フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

«  故郷のウタを 聞きねねね   原民喜 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(13) 日本の家族(Ⅷ) / 日本の家族~了 »

2016/03/21

千葉海岸の詩 原民喜 (原稿電子化版)

[やぶちゃん注:以下の「千葉海岸の詩」は一九七八年青土社版「原民喜全集 」で初めて陽の目を見た詩篇で、同書誌によれば、現在は千葉県立図書館郷土資料室蔵とする。クレジットがないが、b」に登場する妻が実在の妻芳恵であると読めること、結婚の翌年昭和九(一九三四)年初夏に淀橋区(現在の新宿区)柏木町から千葉県登戸に転居していること、及び民喜の生活史から考えて、これはその昭和九年から芳恵の亡くなる昭和十九年九月よりも以前と考えられる。今回、「千葉県立図書館」公式サイト内の「菜の花ライブラリー」内の/千葉県デジタルアーカイブ明治・大正・昭和初期資料原民喜直筆原稿 「千葉海岸の詩」(CHB600250)原稿を視認することが出来、その『書誌事項』中に、『この作品の執筆年は不明であるが、文末に昭和11年9月に地名地番が変更になる前の住所が記されているので、移り住んでから2年くらいの間に書かれたと思われる』とあることから、昭和九(一九三四)年初夏(「ひなげしの花」の開花期は初夏)から昭和十一年夏までの閉区間を創作時期と指定することが出来ると思われる。今回の電子化はその当該原稿(『紀伊國屋製』20×20=400字詰原稿用紙三枚)のに基づいた(連記号のアルファベットは原稿では筆記体である。「満」「広」「帰」はママ。「黑」は「黒」のようにも見えるが、正字を選んだ)。「b」の「ここ」は「千葉」の二字のルビである。最後の旧住所は一部、判読が出来ない。前の□は「子」か或いは記号の「~」に見え、後の□は「七」かやはり記号の「~」のようにも見える。……「原さん、いい字してるね」……]

 

 

 千葉海岸の詩

          
原 民喜

    
a

  我れ生存に行き暮れて

  足どり鈍くたたずめど

  満ち足らひたる人のごと

  海を眺めて語るなり

    
 b

  あはれそのかみののぞき眼鏡に

  東京の海のあさき色を

  今千葉(ここ)に來て憶ひ出すかと

  幼き日の記憶熱をもて妻に語りぬ

    
 c

  ここに來て空氣のにほひを感じる

  うつとりと時間をかへりみるのだ

  ひなげしの花は咲き

  麥の穗に潮風が吹く

    
 d

  靑空に照りかがやく樹がある

  かがやく綠に心かがやく

  海の近いしるしには

  空がとろりと潤んでゐる

    
 e

  広い眺めは横につらなる

  新しい眺めは茫としてゐる

  遠淺の海は遠くて

  黑ずんだ砂地ばかりだ

    
 f

  暗い海には三日月が出てゐる

  暗い海にはほの明りがある

  茫として微かではあるが

  あのあたりが東京らしい

    
 g

  外に出てみると月がある

  そこで海へ行つてみた

  舟をやとつて乘出した

  やがて暫くして帰つた

    
 h

  夜の海の霧は

  海と空をかくし

  眼の前に闇がたれさがる

  闇が波音をたてて迫る

    
 i

  日は丘にあるが

  海はまだ明けやらぬ

  潮の退いた海にむかつて

  人影は一つ進んで行く

 

      (千葉市寒川字羽根一六六

«  故郷のウタを 聞きねねね   原民喜 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(13) 日本の家族(Ⅷ) / 日本の家族~了 »