カ  ツムクリ

  ヨ  タマグラ、タンマグラ

  タ  タンバクラ

  レ  ヘビタマグリ

  ソ  ヘビタマ

  ツ  カマグラ

  ネ  マタグラ

 

 綠色  ナメフジ系

  イ  ナメクジ

  ロ  ナメクジラ、ナメクジリ

  ハ  ナメグズリ

  ニ  ナメクグリ

  ホ  ナマイクジリ

  ヘ  マメクジ

  ト  マメクジリ、マメクジラ

  チ  マメツジ

  リ  メメクジ

  ヌ  ツウナメクジ

  ル  ツウノアルナメクジ

  ヲ  カエンコノアルナメクジラ

  ワ  カイナメクジ

  カ  カイナメラ

  ヨ  カイカツギ、カエカツギ

  タ  カイカイクジリ

  レ  イエモチ

  ソ  イエカツギ

  ツ  イエカル

 

 

 

       蝸牛異稱分布圖

 

[やぶちゃん注:以下、初版底本巻末に附された「蝸牛異稱分布圖」(この呼称は地図本体には表記がないので注意されたい)地図なのであるが、国立国会図書館デジタルコレクションの画像(四枚ある)では全体が一枚に収まったものがない。そこで総ての情報をカバー出来るように組み合わせた一枚を独自に加工して作ったのが以下に掲げた図である。凡例は日本海側にある凡例は右下に隠れたもの同じで、切れてしまっている九州南部の大隅諸島の種子島と屋久島(種子島に青色の「ル」がドットされてある)を左上部に示し、その下(地図上の対馬の上部)に左で切れてしまっている五島列島(青色の「チ」が二箇所ドットされてある)をトリミングして挿入してある。これで底本の「蝸牛異稱分布圖」に示されている情報(凡例と異名の分布点)の総てを示し得ているはずである。]

 

Kagyuisyoubunnpuzu

 

 
 
 
[やぶちゃん注:なお、この後に底本では本書を含む『「言語誌叢刊」發刊主旨』という文章が載るが、柳田國男も最後の署名に名を連ねているが、本書の内容に不可欠なものとは私は判断しないので省略する。その後に同叢書第一期の刊行書目広告(本書を含む)があって全体が枠入りの奥付となる。まず右の柱。]

 

昭和五年七月五日印刷

             定價 壹圓八拾錢

昭和五年七月十日發行

 

蝸牛考[やぶちゃん注:中央部の上から。最上部に右から左に横書。]

 

版權所有[やぶちゃん注:中央に縦書。左右に検印。右が「柳田」、左が「刀江」。]

 

第一刷[やぶちゃん注:中央やや上に右から左に横書。その下に以下が縦書。]

 

著者             柳田國男

 

發行者 東京市神田區駿河臺北甲賀町二三番地

               尾高豐作

 

印刷者 東京市神田區錦町三丁目十七番地

              白井赫太郎

 

[やぶちゃん注:以上の下に、右から左に印刷所名。]

 

印刷所精興社

 

[やぶちゃん注:以下、左側の柱。]

 

發賣所[やぶちゃん注:その下に以下二行書。]東京市神田駿河臺北甲賀町二十三番地[やぶちゃん注:その下。]刀江書院[やぶちゃん注:その右に以下電話番号と振替番号が書かれているが省略する。]

« 柳田國男 蝸牛考 初版(25) 蝸牛異名索引(全) | トップページ | ちょっと今朝起きて残念だったこと »