フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 記憶   原民喜 | トップページ | 黒すみれ   原民喜 »

2016/03/19

植物園   原民喜

  植物園

 

 はげしく揺れる樹の下で、少年の瞳は、雲の裂け目にあつた。かき曇る天をながれてゆく龍よ……

 その頃、太陽はギドレニイの絵さながらに、植物園の上を走つてゐた。忍冬、柊、木犀、そんなひつそりとした樹木が白い径に並んでゐて、その径を歩いてゐるとき、野薔薇の花蔭から幻の少女はこちらを覗いてゐた。樹の根には、しづかな埋葬の図があつた。色どり華やかな饗宴や、虔しい野らの祈りも、殆どすべての幻があそこにはあつたやうだ。それは一冊の画集のやうに今も懐しく私のなかに埋れてゐる。

 

[やぶちゃん注:私が私の「原民喜全詩集」 で底本とした一九七八年青土社刊「原民喜全集 」の書誌によれば、昭和二三(一九四八)年七月号『高原』に初出。

「ギドレニイの絵」バロック期のボローニャ派に属したイタリアの画家グイド・レーニ(Guido Reni 一五七五年~一六四二年)の代表作である、ローマはクイリナーレの丘に建つパラヴィチーニ=ロスピリオージ宮殿の天井画L'Aurora(アウローラ:一六一二年~一六一四年)のこと。ウィキの「グイド・レーニ」によれば、『この作品は「アウローラ」(曙)と通称されているが、画面の中心的位置を占めるのは黄金の馬車に乗ったアポロンであり、主題は「アウローラ(曙)に導かれるアポロンの馬車」と解すべきであろう。アポロンの周囲をめぐって輪舞する女性たちはホラ(「時」の擬人像、英語の"hour"の語源)である』とある。ウィキ画像をリンクしておく。

「忍冬」「ニンドウ」とも読むが、ここは「すひかづら(すいかずら)」(吸い葛)と訓じたい。マツムシソウ目スイカズラ科スイカズラ属スイカズラ Lonicera japonica。冬場を耐え忍ぶ強い耐寒性に由来する。

「柊」シソ目モクセイ科オリーブ連モクセイ属ヒイラギ変種ヒイラギ Osmanthus heterophyllus var. bibracteatus

「木犀」オリーブ連モクセイ属モクセイ Osmanthus fragrans

「野薔薇」バラ亜綱バラ目バラ科バラ亜科バラ属ノイバラ Rosa multiflora

「虔しい」は「つつましい」と訓ずる。]

« 記憶   原民喜 | トップページ | 黒すみれ   原民喜 »