フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 殘雪 / 冬晴 /春の晝   原民喜 | トップページ | 北條九代記 卷之八 上總權介秀胤自害 »

2016/03/25

原民喜 俳句 五句

  近咏  杞憂亭 民喜

 

折々は人往き過ぎる芙蓉哉

 

川上の堤(どて)に澤山曼珠沙華

 

小春日やきりぎりす鳴く花畑

 

ありありと灯に見えてゆく狹霧哉

 

朝寒や時無草の日向など

 

[やぶちゃん注:大正一五(一九二六)年十月発行の生原稿を綴った回覧雑誌『四五人会雑誌』一号(底本本文にはこの一号を別に『(萬歳号)』とも表記してある。用字は底本のママ)に掲載(この雑誌は昭和三(一九二八)年九月までに全十三冊を発行している。同人は熊平武二(以前に注した通り、民喜が俳句を始めたのは彼の影響)・長新太・山本健吉・銭村五郎(以下の底本の年譜による))。「杞憂亭」は民喜の俳号。

 底本は一九七八年青土社刊「定本 原民喜全集 Ⅱ」を用いたが、戦前の作品なので恣意的に正字化した。

「時無草」「ときなしぐさ」と一応は訓じておく。「国立国会図書館レファレンス協同データベース」の埼玉県立久喜図書館管理番号埼久-2004-018事例室生犀星の詩「時無草」の〈時無草〉とは、どのような花か知りたいがあり、その『回答プロセス』には、

   《引用開始》

『室生犀星全集 1』で確認すると、「時無草」は『抒情小曲集 第2部』所収と判明するが、草の種類については言及なし。

このほか『抒情小曲集』が収録されている文学全集・作品集や、室生犀星の作家研究・作品研究等にあたるが判明せず。

また、植物関係の事辞典類等にあたると、〈時無菜〉(ふだんそう)はあるが、〈時無草〉なし。

『日本国語大辞典』〈時無〉の項に、「いつと定まった時がないこと」とあり、〈時無小蕪〉〈時無大根〉〈時無菜〉があげられている。

以上から、固有の植物名ではない可能性もあり、室生犀星記念館に問い合わせる。

   《引用終了》

とあり、その『回答』として(下線やぶちゃん)、

   《引用開始》

室生犀星記念館に問い合わせ、「植物の固有名ではなく犀星のイメージによるもの」との回答を得る。根拠は、『日本近代文学大系 39』「時無草」注の「『時無草』は時節はずれに芽吹いた草」との記述と、補注の「『詩集』(『抒情小曲集』)目次には『たとえば三寸ほどの緑なり』とある」との記述による。

   《引用終了》

 なお、これらの句は民喜杞憂句集」には載らない。]

« 殘雪 / 冬晴 /春の晝   原民喜 | トップページ | 北條九代記 卷之八 上總權介秀胤自害 »