フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 卷之八 三浦泰村家門滅亡 | トップページ | 机   原民喜 »

2016/03/25

春望   原民喜

 春 望 原 民喜

 

つれづれに流れる雲は

美しさをまして行く

春陽の野山に

今日は来て遊んだ

 

 

 

 

 

影こそ薄く

思ひは重し

霞のなかの山なれば

山に隱るる山なれば

 

 

 

 

 

ふし見し梢の

優しかる

綠煙りぬ

さゝやかに

 

[やぶちゃん注:以上は、原民喜が大正一五(一九二六)年一月に発刊した詩の同人雑誌『春鶯囀』創刊号に載る。発行所は東京都東中野の熊平清一(民喜の中学時代からの盟友である武二の兄)で、同人には彼ら兄弟の他、長新太や石橋貞吉(山本健吉の本名)らが参加しているが、同年五月発刊の四号で廃刊となった。民喜、満二十歳の春である。

 底本は一九七八年青土社刊「定本 原民喜全集 Ⅱ」を用いたが、戦前の作品なので恣意的に正字化した。活字のポイント差はママ。総標題が「春望」で、それが無題の序詞と小題「山」及び「梢」の三連構成になっている一篇である。

 なお、「春鶯囀」は固有名詞としては雅楽(唐楽)の曲名にあり(唐の太宗の作或いは唐の高宗が鶯(うぐいす)の声を聞いて白明達なる楽人に命じてその声を真似て作らせたとも伝えられる)、その場合は「しゅんのうでん」と読むが、本雑誌は諸資料では一切、ルビが振られていないので、「しゆんあうてん(しゅんおうてん)」と読んでおく。]

« 北條九代記 卷之八 三浦泰村家門滅亡 | トップページ | 机   原民喜 »