フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之一 49 秋元但州爲人の事 | トップページ | 丘淺次郎「進化論講話」 藪野直史附注 始動 »

2016/03/03

丘淺次郎 生物學講話 目次

[やぶちゃん注:以下、「目次」であるが、リーダと頁数は省略する。サイト版もよろしく! なお、本日2016年3月3日より、丘淺次郎進化論講話」藪野直史附注』をブログで新たにカテゴリを作って始動した。今度は、そちらもよろしく御愛顧の程、お願い申し上げる。

 

生物學講話 目次

 

 第一章 生物の生涯

  一 食うて産んで死ぬ

  二 食はぬ生物

  三 産まぬ生物

  四 死なぬ生物

  五 生物とは何か

 第二章 生命の起り

  一 個體の起り

  二 種族の起り

  三 生物の起り

  四 刹那の生死

 第三章 生活難

  一 止まつて待つもの

  二 進んで求めるもの

  三 餌を作るもの

  四 殺して食ふもの

  五 生血を吸ふもの

  六 泥土を嚥むもの

  七 共食ひ

 第四章 寄生と共棲

  一 吸著の必要

  二 消化器の退化

  三 生殖器の發達

  四 成功の近道

  五 共棲

 第五章 食はれぬ法

  一 逃げること

  二 隱れること

  三 防ぐこと

  四 嚇かすこと

  五 諦めること

 第六章 詐欺

  一 色の僞り

  二 形の僞り

  三 擬 態

  四 忍びの術

  五 死んだ眞似

 第七章 本能と智力

  一 神經系

  二 反射作用

  三 本能

  四 智力

  五 意識

 第八章 團體生活

  一 群集

  二 社會

  三 分業と進歩

  四 協力と束縛

  五 制裁と良心

 第九章 生殖の方法

  一 雌雄異體

  二 雌雄同體

  三 單爲生殖

  四 芽生

  五 分裂

  六 再生

 第十章 卵と精蟲

  一 細胞

  二 原始動物の接合

  三 卵

  四 精蟲

  五 受精

 第十一章 雌雄の別

  一 別のないもの

  二 解剖上の別

  三 局部の別

  四 外觀の別

  五 極端な例

 第十二章 戀愛

  一 細胞の戀

  二 暴力

  三 色と香

  四 歌と踊

  五 緣組

 第十三章 産卵と姙娠

  一 卵生

  二 胎生

  三 子宮

  四 羊膜

  五 胎盤

 第十四章 身體の始

  一 卵の分裂

  二 胃狀の時期

  三 體の延びること

  四 節の生ずること

  五 脊骨の出來ること

 第十五章 胎兒の發育

  一 全形

  二 顏

  三 腦髓

  四 手足

  五 陰部

 第十六章 長幼の別

  一 變態

  二 えび類の發生

  三 鰻の子供

  四 幼時生殖

  五 世代交番

 第十七章 親と子

  一 産み放し

  二 子の保護

  三 子の養育

  四 命を捨てる親

  五 親を食ふ子

 第十八章 教育

  一 教育の目的

  二 鳥類の教育

  三 獸類の教育

  四 人間の教育

  五 命の貴さ

 第十九章 個體の死

  一 死とは何か

  二 非業の死

  三 壽命

  四 死の必要

  五 死後の命

 第二十章 種族の死

  一 劣つた種族の滅亡

  二 優れた者の跋扈

  三 歷代の全盛動物

  四 その末路

  五 さて人間は如何

 

 附錄 生物に關する外國書

« 甲子夜話卷之一 49 秋元但州爲人の事 | トップページ | 丘淺次郎「進化論講話」 藪野直史附注 始動 »