フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 蜜 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 土蜂 »

2016/03/30

和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 蜜蠟

Miturou

みつろふ

蜜蠟

 

本綱取蜜後煉過濾入水中候凝取之有黃蠟有白蠟與

今時所用蟲造蠟不同

按華之蜜蠟形方如雙六局而黃色不鮮明一箇約五

 十斤許倭之蜜蠟形圓如鍋而正黃色用倭爲佳

 

 

みつろふ

蜜蠟

 

「本綱」、蜜を取〔(つて)〕後、煉〔り〕、過濾〔(かろ)〕〔し〕、水中に入れ、凝〔るを〕候〔(うかが)〕い、之を取る。黃蠟、有り。白蠟、有り。今時、用ふる所の蟲造〔(ちゆうざう)〕の蠟と〔は〕同じからず。

按ずるに、華の蜜蠟は、形、方にして雙六(すご〔ろく〕ばん)のごとくにして、黃色、鮮明ならず。一箇約五十斤許り。倭の蜜蠟は、形、圓く、鍋のごとくして正黃色なり。倭を用ひて佳と爲〔(す)〕。

 

[やぶちゃん注:図に「漢」「倭」のキャプションが入るのは極めて珍しい。ウィキの「蜜蝋」によれば、『ミツロウ(蜜蝋、BeeswaxCera alba)はミツバチ(働きバチ)の巣を構成する蝋を精製したものをいう』。『蝋は働きバチの蝋分泌腺から分泌され、当初は透明であるが、巣を構成し、巣が使用されるにつれ花粉、プロポリス、幼虫の繭、さらには排泄物などが付着していく』。『養蜂においてミツロウ以外のものを基礎として巣を構築させた場合、それらがミツロウに混入する可能性もある』。『精製の方法には太陽熱を利用する陽熱法と、加熱圧搾法とがあり、効率の点では加熱圧搾法のほうが優れている』とあり、『色は、ミツバチが持ち運んだ花粉の色素の影響を受け、鮮黄色ないし黄土色をして』おり、『最大の用途はクリームや口紅などの原料』であるとある。私の家にも停電用、いざとなれば非常食にもなるということで置いてある。

「過濾」濾過。

「五十斤」三十キログラム。かなり巨大で重い。しかし、ちょっとデカ過ぎないか?]

« 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 蜜 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 土蜂 »