フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ツルゲーネフ原作米川正夫譯「生きた御遺骸」(「獵人日記」より)(ⅩⅠ) | トップページ | 死について 原民喜 »

2016/03/17

ツルゲーネフ原作米川正夫譯「生きた御遺骸」(「獵人日記」より)(ⅩⅡ)

「たゞ一つ困つたことには、一週間以上もまるで眠られないことがございます。去年ある奧さまが通りかゝられまして、わたしをご覽になつて眠り藥を一と壜くださいました。一度に十滴(たらし)づつ飮めといふことで。これが大層よく利きまして、よく眠れたものですけれど、もうその藥も疾くに飮んでしまひました‥‥一體あれは何といふ藥かご存じございませんか、そして、どうしたら手に入るでございませう?」

 通りすがりの奧さんは、察するところ、阿片をやつたに相違ない。私はその藥を屆けてやると約束したが、又もや改めて、彼女の辛抱つよさに感嘆の叫びを洩らしたのであつた。

「なあ、旦那さま!」と彼女は打ち消した。「何を仰つしやいます! これが何の辛抱でございませう? まあ、聖シメオン樣などのご辛抱は、なるほど大したものでした。三十年もの間、柱の上に立ち通していらつしやいましたからね! 又もう一人の聖者の方は、自分の體を胸まで土の中に埋めさせて、顏を蟻に食はれておいでになりましたものね‥‥それから、これは村の先生が話して聞かせて下すつたのですけれど、ある國があつて、その國を回々教のやつらが攻め取りましてね、國中のものを苛い目に遭はしたり、殺したりしました。その國の人たちも色々に手を盡くしたのですけれど、敵を追ひ出すことが出来なかつたのでございます。ところが、その國にまだ處女(むすめ)ながら一人の聖女が現はれました。大きな劍を取つて十貫目もあるやうな冑をつけて、回々教のやつらを征伐に向かひ、すつかり海の向かうへ迫つ拂つてしまひました。けれども敵を追つ拂つてしまうと、その敵に向かつて、『さあ、これからわたしを火焙りにして下さい。わたしは國民のために火に燒かれて死ぬと誓つたのだから。』と申しました。で、回々教徒の奴らは處女(むすめ)を摑まへて、火焙りにしてしまひました。その時からこの國の人たちは、ずつと自由の身になつたさうでございます! これこそ本當にえらい苦行でございます! わたしなんかどう致しまして!」

 私は、どこからどうしてジャンヌ・ダルクの傳説がこんな田舍へ入つて來たのかと、心ひそかに驚いた。暫く默つてゐた後でルケリヤに、この處女の年は幾つであつたかと訊ねてみた。

「二十八か‥‥九‥‥三十にはなりますまい。でも、そんなもの、年なんぞ勘定したつて仕樣がありません! それより、もう一つお話しいたしませう‥‥」[特別やぶちゃん字注:モデルであるカトリック教会の聖人で「オルレアンの処女」la Pucelle d'Orléans)と称されるジャンヌ・ダルク(Jehanne Darc 一四一二年?~一四三一年五月三十日)は異端審問で自ら満十九歳と答えている。ルケリヤの現年齢は前半の主人公「私」の過去の叙述から見て恐らく、この「二十八か‥‥九‥‥三十にはな」らぬ同年齢であると推定し得る。]

 ルケリヤは不意に妙な閊へたやうな咳をして、ほつと溜め息をついた‥‥。[特別やぶちゃん字注:「閊へた」「つかへた」と読む。咽喉や胸にものが塞がるの意の「痞(つか)える」である。]

「お前は話をし過ぎるよ。」私は注意した。「體に障るかも知れないよ。」

「全くでございます。」と、彼女はやつと聞こえるか聞こえないかに囁いた。「このお話もこれでお終ひと致しませう。仕樣がありませんもの! 今にあなたが行つておしまひになつたら、思ふ存分默りこくつてをりませう。とにかく、これで胸がすつとしましたから‥‥」

« ツルゲーネフ原作米川正夫譯「生きた御遺骸」(「獵人日記」より)(ⅩⅠ) | トップページ | 死について 原民喜 »