フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 近咏 五句  原民喜 | トップページ | 北條九代記 卷第九 御息所御輿入 付 殺生禁遏 »

2016/03/27

句会 (七句)   原民喜

[やぶちゃん注:大正一五(一九二六)年十一月発行の生原稿を綴った回覧雑誌『四五人会雑誌』二号に掲載された樂只庵記とある「十月二十五日 杞憂亭宅句會」(記載から同日午後七時開会で十時散会とある)から原民喜の句のみをピックアップした。記者である樂只庵(「らくしあん」と読もう)は山本健吉の俳号の一つ。同句会は彼ら二人と無字庵(熊平武二)三人によっている。は「葉鷄頭」。

 底本は一九七八年青土社刊「定本 原民喜全集 Ⅱ」を用いたが、戦前の作品なので恣意的に正字化した。これらの内には、頭に当日の三人の得点が表示されてある。それは句の下方に〔 〕で示した。因みに最初の句の八点は最高得点である。

 二句目に「父行きて」とあるが、原民喜の父原恒吉はこの十一年も前の大正六年二月(民喜満十一の春)に胃癌のために死去しており、事実に即すとしても、季も全く合わないことを注しておく。この場の他の二人のどちらかの心境を句で代弁したものかも知れない。

 なお、これらの句は民喜の「杞憂句集」には載らない。]

 

雨傘(かさ)一つ乾かしてあり葉鷄頭〔八點〕

 

父行きて葉鷄頭の秋となりにけり  〔七點〕

 

白雲の下に明き葉鷄頭       〔六點〕

 

葉鷄頭に月明き夜や厨裏      〔五點〕

 

 

 

[やぶちゃん注:大正一五(一九二六)年十一月発行の生原稿を綴った回覧雑誌『四五人会雑誌』二号に掲載された樂只庵(山本健吉)記とある「四五人會俳句例會」から原民喜の句のみをピックアップした。同句会は原民喜と先に示した句会の二人(山本と熊平武二)に加え、長光太の四人によっている。十月二十九日(前の句会の四日後)の午後二時に熊平のところで開会、は「冬木立」「火鉢」。

 底本は一九七八年青土社刊「定本 原民喜全集 Ⅲ」を用いたが、戦前の作品なので恣意的に正字化した。「電燈」の「燈」は底本の用字。これらの内には、頭に当日の四人の得点が表示されてある。それは句の下方に〔 〕で示した。因みに最初の句の十点は最高得点である。

 なお、これらの句は民喜の「杞憂句集」には載らない。]

 

    冬木立

 

雲と空を映せる水や冬木立     〔十點〕

 

杉垣の道をまがれば冬木立     〔八點〕

 

   火鉢

 

電燈(でんき)つきて夜の火鉢となりにけり

                 〔六點〕

« 近咏 五句  原民喜 | トップページ | 北條九代記 卷第九 御息所御輿入 付 殺生禁遏 »