フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之一 52 當上樣、牡丹花に付御掃除の者へ上意の事 | トップページ | 小さな庭   原民喜 »

2016/03/19

甲子夜話卷之二 1 神祖葡萄の御硯箱の事

 
甲子夜話卷之二 
所載五十三條

 

2-1 神祖葡萄の御硯箱の事

世に葡萄を模樣につけたる物は武家にては忌ことなり。かの實(ミ)の生(ナリ)て降(サガ)れる狀(カタチ)を、音通にて武道成り下(サガ)ると云に當てゝ忌なり。これを古き事のやうに云人あれども、駿府に存在する神祖の御遺器の中に、御かけ硯箱の、御生前常に御坐右に置せられしあり。其御箱の模樣、葡萄の實のりたるなりと云。又或人の家に拜領の細野羽折あり。その模樣總體葡萄にて、その中に所々御紋あり。然れば世に云所は、後の世の物忌る人の言出したることにて、古き事に非ること分明なり。

■やぶちゃんの呟き

「忌」「いむ」。最後の一文の「忌る」は「いめる」。

「かけ硯箱」蒔絵掛硯箱のこと。

「細野羽折」「ほそ/のばおり」で、「野羽折」は「打裂羽織(ぶっさきばおり)」とも言い、武士が乗馬や旅行などに用いた羽織のこと。背縫いの下半分が割れ、帯刀に便利なように工夫されてある。「背裂(せさき)羽織」「背割(せわり)羽織」「割(さき)羽織」「引裂(ひっさき)羽織」も皆、同じ。ここは「細」とあるから、そのスマートなタイプのものであろうか。

「御紋」言わずもがな、葵の紋。

「非る」「あらざる」。

« 甲子夜話卷之一 52 當上樣、牡丹花に付御掃除の者へ上意の事 | トップページ | 小さな庭   原民喜 »