フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 明日は | トップページ | 譚海 卷之一 尾州八事山無住法師靈の事 »

2016/03/07

「笈の小文」の旅シンクロニティ―― 紙衣の濡るとも折らん雨の花 芭蕉

本日  2016年 3月 7日

     貞享5年 2月 6日

はグレゴリオ暦で

    1688年 3月 7日

 

   路草(ろさう)亭

紙衣(かみぎぬ)の濡(ぬ)るとも折らん雨の花

 

「笈日記」(支考編・元禄八(一六九五)年奥書)より。「笈の小文」には載らない。真蹟懐紙では、

 

   久保倉右近會 雨降

 

紙子(かみこ)着て濡るとも折らん雨の花

 

とある。これが初案であろうが、如何にも直線的な説明であって生硬に過ぎる。

 「路草」は伊勢神宮外宮の高級神官久保倉盛僚(もりとも)の俳号。新潮日本古典集成「芭蕉句集」の今栄蔵氏の注によれば、彼の屋敷は『外宮北御門に程近い所』にあったとある。「紙衣」と「紙子」は同義で厚手の紙を糊で継いで作った主に旅の防寒着。柿渋を塗って加工してはあるものの、雨には弱い。それが「濡るとも」――濡れるのも厭わず、桜花を手折りに嬉々としてお呼ばれ致しました――と響き合う挨拶句である。山本健吉氏の「芭蕉全句」では本句は「新古今和歌集」の藤原家隆の一首(五三七番歌)、

 

   千五百番歌合に

露時雨(つゆしぐれ)洩(も)る山かげの下紅葉(したもみぢ)濡(ぬ)るとも折らん秋のかたみに

 

をインスパイア、『紅葉から花に翻し、「春のかたみに」の余情を匂わせている』と評されておられる。

« 明日は | トップページ | 譚海 卷之一 尾州八事山無住法師靈の事 »