フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 予定 | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 藪野直史附注 第三章 人の飼養する動植物の變異(2) 一 犬の變種 »

2016/03/18

ツルゲーネフ原作米川正夫譯「生きた御遺骸」(「獵人日記」より)(ⅩⅢ)

 私はルケリヤに別れ告げた。藥を送つてやるといふ約束を繰り返して、尚もう一度よく考へ直した上、何か欲しいものがあつたら云つてくれ、と申し出た。

「わたし何も欲しくはありません。何一つ不足はございません。お庇樣で。」ひどく骨の折れるらしい樣子であつたが、感動の籠つた聲で云つた。「どうか皆樣お達者でいらつしやいますやうに! あゝ、ときに、旦那樣、お母樣にお口添へ下さいませんでせうか。この土地の百姓は貧乏でございますから、ほんの少しでも年貢のお金を減らして頂きたいもので! 田地も不足でございますし、別口から上がるものもありませんし‥‥さうして下さいましたら、どんなにかあなた樣を御恩に思ふことでございませう‥‥わたしなんにも欲しいものはございません――何一つ不足ありません。」

 私はルケリヤの願ひを叶へてやると約束して、もう戸口のところまで行つたとき‥‥彼女は私をもう一度呼び戻した。

「覺えていらつしやいますか、旦那さま、」と彼女は云つた。すると、その眼や唇に何かしら不思議な影が閃いた。「わたしがどんな髮をしてゐましたか? お覺えでございますか――膝まで屆くほどありましたの! わたし永い間、思ひ切れませんでした‥‥あれだけの髮つてねえ!‥‥でも、あれを梳かすわけには參りませんもの、こんな境涯で! それで、たうとう一と思ひに切つてしまひました‥‥さうなんですの‥‥では、さやうなら、旦那樣! もう口が動きません‥‥」

« 予定 | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 藪野直史附注 第三章 人の飼養する動植物の變異(2) 一 犬の變種 »