フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(6) 日本の家族(Ⅰ) | トップページ | 不孝糖売万吉夢 »

2016/03/13

ツルゲーネフ原作米川正夫譯「生きた御遺骸」(「獵人日記」より)(Ⅱ)

「飛んでもないことを、ルケリヤ、」と私はやつとのことで口を切つた。「一體それはお前どうしたんだね?」

「とんでもない災難が降りかゝりましてね! どうかあなた、つまらない事ではございますが、旦那さま、お厭でも私の不仕合せな身の上話を聞いてやつて下さいまし――まあ、そこの桶へお掛けなすつて――もそつと近く、でないと、私の聲がお聞えになりませんから。でも、わたしずゐぶん聲が出るやうになりましたわ! それはさうと、あなた樣にお眼にかゝれて、こんな嬉しいことはございません! 一體どうして、このアレクセーエフカなどへいらつしやいましたのでせう?」

 ルケリヤは極く小さな弱々しい聲ではあつたが、澱みなしに話し續けた。

「獵師のエルモライが、こつちへ引つぱつて來たんだよ。が、それよりお前の話を聞かうぢやないか‥‥」

「わたしの災難のお話でございますか? 宜しうございます、旦那樣。もう大分前のことで、六年か七年ぐらゐにもなりませう。わたしはその時分ヷシーリイ・ポリャコフと許婚の約束が出來たばかりなのでございました――覺えていらつしやいますか、押出しのいゝ、髮の毛の房々と捲いた人で、お母樣に使はれて食堂番を勤めてをりましたが? でも、あの時分あなたは村にいらつしやいませんでしたね、モスクワへ學問をしに行つておしまひになつて。わたしとヷシーリイはお互にとても好き合つてゐましてね、わたしあの人のことが寢た間も頭を離れませんでした。丁度春のことでしたが、ある晩ふと、どうしたのか‥‥もう夜明けに間もないのに‥‥どうしても寢られないのでございます。庭では鶯が、それこそうつとりする程いゝ聲で啼いてゐるんですの!‥‥わたしは堪らなくなつて起き出しましてね、入口の上り段のとこまで聞きに出ました。鶯は一生懸命に高音を張つて啼き立ててゐます‥‥すると不意に、誰かヷシーリイらしい聲でわたしを呼んでるやうな氣がしました、小さな聲で『ルーシャ』とこんな風にね‥‥わたしは不圖その方へ眼をやりましたが、やはり半分夢見ごゝちだつたと見えて、足を踏みはづしたのでございます、高い上り段からまつ直ぐ下へ落ちてしまひまして、いきなり地べたへ身體を打つけたので! でもその時は大した怪我もなかつたやうな氣がしましたので、やがて起き上がつて、自分の部屋へ歸つて來たやうな譯ですが、でも、何かしらの中の方で――お腹の中で――千切れたやうな按配でございました‥‥ちよつと一つ息をつがして下さいまし‥‥暫くの間‥‥旦那さま。」

 ルケリヤは口を噤んだ。私は驚きの眼を瞠つて彼女を眺めた。私が驚いたのはほかでもない、彼女が殆んど樂しさうに、嘆聲や溜め息など洩らすことなく、しひて同情を求めようともせずに、物語をつゞけたことである。

「それからといふもの、」とルケリヤは言葉を續けた。「わたしは次第に瘦せ細つて參りまして、肌の色が黑みがかつて來ました。歩くことも骨が折れるやうになりますし、その中にやがては全然(まるで)兩足が利かなくなりましてね、立つことも坐ることも叶ひません。始終横になつてばかりゐたいのでございます。飮み食ひも氣が進みませず、だんだん惡くなる一方でした。奧さまは、あの御親切な方ですから、方々のお醫者さまにもかけて下さるし、病院にまでやつて下さいました。けれど、一向に驗が見えません。第一、わたしの病氣が何の病ひやら、それを見立てるお醫者さまが一人もないのでございます。でも、いゝといふことなら何でもして下さいました。鐡を燒いて背中に當てたり、川の氷を割つてその中へ浸けたり――でも、やつぱり効き目がありません。たうとう私は身體がこつこちになつてしまひました‥‥そこで、御主人さま方も、もうこのうへ療治をしても仕方がない、かと云つて、お邸へ片輪者を置いとくわけにもゆかない、といふことになりましてね‥‥まあ、こちらへ送られて來たのでございます――それに、こゝには身寄りの者もをりますので。かういふ次第で、御覽の通りの有樣でをります。」

 ルケリヤはもう一度口を噤んで、又もや微笑みを見せようとした。

「それは、しかし恐ろしいこつたね、お前の身の上は!」と私は叫んだが‥‥それ以上なんと云つていゝか分からないで、かう訊ねた。

「で、ヷシーリイ・ポリャコフはどうしたんだね?」

 この問ひはおそろしく馬鹿げてゐた。

 ルケリヤは心持ち眼をわきへ外らした。

「ポリャコフがどうしたかですつて? 暫くしほしほしてゐましたが、やがてほかの娘と、グリンノエ村から來た娘と夫婦(いつしよ)になりました。グリンノエを御存じでいらつしやいますか? わたしどものところからさう遠くはございません。娘はアグラフェーナと申しました。あの人はとてもわたしを可愛がつてくれたのですけれど、何分、若い男のことでございますから、いつまでも獨り身で居るわけには參りません。それかとて、わたしがどうしてあの人の配偶(つれあひ)になれませう? でもあの人はちやんとした、氣だてのいゝお内儀さんを見つけて、今では子供たちまでありますからね。すぐ近所の地主さまのところで、番頭を勤めてをります。あなたのお母樣が身元證明の書きものをつけて、暇をおやりになつたものですから、お庇で大そう具合がいゝさうでございますよ。」[特別やぶちゃん字注:「お庇で」は、恐らく当て字で「おかげで」と読む。ここは「それ以来、長く」の意。後に「お庇樣で」(おかげさま:応答の辞の「御蔭様(おかげさま)で」)などとも出るので特に注しておく。]

「それでお前はかうして、いつもいつも臥てばかりゐるのかい?」と私はまた訊ねた。

「さやう、旦那さま、かうして臥せつてをりますのも、足かけ七年目でございます。夏はこの小屋に寢て居りますが、寒くなると、風呂場の入口の間に移してくれますので、そこに臥てをります。」

「誰がお前の看病をしてゐるんだね? 誰か世話をしてくれる人があるの?」

「はい、こゝにも親切な人達が居りましてね、わたしのやうなものでも放つては置きません、それに看病と申しても知れたもので、食べる方は、もう食べるといふ程でもありませんし、水なら、ほれ、そこにございます、その湯呑みの中にいつも淨(きれ)いな清水が用意してありますので。湯呑みには自分で手が屆きます。片方の腕はまだ利きますから。それから、こゝに小さな女の子がをりますの。孤兒でしてね、これがひよいひよいと見舞ひに來てくれます、有難いことに。つい今し方もそこに居りましたつけが‥‥お會ひになりませんでしたか? それはそれは可愛い娘(こ)で、色白なんでございますよ。その手が花を持つて來てくれますの、わたしが大好きなもんですから、その、花がねえ。こゝには庭の花といつてはございません。もと有つたのですけれど、絶えてしまひましてね。でも、野の花だつていゝものでございますよ。匂ひなんか庭の花よりいゝ位ですもの。まあ、あの鈴蘭にしましても‥‥どれだけ氣持ちがいゝやら!」

« 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(6) 日本の家族(Ⅰ) | トップページ | 不孝糖売万吉夢 »